システム

画面解説

画面説明1.png

戦闘の流れ

プレイヤーチームと敵チーム(NPC・対戦相手プレイヤー)とで、3対3で戦う。
先に相手チームの「パーティライフゲージ」を0にしたチームが勝利となる。

なお、1試合4分の制限時間があり、制限時間に達しても勝利条件が満たされていない場合引き分けとなる。
ただし、戦績上の扱いとしての「引き分け」はなく、データ上は両チームともに敗北扱いとなる。

パーティライフゲージ

プレイヤーが戦闘不能になる度に、そのチームの「パーティライフゲージ」が1ずつ減少する。
チームで合計3回※戦闘不能になると、パーティライフゲージが0になり、敗北となる。

「ブレイブ攻撃」と「HP攻撃」

各キャラクターの顔グラフィックの横に表示されている数値が、それぞれが現在保有しているブレイブ値である。また、画面右上には「ブレイクボーナス」が表示されている。

「ブレイブ攻撃」を敵に当てることで、敵の持つブレイブを奪い、自分のブレイブ値に加算することが出来る。
そして、保有しているブレイブ値がHP攻撃の攻撃力となる。

「HP攻撃」がヒットすると、保有ブレイブ値を全て消費し、相手のHPにその分のダメージを与える。
その後、ブレイブ値は一旦0になってしまうが、程なくしてデフォルト値(通常1000)まで自動回復する。
敵のブレイブ攻撃によってブレイブ値が0を下回った場合、「ブレイブBREAK」状態となる。

ブレイブBREAK

ブレイブが0未満になった場合、保有ブレイブの部分に赤文字で「BREAK」と表示される。
この状態になると、その時点でのブレイクボーナスの値がそのまま相手のブレイブに加算されるほか、ブレイク状態が回復するまでHP攻撃を当ててもダメージを与えることが出来なくなる。
回復するには、ブレイブが基準値まで回復するのを待つか、敵にHP攻撃を当て、自分のブレイブをリセットする、の二通りの方法がある。

EXスキル

EXスキルとは、今作から新たに追加された、Iボタンで発動できるアビリティ。
各キャラクター固有のEXスキルが1つあり、それ以外の2枠を汎用EXスキルから自由に選択できる。
いつでも自由に発動できるわけではなく、一度発動した後は、再度発動できるようになるまで一定時間待つ必要がある。
その分効果が強力なので、タイミングを見計らって上手く発動することが求められる。

一覧はこちら→EXスキル

召喚獣

パーティーライフゲージの上下に、それぞれのチームの召喚ゲージというものが存在する。
召喚ゲージは、ブレイブ攻撃やHP攻撃を相手にヒットさせることで上昇するが、一定周期でフィールド上に出現する召喚コアを攻撃することで、大幅にゲージを溜めることができる。
召喚ゲージがMAXになると召喚可能となり、筐体中央の召喚ボタンを押し続けることで召喚の詠唱が始まる。

詠唱によって溜まる詠唱ゲージがMAXになることで召喚が完了する。
1人での召喚は詠唱に時間がかかるが、3人一斉に召喚すれば、一瞬で召喚することができる。
ただし、詠唱中のキャラクターは足元に魔法陣が現れ、その間は行動できず完全に無防備となる。(ただし、各種行動でキャンセル可能)

召喚獣が召喚されると、実際に召喚獣がフィールド上で暴れ回り、敵にブレイブダメージを与える。
最後に強力なブレイブ攻撃を放ち、召喚は終了となる。
(これらのブレイブ攻撃によってブレイブBREAKは発生しない)

召喚獣は、バトルの前にチームメンバーによる投票で決定される。
(メンバー3人の投票が割れてしまった場合、ランダムで1体が選択される)
選択した召喚獣によってバトル中に様々な効果を受けられ、召喚成功後には効果がパワーアップする。

詳しくはこちら→召喚獣

ダメージ計算

本作のダメージ計算式は以下のようにして求められる。
基礎ダメージ値×ADJUST値×高ブレイブ補正×自然回復中補正
各項目の詳しい説明は下記を参照

*基礎ダメージ値

・INT{16×(1+攻撃バフ・デバフ補正の和)}-INT(10×防御バフ・デバフ補正の和)の計算式で算出される値。
・INTは括弧内の数値の小数点以下を切り捨てることを意味する。例:INT(16×1.2)=INT(19.2)=19。
・バフ・デバフが一切かかっていない時の基礎ダメージ値は、INT{16×(1+0)}-INT(10×0)= 16となる。
・上記式の結果が10未満になった場合、以下の式を用いて攻撃力低下緩和のための補正計算が行われる。
・“10-1行目の計算結果”をAとして、基礎ダメージ値(補正後)=10-(10×A)/(10+A)
 例:1行目の計算結果が“8”であるならば、Aは10-8=2となり、基礎ダメージ値(補正後)は 10-(10×2)/(10+2)=8.33333… となる。

計算結果補正後基礎ダメージ計算結果補正後基礎ダメージ
-5435.88
-44.1746.25
-34.3556.67
-24.5567.14
-14.7677.69
0588.33
15.2799.09
25.561010

バフ・デバフ補正

・バフ・デバフ補正は全て加算されてから計算が行われる。
例・マイティストライク(攻撃力2倍)と幸運のお守りLv3(攻撃力1.3倍)とフォースブレイク(攻撃力0.1倍)が同時にかかった場合。

INT{16×(1+1+0.3-0.9)}=INT(22.4)=22
例・マイティガード(防御力2.6倍)とウイルス(防御力0.7倍)とぬすむ(防御力0.9倍)が同時にかかった場合。

INT{10×(1.6-0.3-0.1)}=INT(12)=12
・補足として、召喚獣による補正も普通のバフ・デバフ補正と同じように取り扱いがされる。

ADJUST値

・各キャラクターの技毎にそれぞれ設定された値のこと。単純に値が大きいほどダメージが増える。
・上記基礎ダメージ値にこの値を乗算することで実際のダメージが計算できる。
・各キャラクターのページに記載されたダメージ表は、バフ・デバフ補正がないときの基礎ダメージ値(この場合は16)にこの値を掛けた数値である。

高ブレイブ補正

・被攻撃対象が高いブレイブ値を持っている場合、高ブレイブ補正と呼ばれる強烈な乗算補正が加わりダメージが増加する。
・ブレイブ500毎に20%威力が上昇する。
・倍率早見表

攻撃を受ける側のブレイブダメージ増加率攻撃を受ける側のブレイブダメージ増加率
1~+0%5000~+180%
1500~+20%5500~+200%
2000~+40%6000~+220%
2500~+60%6500~+240%
3000~+80%7000~+260%
3500~+100%7500~+280%
4000~+120%8000~+300%
4500~+140%8500~+320%
5000~+160%9000~+340%

自然回復中補正

・HP攻撃をヒットさせた後のブレイブ自然回復中は与えるブレイブダメージが1.5倍になる。
・ブレイクされた後の自然回復中には適用されない。

カット値とキープ値

・攻撃にはカット値、キャラクターには状況に応じて変動するキープ値というパラメーターが存在する。
攻撃のカット値が相手のキープ値を上回っていると、ダメージリアクションが発生する
・逆にキープ値が上回れば、攻撃を受けた側の行動は中断されない。このためキープ値の高い行動は便宜上スーパーアーマーと表現される事もある。
・カット値が相手のキープ値を下回っていてもキープ値の無いタイミングに攻撃を当てればよろけを取ることができる。
・ブレイブ、EXスキル(汎用含む)のキープ値、カット値は基本的に、技、EXスキル中にタイプに合わせた値になる。(一部EXスキルには例外あり)
・格闘系のキープ値は攻撃発生と同時か少し遅れて発生し判定が出ている間持続、飛び道具は発射前後の短時間に発生する事が多い。その為、多くの攻撃は発生前ならカット値が足らなくても潰すことが可能。
・少数だがスコールのキーンエッジなどは攻撃発生前から攻撃を出しきるまでキープ値が出るのでカット値が足らないと硬直を狙うしかない。
・HPリジェネなど攻撃判定の無いEXスキルにもキープ値は存在する。

「攻撃に設定されたカット値」と「攻撃中のキープ値」は基本的にHP攻撃>HEAVY>SPEED=UNIQUE>SHOOTとなっている。
HP攻撃は全キャラ共通で最強となっている。
召喚獣のカット値はHEAVYと同等。
バイオガ・スロウガ・バインガのカット値は、SHOOTのブレイブ攻撃と同値。

例1:ティナのトルネドのカット値より、スコールのキーンエッジのキープ値が高いため、キーンエッジでトルネドを突破可能。
例2:ティーダ(SPEED)のソニックバスターはウォーリア・オブ・ライト(HEAVY)のクロスオーバーで迎撃される。

公式から回答が来るまでは「魔法アーマー」として表現されていることが多かったが、
実際は上記のような判定によって攻撃を耐えているため、飛び道具でもカット値が足りていればよろける。
(単にSHOOTタイプのカット値の低さ故に、キープ値の発生が早い攻撃に突破されていただけ)

リザルト

相手チームとの戦闘後、以下のものが獲得できる。
ギルとランクの獲得(損失)量については、チームの勝利・敗北と、戦闘結果によって2チーム6人に付けられた貢献順位によって変わる。
貢献順位は、ブレイブ攻撃、HP攻撃、サポート、召喚といった各種貢献ポイントに、チームが勝利した場合は勝利ボーナスを加えて算出される。

コメント

編集依頼・内容討議

編集依頼・内容討議についてはwiki編集依頼・内容討議にてお願いします。

雑談

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そうなんですか!今まで買い切りのゲームばかりプレイしてきたので衝撃を受けました -- 2016-11-30 (水) 20:21:15
  • ↑4 ブレイブ攻撃当てる前に相手の攻撃のブレイブダメージ範囲に入ると巻き添えになるってことだと思う。 -- 2016-11-30 (水) 20:37:35
  • サンクトゥリアムとか他のスクエニコンテンツでクリスタ使ってるからゲーム自体もクリスタ対応しないかなーと思う今日この頃。コナミのパセリみたいにね - 2017-02-10 (金) 11:42:47
  • みんな画面のどこを主に見ている?テンパるとボコられる自分しか見えなくなる。 - 2017-09-23 (土) 16:58:07
  • 基本的にシュートの攻撃は、スピードでもキープ値が発生してたらなんでも通り抜けられるのか?魔法強度とは関係のない値なんだよな? - 2017-10-17 (火) 07:05:10
  • ↑2 マップ6割ゲーム4割位かな ボコられたら、味方の救援は無いのかってマップ見て、いない、終わったわーてなる派 - 2017-10-17 (火) 07:15:22
  • ↑2 通り抜けられるよ - 2017-10-17 (火) 07:19:22
  • ダメージの相手のブレイブによるボーナスの表が、5000~がズレていて間違っています。あと3倍(+200%)以降のボーナスは実際にはないような気も。それと例にあるウイルスは0.9倍に変更されてますね - 2017-11-15 (水) 22:00:16
  • 「10-(10×A)/(10+A)」の部分ですが、わざわざAに置き換えなくても、「100/(20-計算結果)」で計算できます) - 2017-11-15 (水) 22:04:11
  • ダメージ計算式は推定時の内容そのままを書いているので式整理することもできます。 式推定時は「攻撃力が下がれば下がるほど下げ幅が小さくなる」「10という値を仮基準に用いる」の方針で推定していたのでこの形になってます。 - 2017-11-24 (金) 00:43:41
名前:

他人や作品、キャラクターに対する誹謗中傷や、攻撃的・威圧的なコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成
下部メニュー
アクセス数
累計: 44380, 今日: 10, 昨日: 19

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

mar.png ヒーローサイド

spi.png ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索


アーカイブ

最新の70件
2017-11-24 2017-11-23 2017-11-22 2017-11-21 2017-11-20 2017-11-19 2017-11-17 2017-11-16 2017-11-15 2017-11-14





メニューを編集
img
テスト用ページ
テンプレ