#title(ヴェイン)

* ヴェイン[#g7873dbc]
|>|PROFILE|h
|~名前|ヴェイン・カルダス・ソリドール|
|~主な登場作品|・ファイナルファンタジー12|
|~年齢|27歳|
|~職業|アルケイディア帝国執政官→第12代皇帝|
|~CV|飛田展男|
|~ヴェインについて|FF12のラスボス。権謀術数と人心掌握に長けた政治家。&br;魔力を纏った格闘技と、「セフィラ」という剣を飛ばして戦う。&br;原作ではアルケイディア帝国の執政官として各国を精力的に侵略する冷酷な野心家。&br;ソリドール家の命脈を保つためならばいかなる犠牲も厭わず、汚れ仕事も請け負う非情さを持つ。|
~

**目次 [#ufcf6f5b]
#contents
**特徴 [#rce608d5]
''Type:HEAVY''~
地上・空中Nブレイブの三段目で吹き飛ばし方向を調整できる。
激突させるための位置調整・連携の分断・攻め継続・ダメージアップなど用途は多岐に渡る。


**アップデート [#kbc8767f]
**技一覧 [#v0bb11e5]
|>|>|操作方法|技名|追加入力|技名|基本威力|総威力|発生F|魔法接触判定|h
|~ブレイブ攻撃|地上時|&ref(img/Ⅱ.png,nolink);&ref(img/>Ⅱ.png,nolink);|[[地頸撃>#earth]]|&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[骨砕拳>#earth1]]|128+160+256|544||-|
|~|~|~|~|&ref(img/前Ⅱ.png,nolink);|[[逆風破>#earth2]]|128+160+48+208|~||-|
|~|~|~|~|&ref(img/後Ⅱ.png,nolink);|[[伏龍脈>#earth3]]|128+160+256|~||-|
|~|~|~|~|←+&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[左裏勁>#earth4]]|~|~||-|
|~|~|~|~|→+&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[右鉄槌>#earth5]]|~|~||-|
|~|~|&ref(img/前Ⅱ.png,nolink);|[[不撓邁進>#unbend]]|-|-|64*5+176|496||-|
|~|~|&ref(img/後Ⅱ.png,nolink);|[[マッハウェイヴ>#wave]]|-|-|432|432||中|
|~|空中時|&ref(img/Ⅱ.png,nolink);&ref(img/>Ⅱ.png,nolink);|[[天勁撃>#air]]|&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[骨砕拳>#air1]]|128+160+256|544||-|
|~|~|~|~|&ref(img/前Ⅱ.png,nolink);|[[逆風破>#air2]]|128+160+48+208|~||-|
|~|~|~|~|&ref(img/後Ⅱ.png,nolink);|[[落鳳脈>#air3]]|128+160+16*n+224|512+n||-|
|~|~|~|~|←+&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[左裏勁>#air4]]|128+160+256|544||-|
|~|~|~|~|→+&ref(img/Ⅱ.png,nolink);|[[右鉄槌>#air5]]|~|~||-|
|~|~|&ref(img/前Ⅱ.png,nolink);|[[不壊衝天>#unbreak]]|-|-|80*4+176|496||-|
|~|~|&ref(img/後Ⅱ.png,nolink);|[[奈落一蹴>#fall]]|-|-|80*4+176|496||-|
|~|ダッシュ中|&ref(img/Ⅱ.png,nolink);&br;|[[セフィラの葉叢>#sephira]]|-|-|108*3&br;89*5|324&br;445||最終弾のみ:中&br;それ以外:弱|
|~HP攻撃||&ref(img/Ⅳ.png,nolink);|[[嶄然震撼>#zanzen]]|-|-|32*7|224||-|
|~|~|~|[[断罪>#judge]]|-|-|-|-||-|
|~|~|~|[[戒律>#religious]]|-|-|20*1~17|20~340||-|
|~|~|~|[[セフィラの大樹>#tree]]|-|-|-|-||-|
|~EXスキル||&ref(img/Ⅰ.png,nolink);|[[親征の檄>#yell]]|-|-|-|-||-|

**ブレイブ攻撃(地上) [#v417c4fa]
***地頸撃&aname(earth); [#zac3879d]
#ref(地頸撃コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|跳躍からのかかと落としで飛び込み、続けて殴る二連撃。&br;ヒット後にIIボタンとスティックの追加入力で以下の技へ派生できる。&br; &br;N:骨砕拳&br;上:逆風破&br;下:伏龍脈&br;左:左裏勁&br;右:右鉄槌|
|~追加効果||
|~強み|・踏み込みが大きい&br;上に強い|
|~弱み|・キープ値発生が短い&br;・崖際で当てても3段目が空振る。|
|~使う上でのポイント|派生は飛ばしたい方向で使い分ける。激突のみならず、分断やコアの位置も考えよう。&br;上方向に強く、暴れとしてそこそこ有用。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***骨砕拳&aname(earth1); [#he1977a3]
#ref(骨砕拳コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からIIで派生。&br;相手を正面方向へ殴り飛ばす。|
|~追加効果|・激突(正面)|
|~強み|・吹き飛ばし距離が長い|
|~弱み||
|~使う上でのポイント|正面への激突を狙う。&br;とりあえず敵を遠ざけたいときも、吹き飛ばし距離の長めなこの技に派生しよう。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***逆風破&aname(earth2); [#lecbcef4]
#ref(逆風破コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からII +上で派生。&br;相手の裏に高速で回りこんだ後、蹴り飛ばす。|
|~追加効果|・激突(背後)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|敵を分断させやすい。ライン戦で敵を捕まえたら使っていこう。&br;壁を背負った状態から激突を狙えるが、かなりリスキーなので注意。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***伏龍脈&aname(earth3); [#ldc0e792]
#ref(伏龍脈コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からII +下で派生。&br;相手の懐に潜り込み、真上へ蹴り飛ばす。|
|~追加効果||
|~強み|・味方と連携しやすい|
|~弱み|・敵のサーチ技に弱い|
|~使う上でのポイント|味方のサーチ技と連携しやすい技。ダッシュで追いかければ受け身狩りも可能。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***左裏勁&aname(earth4); [#i533aabf]
#ref(左裏勁コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からII +左で派生。&br;相手の左に回りこみ、裏拳で右へ吹き飛ばす。|
|~追加効果|・激突(右)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|右へ激突させる時に使う。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***右鉄槌&aname(earth4); [#p2fde6eb]
#ref(右鉄槌コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からII +右で派生。&br;相手の右に回りこみ、肘鉄で左へ突き飛ばす。|
|~追加効果|・激突(左)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|左へ激突させる時に使う。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***不撓邁進&aname(unbend); [#h5aed881]
#ref(不撓邁進.gif,nolink)
|~基本情報|正面方向への強烈な体当たりを放つ。|
|~追加効果||
|~強み|・キープ値を保持しながら攻撃できる|
|~弱み|・発生が遅い|
|~使う上でのポイント|キープ値を活かして、敵の弾幕を無理やり突破する。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***マッハウェイヴ&aname(wave); [#xb5fe542]
#ref(マッハウェイヴ.gif,nolink)
|~基本情報|一定時間後に加速する衝撃破を放つ。&br;衝撃波はヒット後も貫通する。(コアは除く)|
|~追加効果||
|~強み|・射程が長い|
|~弱み|・段差で消えてしまう|
|~使う上でのポイント|牽制用。平地での使用に適している。&br;地上から敵に近づく時は、この技と一緒にダッシュすると攻めやすい。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}



**ブレイブ攻撃(空中) [#t3a3da00]
***天勁撃&aname(air); [#bfe15b26]
#ref(天勁撃.gif,nolink)
|~基本情報|回し蹴りで飛び込み、続けて殴る二連撃。&br;ヒット後にIIボタンとスティックの追加入力で以下の技へ派生できる。&br; &br;N:骨砕拳&br;上:逆風破&br;下:伏龍脈&br;左:左裏勁&br;右:右鉄槌|
|~追加効果||
|~強み|・踏み込みが大きい&br;上下に強い|
|~弱み|・キープ値発生が遅く持続も短い。|
|~使う上でのポイント|派生は飛ばしたい方向で使い分ける。激突のみならず、分断やコアの位置も考えよう。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***骨砕拳&aname(air1); [#h8b97817]
#ref(骨砕拳コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|天勁撃からIIで派生。&br;相手を正面方向へ殴り飛ばす。|
|~追加効果|・激突(正面)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|地上と同じ。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***逆風破&aname(air2); [#kc5e38cd]
#ref(逆風破コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|天勁撃からII +上で派生。&br;相手の裏に高速で回りこんだ後、蹴り飛ばす。|
|~追加効果|・激突(背後)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|地上と同じ。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***落鳳脈&aname(air3); [#vfb711f2]
#ref(落鳳脈コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|天勁撃からII +下で派生。&br;急降下しながら踵落としを放つ。|
|~追加効果|・激突(正面)|
|~強み|・移動量が大きい&br;・威力が高い|
|~弱み|・強制的に着地する|
|~使う上でのポイント|最も威力が高くなりやすい。特に目的がなければこの技に派生しよう。&br;地上付近に段差の多いステージで激突を狙いやすい。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***左裏勁&aname(air4); [#p9c48586]
#ref(左裏勁コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|天勁撃からII +左で派生。&br;相手の左に回りこみ、裏拳で右へ吹き飛ばす。|
|~追加効果|・激突(右)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|地上と同じ。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***右鉄槌&aname(air5); [#yd2d2b41]
#ref(天勁撃コンボ.gif,nolink)
|~基本情報|地頸撃からII +右で派生。&br;相手の右に回りこみ、肘鉄で左へ突き飛ばす。|
|~追加効果|・激突(左)|
|~強み||
|~弱み||
|~使う上でのポイント|地上と同じ。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***不壊衝天&aname(unbreak); [#h54ed933]
#ref(不壊衝天.gif,nolink)
|~基本情報|上方向への強烈なアッパーカットを放つ。|
|~追加効果||
|~強み|・ほぼ真上にも対応できるほど射角が優秀。|
|~弱み|・前に全く伸びない|
|~使う上でのポイント|ジタンなどの空中から奇襲してくる敵への反撃に使える。&br;しかし、当てた後ヴェイン側に追撃する手段が無いので出番は少ないか。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***奈落一蹴&aname(fall); [#h30a2422]
#ref(奈落一蹴.gif,nolink)
|~基本情報|下方向への強烈な蹴りを放つ。|
|~追加効果||
|~強み|・ほぼ真下にも対応できるほど射角が優秀|
|~弱み|・前に全く伸びない|
|~使う上でのポイント|地上の壁付近の敵を押し込んだり、上空からshootの設置物などを突破しつつ攻撃するのに有効。&br;硬直がそれなりにあるので闇雲に振らないように。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

**ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃) [#eaf04f56]
***セフィラの葉叢&aname(sephira); [#c81bae23]
#ref(セフィラの葉叢.gif,nolink)
|~基本情報|「-はむら」&br;複数の剣を高速で飛ばす。|
|~追加効果|・溜め|
|~強み|・最大溜め時の射程がかなり長い|
|~弱み|・発射しきるまで足が止まる|
|~使う上でのポイント|牽制用。&br;マッハウェイブと違い地形に左右されずに撃てるが発射している間は一切動かないのでサーチ技に注意。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

**HP攻撃 [#dc9b2343]
***嶄然震撼&aname(zanzen); [#bf3c14fd]
#ref(嶄然震撼.gif,nolink)
|~基本情報|「ざんぜん-しんかん」&br;乱打を叩きこんだ後、渾身の力で正拳突きを放つ。|
|~追加効果||
|~強み|・踏み込みが大きい|
|~弱み|・攻撃時間が長くカットされやすい|
|~使う上でのポイント|距離がある相手にも強引に決めに行けるほど踏み込みが大きく奇襲や強襲としても優秀。&br;技としてはジェクトブレイドのような乱打系に近いが、乱打のひとつひとつがややゆったりとしていて動作が全体的に見ても長いためにカット耐性の低さがネック。ミニマップで安全を確認しながら使おう。&br;最後の正拳突きの際敵の後方に回り込むため、タイミング次第で敵のカットを回避したり上手く行けばカットに対してのカウンターが決まる事がある。&br;狙えることではないが留意しておくといいかもしれない。|
|~対策|特別強い誘導があるわけでもないので冷静にステップで避けよう。かなりの範囲まで届くので位置関係には注意。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***断罪&aname(judge); [#g8d31d8e]
#ref(断罪.gif,nolink)
|~基本情報|セフィラを出現させ、貫くと共に爆発させる近距離攻撃。&br;溜めることで射程が伸びる。|
|~追加効果|・溜め|
|~強み|・発生が早い&br;・壁激突から確定する&br;・溜めでタイミングを合わせやすい&br;・攻撃範囲が広い&br;・硬直が短い|
|~弱み|・射程が短い&br;・上下射角が弱い|
|~使う上でのポイント|溜めを利用したステップ狩りが強力。ガード落下で逃げられないように、地上付近で狙おう。&br;空中で当てる場合、相手より下で撃てばガード落下も狩れる。&br;遠隔技なのでローリスクにカットできるが、やや射程が心もとない。しっかり近づいて狙うこと。|
|~対策|空中ならガード落下が安定。&br;地上付近ではかなり不利だが読み勝ってステップしかない。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***戒律&aname(religious); [#bf3c14fd]
#ref(戒律.gif,nolink)
|~基本情報|周囲にエネルギーの奔流を発生させる。|
|~追加効果|・溜め|
|~強み|・上下方向に多少強い。&br;・距離次第では壁激突から確定する&br;・全周囲攻撃により巻き込みが狙える。&br;・最大までヒットさせると高火力。&br;・すぐにボタンを離せばスキは少なめ。|
|~弱み|・リーチが短い&br;・全く動かないため遠距離攻撃、特にサーチ系に弱い&br;・判定が小さく、近接HPにもカットされやすい|
|~使う上でのポイント|カットされないように、当てたらボタンは即離すのが基本。&br;ミニマップを見て安全な時だけ長押ししよう。&br;発生の早さを活かした迎撃やガード崩し、受け身狩りもできる。|
|~対策|接近を許さないこと。リーチは短いので接近させなければそうそう被弾しないはず。&br;近くで発動されても慌てずにバックステップで対応しよう。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

***セフィラの大樹&aname(tree); [#bf3c14fd]
#ref(セフィラの大樹.gif,nolink)
|~基本情報|相手の上空から、光の剣を構え急降下する&br;溜めることで攻撃範囲と射程が伸びる|
|~追加効果|・溜め|
|~強み|・落下しきるまでは無敵&br;・敵のロックオンを外せる&br;・複数の敵を巻き込みやすい|
|~弱み|・壁激突から確定しない&br;・溜めが非常に目立つ|
|~使う上でのポイント|せっかくの激突性能を活かせないので、前衛3人PT以外では非推奨。&br;普通のサーチ同様に後隙を狙う。溜めは隙が大きいので、大チャンスを狙う程度にとどめる。|
|~対策|回避する分には普通のサーチなので落ち着いてステップしよう。|
#fold{{{
&color(#333,#eee){''【フレーム表】''};~
~
}}}

**固有EXスキル [#a646794f]
***親征の檄&aname(yell); [#kb3934ab]
#ref(親征の檄.gif,nolink)
''効果時間:25秒 リキャストタイム:90秒''
効果時間中自身の周囲に結界を展開し続け、自身及び結界の中にいる味方を強化する。
タメ押しで付与されるバフの数が増加する。

|~バフ|~タメ時間|~効果|h
|~親征の檄I|なし|・防御力アップ(1.2倍)&br;・スキルリキャスト短縮|
|~親征の檄II|約2秒|・移動速度アップ(1.065倍)&br;・ブレイブリジェネ(秒間24、計600)|
|~親征の檄III|約4秒|・攻撃力アップ(1.2倍)&br;・HPリジェネ(秒間24、計600)|
&br;
|~バフ|~タメなし|~タメ1|~最大タメ|h
|~防御力|○|○|○|
|~スキル短縮|○|○|○|
|~移動速度|×|○|○|
|~Bリジェネ|×|○|○|
|~攻撃力|×|×|○|
|~Hリジェネ|×|×|○|



**コンボ [#v8f1c109]
-伏龍脈→天勁撃or戒律
受け身狩りコンボ。
戒律はガード落下にも当てることができる。


**立ち回り [#k114f71a]
***立ち回りの方針 [#yc8013ea]
壁際での戦闘で真価を発揮するキャラクター。
そのためには適切なカットが不可欠なので、味方の近くで戦おう。

親征の檄は強力だが、無理にIIIまで溜める必要はない。
押し込まれている間はIやIIで妥協しよう。召喚中はIIIも狙える。

コア割りは奈落一蹴3回が早い。
近づけない場合はセフィラの葉叢を使おう。

***各種HP技での立ち回り [#o9752f12]
断罪と戒律を使い分けるのがおすすめ。
断罪はオールラウンドに強く、戒律は乱戦や狭いステージで特に強い。
嶄然震撼は素直な性能で当てやすく、慣れない内は頼りになる。しかしカット耐性が低く高ランクになるとやや厳しい。
セフィラの大樹は前衛3人PT用の選択肢。

**オススメEXスキル [#p9ed7465]
-''HPリジェネ''
自分から突っ込む技が大半なので、増えやすい被弾をカバーする。
-''マイティストライク''
Nブレイブ始動ならどの派生でも初期値をブレイクできる。安定スキル。
-''シールドブレイク''
マイストが3枚になってしまいそうな時の代わり。
-''バインガ''
セフィラの大樹を装備時の選択肢。&br;優秀な激突性能を生かして壁ドンからバインガをぶつけて強引にHPを確定させられる。
**対策 [#ac2b1206]
壁際ならどの向きからでも激突させてくるので壁付近には近づかないように。&br;もし1vs1の状況になってしまったら設置物を置いたり単純に逃げよう。前へ伸びのいい技が少なくキープ値で強引に突破する手段も少ないのでヴェイン側はかなり苦しくなる。&br;ただし、一応奈落一蹴(空↓)や不撓邁進(地↑)などの設置物突破手段は存在しているので設置物への過信はしないこと。
**キャラ対策 [#wf2be60b]
#fold{{{
***WOL
~
こちらの攻撃を防ぎながら攻撃・接近してくる技を持つため、無暗に技を振るのは危険。他の技も当たりあいに強い物が多いので出来れば先に攻撃させて後隙を狩っていきたい。
また、その特性の関係上シューターやサーチ系HP攻撃持ちがWoLに粘着されると厳しい状況に追い込まれるだろう。
近接キャラはWoLをシューターに近寄らせない、前述のキャラは特にWoLに捕まらないように警戒して動くなど、パーティ単位での対策が必要になる。
SoLによる強化を防ぐため、飛び道具は迂闊にばら撒かないこと。
}}}
#fold{{{
***ガーランド
~
ガーランドは攻めれば攻めるほど強くなる(特に火力)のでペースを握らせないことが肝要。
SoCがⅡまで乗ってしまうと攻撃によっては驚異の600前後に、火力が比較的低いとされるサンガーやフレアーすら500近くになるので目を離せなくなる。
射程が伸びたことに気を付ければかわすのは容易なので冷静に対応しよう。
ガーランドは攻めるより迎撃する方が得意なので自信が無ければ無理にタイマンはしないように。
どの段階でも隙のデカさは変わらずカットは容易である。カットの際は特にHP攻撃を意識するといい。たとえブレイブが僅かだったとしてもダウン時間によってSoCを確実に削ぎ落とすことができる。拘束時間が一つのポイントになる。
無論育てさせないためのカットも大切。
}}}
#fold{{{
***フリオニール
~
フリオニールの攻撃はとにかく範囲が広く、中距離においてブレイブ攻撃を当てるのは比較的簡単で攻撃中は敵を動かさずに拘束することができる。
さらに、現在主力となっているロードオブアームズにより遠距離の敵に対してもダメージが取りやすくなったため、誰もフリオを見てない状態になるとロドオによるカットが炸裂する。
しかし、圧力を掛けに行っても近距離攻撃に対しては高い迎撃力を持つのでカットに入ろうとすると巻き添えを食う可能性が高く、近接キャラはとにかく落ち着いてうかつに接近しないように対応すること。
ブレイブ攻撃は(地上においては)優秀だがHP攻撃に関しては(特に見られている敵に対して)自分からあてに行く能力が低めなのと攻撃中は全く動かないのが欠点。
動かないので飛び道具、特にサーチ系が特に有効。
またフリオニールは敵をブレイブ攻撃で動けなくして、味方にHP攻撃を当ててもらうことも多いので、シューターやサーチHP攻撃もちがいつでもフリオを攻撃できる体制を作ること。
前衛は他の敵からシューターを守り、シューターはフリオから前衛を守るような陣形が組めれば理想的。

また、フリオニールは空中での攻撃手段がチェインムーブ・ソードブロウ・HP攻撃・EXスキルしかなく、地上攻撃も射角の都合で高い所にいる敵に対しては出来ることがほとんどない。
このため普段から2段ジャンプ等で高度を取って動くのが有効だが、バーチカルダイブという地上ブレイブの届く低高度に引きずり落とす技があるので注意。
またフリオニールが高所にいる場合、いきなりバーチカルダイブで落下して地上ブレイブをしてくることがあるので、真上付近にいたら意識するとよい(派生する時にわずかに隙があり、直接バーチカルを当てるのが難しいので範囲が広めの技を置いておくと有効)。
ちなみにミッドガルのような高低差が高いステージはジャンプしなくても2段ジャンプ並の高さを作れるのでかなり不利オニール。
}}}
#fold{{{
***皇帝
~
皇帝の罠は場の制圧力が高く、自由に動かれるとどんどん不利な状況に追い込まれる。
以下のポイントを参考に対策しよう。

・接近戦を仕掛ける
皇帝の技は見てから対処しやすく、接近は難しくない。
切り返しに乏しいので、一度接近できれば皇帝の動きをかなり制限できる。
皇帝自身のレンジも短めなので、皇帝が仕事をしている時は自ずと距離が近くなることも多いだろう。

・レッドソウル/ブルーソウルを打ち消す
放置すると中判定以下の弾が使いにくくなるため対処したい。
レッドソウルは強判定で相殺できる。ブルーソウルには接触判定が無いのでガードする。
近接キャラも余裕がある時にガードして消しておくと動きやすい。

・位置サーチ攻撃を使う
皇帝の技は発動中に長時間動かないものが多い。
位置サーチ攻撃の絶好の的なので、チャンスとあれば狙っていこう。

・カウンター技を使う
この対策が現実的なのはWOLのシールドオブライトとヴァンのグラウンドゼロの2つ。それ以外の技はデメリットの方が大きいだろう。
皇帝の弾は発生と弾速が遅く、カウンターを合わせやすい。そのためこれらの技をチラつかせながら攻めることで、皇帝の攻撃の大半を封じ込める。
露骨に狙うと読まれるのでほどほどに。
}}}
#fold{{{
***オニオンナイト
~
フルバースト以外は、EXスキルのジョブチェンジの運と、攻撃によるジョブチェンジでは時間がかかるので、他のキャラよりも戦闘不能によるリスクが大きい。
少しでもHPを削れば、動きづらくなるので打てるときにHP技を打ってしまおう。
もし倒せそうならさっさと倒してしまおう。

通常時はジョブチェンジを狙ってくるので、できるだけ攻撃に当たらないようにしたい。
攻撃をガードしてもジョブチェンジのポイントは溜まるのでできるだけステップで。
忍者は攻撃時間が長いのでカットに弱いが、クイックダッシュで急に距離を詰めてくるので、見合ってるときは少し離れていても警戒が必要。
弱判定の遠距離ブレイブや置き技があってもクイックダッシュで強引に突破できるので、注意が必要。(特にシューター時)
流剣やソード&マジックを持った忍者に、超・高速ヒットの1段止めで拘束されたときは出の早いブレイブで迎撃しよう。ガードをすると不利な読み合いになるので、できるだけ捕まらないように。
シューター時に粘着されたら、近くに味方がいれば逃げるかさっさと助けを求めよう。
ブリーフィングの時点で誰かに頼むようにチャットしておくのもいい。

賢者は、上下に打てる技が弾速の遅い置き技程度しかないので上か下を取るようにする。ただ、真上と真下近くはメテオが落ちてくるので注意。
足は遅いので追いかけ回すと非常に動きづらくなる。
}}}
#fold{{{
***暗闇の雲
~
}}}
#fold{{{
***セシル
~
}}}
#fold{{{
***カイン
~
一見バランスが良く、性能に穴がないように見えるが、弱点は存在する。
特に「各ブレイブ出し切りが長めで、後隙がSPEEDの中では大きい」というのは明確かつ大きな弱点。

攻撃中、攻撃後の後隙を攻める
ゲームの最も基本かつ、カインにとってはかなり大きな弱点。
カインのブレイブ攻撃の特徴として、「全て直線的で読みやすい+後隙が大きめ」という点がある。
積極的に後隙をとっていきたい。
また、カインのブレイブ攻撃中は動作が重めであり、なおかつ横判定が狭めなことに加え、
スコールのような「対近接の巻き込み性能」、ジェクトのような「キャンセル」が無いため、
攻撃中のカットがかなり容易になっている。攻撃中のカットも積極的に狙っていきたい。
主力であるNブレイブ攻撃にサーチ攻撃を行う
カインの主力である空中Nブレイブ攻撃は、発生も早く二段止めも優秀と非常に高性能。
ただし致命的な弱点が存在する。それは「出し切りまで長い+出し切り時にサーチ攻撃が確定」であるというもの。
出し切りまでが長いため、攻撃動作を見てからサーチ攻撃が余裕で間に合う。
キープ値で突破する
キープ値の長い攻撃はあるものの、スピードなのでヘビーのキープ値、カット値には勝てない。
カインのブレイブ攻撃はすべて直線的なため、SPEEDの中でもキープ値でのブレイブ突破が容易な部類になっている。
地対空、または空対地が強いキャラなので、その強みを生かせない、上下に強いヘビータイプの攻撃は苦手。特にパラディンセシルなどは天敵とも言える。
上下に強いヘビーであれば、カインに対して強気に攻めよう。
}}}
#fold{{{
***ゴルベーザ
~
黒竜モードを解除する
ゴルベーザが黒竜モードになったら少しでも早く解除する事を心がける。
スピードタイプを中心に複数人で連携し、1000以上のHPダメージを与えよう。
味方にゴルベーザがいない場合は押し負けるので、開幕から全員で解除に行こう。
自衛力が弱いので、近接キャラは積極的に詰め寄る意識を持てると良い。
呪縛の冷気はガードする
ブレイブ攻撃なので実はガードが可能。成功すればダメージも凍結もない。
ステップで回避しきれない時はガードを思い出そう。
ただしガード硬直も長いので気は抜かないように。
}}}
#fold{{{
***バッツ
~
何にせよまずは順調に育成させないこと。
育ち切られると技が大きく強化されるだけでなく、バフが乗りまくったり幸運のお守りの倍率がどんどん増加して手に負えなくなる。
マスターさせないに越した事は無いが、バッツがどの技をマスターしているかを把握しておくと動きやすくなる。
バフアイコンでも一応確認できるが、攻撃時にバッツの頭上に星3つが出ているかどうかで判別可能。
近接戦が大幅に強化される魔法剣士、未ヒット派生が可能でキープ値もヘビー相当に進化する青魔道士、無敵判定により後出しが非常に有利になる忍者、
足が止まった所に刺さり途中止めから強烈なコンボを食らう危険のある黒魔道士のマスターには特に気を付けたい。
「分からん殺し」と一部では評判の魔法剣二段止めのみだれうちは後ステップで対処しよう。
育成の関係上、特にバッツからの闇討ちには他キャラ以上に警戒が必要になる。ミニマップで常にバッツの立ち位置には気を配ろう。

}}}
#fold{{{
***エクスデス
~
みんな大好き経験値先生。
・・・だったのは過去の話で今や万能大樹に生まれ変わりました。やったね!
長所も無けりゃ短所も無い。おまけに使われないの無い無い尽くしな先生。
さっすが無の力!そこにシビれる憧れるゥ!!

しかし考えようによっては、短所が無いというのは割と厄介な話であってですね・・・。
相手の地力に左右される性能故、決まったパターンの攻略法が無いという話なのですヨ・・・。

強いて言えば、使っているキャラの強味を押し付ける他ないというわけです。

ということでヴェインの強味

・ダメージレースで優位
負けず劣らずヘビー由来のブレイブ火力。
壁付近での安定した壁ドン率、さらに斬新や戒律による火力上乗せ。
相手のデバフもすごいが、こちらのバフもすごいんだぜ。
親檄のヴェイン~Attack on vein~

・上下に強い技を持っている
流石に万能な先生でも上下に強い技はミルストしかなくってですね。
つまり安全圏からボコスカ殴れる技はこちらが持ってるわけなのですよ。
使わない手はない。<- >テハイクラデモアル(ぼそっ・・・)

・色黒マッチョボディから繰り出される巧みな飛び道具
迎撃に強い”しんくうは”はマッハウェイブと同じ魔法強度。
しかもあの、厄介な”じゅうりょく100”は魔法強度弱だ。
セフィラの葉叢の剣一本分・・・ふっ、取るに足らんな・・・。

しかし、奴の脅威は何でも出来る万能さではない。
奴を操作している無尽蔵に知識を蓄えたプレイヤーだ。
奴はきっと、お前のことを知り尽くしている。
弱さを受け入れた挑戦者は、何よりも手強い。
気を付けろ・・・。 





あと彼の唯一の長所である磁場転換にも気を付けてね。
反応のいい人とか安易なNブレとか避けてくるからね。
ダッシュ中はとにかく気にかけて。
 <- >セフィラの葉業見てから磁場転余裕っすわー

}}}
#fold{{{
***ティナ
~
}}}
#fold{{{
***ケフカ
~
}}}
#fold{{{
***クラウド
~
ため攻撃にはガードで様子見する
ため攻撃を織り交ぜた読み合いにわざわざ付き合う必要は無い。
もし固められたら味方の救出を待ち、ガードが割れそうなら壁のない方向へステップしよう。
後隙を狙う
クラウドの技は特に後隙が大きいので積極的に狙う。サーチ技も当てやすい。
召喚コア出現時にマークする
召喚コアをブレイバーで割られないように、コアの出る時間帯には徹底的にマークして遠ざける。
リミットブレイク中は目を離さない
特に超究武神覇斬を持っている場合は意識すること。
リキャスト時間1分を考えて、発動しそうな時間帯では警戒しよう。
効果時間が短いので、HP攻撃でダウンさせると美味しい。集中攻撃を仕掛けるのも一つの手。
}}}
#fold{{{
***セフィロス
~
攻撃が広範囲でしかもヘビーの割によく動くのでカットがしづらいのが厄介。
また火力が高いので、ブレイブを溜め込んでいることも多い。
カモすぎて話にもならない。遠距離であればダッシュブレイブか地↓ですべて消しされる。

セフィロスとの高さをズラす
セフィロスの攻撃はリーチも範囲も凶悪なものの、ブレイブ・HP共にほぼ平面に特化している点がポイント。
狙われたらとりあえずジャンプ・ガード落下で高さをズラすだけで十分効果的。
もし捕まってしまってもステップ・暴れに加えてジャンプで逃げる択を頭に持っておこう。
正面から対するならセフィロスの弱点である頭上から攻めていく。
カットを心がける
攻撃時間が長く、外した時の隙も大きいので積極的にカットしよう。
特にセフィロスの近接HP攻撃は動作が長いので、できるだけカットしていきたい。
ウェーブ系の遠距離攻撃持ちなら安全にカットしやすい。
ただし注意しておきたいのはサーチ攻撃を差し込むとき。
普通のヘビーになら有効なサーチ攻撃の差し込みもJCDに成功するとかわされてしまう。
リーチだけは不利がついてるのでそこだけ気をつけよう。誰の前でヘビー名乗ってんだこのクソ野郎とばかりに壁ドンから拳で圧殺してやろう。
}}}
#fold{{{
***スコール
~
極端にリーチが短い代わりに高火力・高速のブレイブ攻撃が強み。
接近戦、特に密着距離での攻防においてスコールの右に出るものはいないため、近距離キャラでさえも懐に潜り込まれると厳しい。

闇討ちを防ぐ
とにかく闇討ちが強力なキャラなので、いかにそれを防ぐかが大切。ミニマップに注意し、スコールが近づいて来たら警戒すること。
ロックオンして正面から向き合うだけでも、スコール側からすれば攻めにくくなる。
幸い中距離以降では対応手段が少ないので、距離に余裕をもって迎撃したい。
特に飛び道具は有効性が高く、ティナなどのシューターが睨んでいるとかなり動きを制限できるが、時折キーンエッジを強引にねじ込まれる場合があるので注意。
近接キャラの場合はサンダーバレットの射程にギリギリ入らない位の距離からスコールを見ることでプレッシャーをかけられる。
ブルータルシェルやサンダーバレットを誘い、見てから回避して反撃しよう。外すとステップかガードで隙を消すことが大半なので、上手く読んで狩りたい。
サンダーバレットの場合は加えてキープ値の高い攻撃による強行突破もあり。
カットを心がける
スコールのブレイブ攻撃は攻撃モーションが非常に長いので、積極的にカットしよう。
そのために常に誰かが睨んで抑え込む事が重要。つねに動向に気を配ろう。
カット役は同じスピードタイプや、射程のあるシュートタイプが適任。
ヘビータイプも相性は悪くないが、スピードの関係上間に合わないことも多いので注意。
また味方のシュートがスコールに纏わりつかれたら優先的に救出しよう。
}}}
#fold{{{
***アルティミシア
~

}}}
#fold{{{
***ジタン
~
}}}
#fold{{{
***クジャ
~
クジャは自衛が強く、単純な近接攻撃は一方的に迎撃される。
以下のポイントを参考に対策しよう。

戦闘不能にする
長生きされるほど強力なバフをばら撒かれて不利になる。
前線に出て来た時に確実に削り、複数人で叩く等して早めに倒すとその後が楽になる。
カットを心がける
グライドこそあれど、攻撃中に大移動する技はほぼ無いのでカットしやすい。
ホーリーレイド/ライズの射程に入らない
クジャの得意な間合いかつ、大半のキャラが迎撃出来ない位置なので危険。
高さを揃えて戦うか、一度退いて仕切り直しても良い。
横ダッシュを使う
主力のフレアバーストやホーリーレイド/ライズ等は銃口補正が弱く、横ダッシュに当たりにくい。
接近の糸口になる上に、空振りを誘って反撃を狙う事もできる。
飛び道具で攻撃する
クジャは近接ブレイブしか持たないため、中〜遠距離攻撃で一方的に攻撃できる。
非トランス時のグライドは遅いので、多少誘導のある弾ならばカットも可能。
ホーリースター・アルテマ相手の場合は、反撃されないようタゲに気をつける。
キープ値で突破する
ヘビータイプと一部特殊なキャラの攻撃はキープ値が高く、クジャのブレイブ攻撃で怯まない。
狙う際は水平方向から突撃するとやりやすい。
成功すれば吹き飛ばせ、ついでにダメージ収支も大抵は微黒字。
読まれやすいのが難点なので、フェイントを織り交ぜて揺さぶろう。
EXスキルの発動を封じる
少々高レベルの対策になるが、ソウルディバイダ―・ソウルレゾナンスは発動までに若干の間があり、その間にひるませることができれば発動を阻止でき、カウントも進まない。
リキャストが速いので普通に牽制を撃っているだけで阻止できた、ということもしばしば。
キープ値は押した瞬間から保持されているので、SHOOTタイプの攻撃ではひるませることができない。
HEAVY SPEED UNIQUEタイプの攻撃が望ましい。
ただしオニオンナイトの場合は注意が必要。賢者になってしまった場合、SHOOTタイプになるので仰け反らせることができなくなる。
}}}
#fold{{{
***ティーダ
~
リープと機動力を活かして不意打ちと離脱を繰り返してくる。ダブル以外の攻撃は出が遅い為、見てからステップで避けるのは容易。ただしHP攻撃は密着時ステップを狩るものが多いので、ティーダとの距離が至近距離になる前に対処した方が良い。攻撃中はよく動き、チャジアサワールド込みでカット耐性は高い方だがソニバスがZ字型の挙動、つまり行ったり来たりするので設置技による自衛を心がけるとティーダ側は手を出しづらい。遠距離HP持ちで無い場合は、チャジアサの後隙は上から取るようにすると安定する。下からだと終わり際に巻き込まれたり、カットが届かないこと多し。
}}}
#fold{{{
***ジェクト
~
壁ドンを狙いにNブレイブで安易に突撃するとクイックブロックで弾いて反撃されてしまう。さらに、上手いオヤジの場合は着地硬直やジェクトキャンセル、ステップを絡めて擬似壁ドン方向変更やHP攻撃に繋げられてしまう。
よってタイマンは基本読み合いになるので、味方を壁ドンしようとNブレイブを振っているオヤジを奇襲して壁ドン仕返すように動くといい。仮にこちらのやべぇ気配を感じてジェクキャンで避けても、キャンセルの無いオヤジは弱腰になるうえにヴェインからの壁ドン返しの恐怖でこちらを攻めづらくなる。
また、飛び道具はブロックで消されるうえにジェクキャンのゲージを回復するので飛ばしすぎないように。
マッハウェイブなら最初のディレイを使ってブロック誘発からのNブレを当てるといった工夫が必要。セフィラの葉業は連続弾なのでブロックを成功しても2発目以降は当たる…と思いきやブロック即ステップならノーダメージで済むので、やはり見られている状態で投げるのは控えたい。
現環境において多数を占める戒律ヴェインにとって気をつけたいHP攻撃はジェクトメテオとジェクトビーム。ジェクトメテオはあまり見かけないが、上手い人は遠くからノールック偏差射撃で狙い撃ちしてくる。ジェクトビームは近距離でなければ当たらないが間接攻撃なので油断しているとバッチリ当てられる。オヤジに限らずだが、発動時はミニマップを見ておこう。
なお稀ではあるが、ジェクトフィンガーは上空からの場合、戒律のセフィラを避けてヴェイン本体に右手がしっかり当たる事故が発生することがある。
}}}
#fold{{{
***シャントット
~
}}}
#fold{{{
***ヴァン
~
奇襲のスピードスター(以下SS)と、迎撃からばら撒きまでこなせる各種HP攻撃が厄介。
反面ブレイブ攻撃はSS頼りなので中距離でもヴァン側はSSを振りたがる。
機動力も並以下で見ていれば対処も簡単なので適度に意識すること。
迎撃手段の殆どを大振りなHP攻撃に頼っているため、上手く見切れば無防備な所を一気に殴ることが出来る。
特性上隙の大きいHP攻撃を乱発する必要があるので、サーチ攻撃に滅法弱い。
サーチ攻撃持ちは意識しておくとヴァン側も迂闊にHP攻撃を振れないので頭に入れておくこと。但しカラミティには注意。
融合技で一気にブレイクさせて即死にまで持っていくことがあるので、カウントが貯まる終盤はブレイブが無いように見えても警戒が必要。
カラミティやメルトを持っているヴァンの場合、放置すると事故当てHP攻撃を連発してくる可能性があるので注意が必要。
}}}
#fold{{{
***ヴェイン
~
}}}
#fold{{{
***ライトニング
~
ライトニングのアタッカーブレイブ攻撃は総じて範囲が狭めなので、ライトニングの攻撃をスカらせた後にこちらの攻撃を叩き込む。
ステップをこまめに挟むとHP攻撃で狩られるので、付かず離れずを念頭にじっくり攻めるのがベストだろう。
また、雷光斬や絶影を持ったライトニングに壁激突させられたら死を悟る事になるので、vsティーダ同様に壁を背負わないのが一番。迎撃に雷光斬、ステ狩りに絶影を撃たれる可能性もあるので、相手のブレイブを見て慎重に動くのをお薦めしたい。
}}}
#fold{{{
***ヤ・シュトラ
~
ほかのシューター同様フリーにしない事が重要。
特に各種技についてくるデバフが厄介で、一度食らってしまうと逃げることも追うことも難しくなる場合がある。
幸い他のSHOOTタイプと違い、全ての攻撃で足が止まるため技を見てから切り込むことは容易だが、安易に攻めると設置技からストーンや移動不可デバフの魔法に繋げられかねないので注意が必要。
反撃するにも攻撃するにも足が止まるため捕まえること自体は非常に簡単。
捕まえてしまえばろくな反撃を貰わずに叩きつけからHP攻撃を当てたりブレイクを狙ったりしていくことが出来る。
問題なのは設置技で陣地を構築された時である。その時は相手にせずにさっさと別の敵を狙うなり隙を見つけて遠くへ吹っ飛ばしてしまえばよい。
戦場が移動しているのにこもってるわけにも行かないので出てきたところを狙えば良い。
設置技が多いため乱戦は非常に強力であり、他の敵とやりあっているところに置かれて意識出来ていない攻撃に当たるので、乱戦時は常にヤシュトラの位置は把握しておくこと。
乱戦に持ち込まれる前に擬似タイに持ち込んで先手を取れる状況を作ろう。
}}}
#fold{{{
***ノクティス
~
技が素直なおかげで対策は立てやすいが、シフトによる奇襲や強襲は他のキャラにはない強み。
迎撃はある程度得意な方なので地上にいる場合は放っておいたほうが良い。HEAVYなら話は別でキープ値で押し切りやすい。
シフトによる奇襲強襲は得意だが、それでも飛び道具を放たれると対策がほとんどないので逃げ回る結果になる。相手するときは飛び道具をばら撒いたり、空中にいるときに一気に接近したりするといいだろう。
}}}
#fold{{{
***ラムザ
~
溜めさせない。叫ばせない。身も蓋も無いがこれに尽きる。

ラムザは開幕すぐに溜め始め、その間は戦力が2.5対3くらいになるので、開幕ダッシュボタンを押しっ放しにして突撃しようう。
ただし味方にもラムザがいる場合、味方ラムザが追い付いてこれないので、お互いラムザが溜めて叫びまた溜めるのを待った方が無難。

さけぶ状態になったら不用意に近づくのは厳禁。十字斬りも体当たりも判定・発生共に優秀なので手が付けられない。なので触られないよう気をつけるしか無い。
HP攻撃を当ててダウンさせられれば、その間枚数有利になるだけでなく、さけぶ時間も減っていくのでカットや闇討ち等で当てていきたい。
特にさけぶ中に溜めていた時の遅れを取り戻そうと躍起になりイノシシになるラムザの場合、周囲の確認が甘いので不意打ちを決めやすいだろう。
もちろん無理は禁物。

さけぶが切れ通常状態になったら大チャンス。
必死に逃げながら溜めようとするので、直接叩くなり遠隔攻撃なりで徹底的に邪魔してやろう。
特に二人以上で狙った場合、非常に鈍足なので逃げるのは難しく、ブレイブはリーチ範囲ともに狭いので追い払うのも困難。
バクチで出す塵地螺鈿飾剣やホーリーに気を付けつつ、落とす事が出来るよう上手く追い詰めよう。
さけぶにはサーチ技が確定する。
溜めているラムザを監視しておいて、大きなオーラが出て溜め終わったのを確認したら振ってみよう。
すぐ声を張り上げていた場合、HPが減り、貴重なスキルの時間が無駄になっている事だろう。
一応おうえんにも確定するが、ほとんど使われない上、さけぶと判別しづらいので意識しなくてもよい。

おうえんは、現状あまり使われないのであまり気にしなくても良い。
ただラムザ以外のスピードが上がるので、高ブレイブ持ちの近接キャラが相手にいる時は追いつかれないよう注意しよう。
}}}
#fold{{{
***エース
~
ステップだけでは避け切れない攻撃を多く持つシュート。
しかし自衛力が低く有効な壁技も持たない。
そのため近接キャラで一度接近出来れば、有利な攻めを展開でき脅威も激減する。
主力のキャノン系ブレイブは後隙が大きめなので狙い目。
しかし一口に自衛が弱いと言っても「接近された後の切り返しに乏しい」というだけで「敵を近寄らせない」能力に関しては折り紙つき。
正直にド正面から近寄りに行けばフラリッシュによる拘束で甚大な隙を晒すはめになる、判定も横並びに大きくカスりやすいためロックされてなくとも位置関係はしっかりと。
黒カードを握っている場合は一変、迂闊に攻めるとストップから確定HP攻撃で大ダメージを喰らってしまう。
どのカードをキープしているかは接近前に確認しておき、持っていた場合はキープ値に任せた突進は避ける様にした方が良いだろう。
 
エースの攻撃は誘導が強くカット性能が高い。狙われている間はなるべく足を止めないようにしよう。
フラリッシュは横歩きに引っかかる事があり、キャノンレーザーは遠くでステップすると回避しきれないので注意。

流行HP技は主にファイアRFとタワーレーザー。

ファイラまではそこまで気にならないがファイガまで溜められるとライフルのイメージとはかけ離れた曲がりを見せてくる。 ファイアホーミングミサイルに改名しろ
判定も大きいので二枚抜きも容易であり、カットしようとしたら判定に引っかかったというのもしはしば。
ただしファイガまで溜めるにはそこそこの溜めが必要であり、ファイアまでの時点でグライドが止まるのでサーチの格好の的になる。
隙も小さい訳では無いので主戦場から離れた位置にエースを見かけたら近づくようにすると自衛のキツいエースにとっては大打撃になりうるので頭に入れておこう。

タワーレーザーは隙の割りには射程が短いサーチ技だが「出現位置が地表固定」「発動後も誘導が残る」とやや特殊なHP技。
発言位置が地面参照なのでガード落下、もしくはクラウドやノクトのように急降下技による緊急回避は全て狩られてしまう。
ただし地表固定な分上空に距離限界が存在するためある程度上空に運べばカットを気にせず一方的に攻撃が出来る。
誘導が残る仕様に関してはステップした後更にダッシュやもう1度ステップを重ねれば簡単に無力化可能だが、厄介なのが他の敵がこの残留した判定を利用してきた場合。
これを盾にして接近されると後ろにダッシュして逃げるしかなくなるので攻防がやや不利になってしまう。
しかしこのレーザーが近くに発現しているということは近くにエースが居るということなので探しだして詰め寄ってやろう。
}}}
~

**#ICON-COMMENTS コメント [#r69d1b65]
#pcomment

  このページを編集 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成
下部メニュー