ゴルベーザ

http://www.jp.square-enix.com/DFF/common/images/character/golbeza/ss1-b.jpg

PROFILE
名前ゴルベーザ(本名:セオドール)
主な登場作品・FINAL FANTASY IV
・FINAL FANTASY IV THE AFTER
年齢30代
職業月の民→赤い翼隊長→暗黒魔導士→月の民
CV鹿賀丈史
ゴルベーザについてFF4に登場するセシルの兄。黒い鎧を身にまとい、強大な魔力を誇り、黒竜をも従える。
原作ではバロン王国を操り、土・水・火・風の四天王を配下に持つ暗黒魔導士。クリスタルを巡ってセシル達と幾度となく対決する。
実は黒幕に洗脳されており、洗脳が解けた後はセシル達と共に立ち向かう。
洗脳されている間は邪悪な性格であったが、本来は礼儀正しい好青年。


目次

特徴

Type:SHOOT

「黒竜」を従えて戦う魔導士。黒竜と共に圧倒的な魔法の数々で敵を殲滅する。

固有システム「黒竜」

黒竜がいる間(黒竜モード時)はブレイブ攻撃の弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が向上し、HP技の性能も強化される。(例外あり。)
ただし、1000以上のHPダメージを「一度に」受けると、黒竜が消えて黒竜モードは解除されてしまう。(HPシェアや、999以下のHPダメージなら何度食らっても黒竜モードは解除されない。)
黒竜モードが解除されると各種技性能が低下し、それまで貯めていた固有EXゲージは0にリセットされる。
バトル開始時は黒竜モードで始まり、解除されても固有EXの「黒竜召喚」で再度黒竜モードに移行できる。
黒竜モード中に戦闘不能となる際、そのHPダメージが1000以上の場合、復活時は通常モードになる。1000未満であれば黒竜モードで復活する。
通常モードで戦闘不能になった場合、復活しても通常モードのままとなり、専用EXスキル(黒竜召喚)のゲージは持ち越しとなる。

アップデート

2018/4/19

  • ジェネシスロック
     [共通]射程(寿命)をアップしました。(各段階 +約5.5m)
     [黒竜モード]追尾性能をアップしました。
     [黒竜モード]キャラクター貫通性能を付与しました。
     [共通]攻撃の発生タイミングを遅くしました。(+5f)
     [黒竜モード]追尾終了距離を延長しました。(+1m)

2017/12/20

  • 黒竜モード
     リスポーン時に黒竜が復活しない形に変更しました。
     ※ただし、黒竜モードのとき、1000未満のダメージで戦闘不能になった場合は黒竜モードを維持する。
  • コールドブラスト
     [黒竜モード]速度と寿命(射程)を調整しました。(速度0.9倍、寿命+1f、射程-約3m)
     [通常モード]速度と寿命(射程)を調整しました。(速度0.9倍、寿命+5f、射程変更なし)
  • ヒートブラスト
     [共通]追尾終了距離を拡大しました。(+1m)
     [黒竜モード]速度と寿命(射程)を調整しました。(速度0.91倍、寿命-1f、射程-約4m)
     [通常モード]速度と寿命(射程)を調整しました。(速度0.91倍、寿命+3f、射程変更なし)
  • ナイトグロウ
     [黒竜モード]自分の位置に出る衝撃波のサイズをダウンしました。(前方に出る衝撃波と同サイズ)
     [黒竜モード]自分の位置に出る衝撃波の接触相性を変更しました。(非接触・カウンター可)
     [通常モード]射程をダウンしました。(-6m)

2017/12/7

  • コールドブラスト
     弾のサイズをダウンしました。(半径ー0.2m)
     グライド可能時間を調整しました。(魔法発射の10f後までグライド可能。その後、慣性移動。)
  • ウィンドスフィア
     弾のサイズをダウンしました。(半径ー0.1m)
     グライド可能時間を調整しました。(魔法発射の10f後までグライド可能。その後、慣性移動。)
  • ディレイスパーク
     グライド可能時間を調整しました。
  • ヒートブラスト
     弾のサイズをダウンしました。(半径ー0.2m)
     グライド可能時間を調整しました。(魔法発射の10f後までグライド可能。その後、慣性移動。)
  • アクアスフィア
     グライド可能時間を調整しました。(魔法発射の10f後までグライド可能。その後、慣性移動。)
  • ディレイアース
     グライド可能時間を調整しました。
  • Wメテオ
     2つ目のメテオ発生のタイミングを遅くしました。(+10f)

・威力調整
 コールドブラスト(黒竜) 480 → 440
 ウィンドスフィア(黒竜) 480 → 448
 ヒートブラスト (黒竜) 480 → 432
 アクアスフィア (黒竜) 480 → 448
 アビスクエーサー(黒竜) 480 → 432
 コールドブラスト(通常) 416 → 376
 ウィンドスフィア(通常) 416 → 384
 ヒートブラスト (通常) 416 → 376
 アクアスフィア (通常) 416 → 384
 アビスクエーサー(通常) 416 → 368

技一覧

操作方法技名状態基本威力総威力発生F魔法接触判定
ブレイブ攻撃地上時Ⅱ.pngコールドブラスト黒竜時44044042f
通常時37637642f
前Ⅱ.pngウインドスフィア黒竜時44844841f
通常時38438441f
後Ⅱ.pngディレイスパーク黒竜時76*538041f
通常時64*532041f
空中時Ⅱ.pngヒートブラスト黒竜時43243241f
通常時37637641f
前Ⅱ.pngアクアスフィア黒竜時44844842f
通常時38438442f
後Ⅱ.pngディレイアース黒竜時76*538044f
通常時64*532044f
ダッシュ中Ⅱ.png
アビスクエーサー黒竜時43243291f
通常時36836891f
HP攻撃Ⅳ.pngナイトグロウ--66fHP
(黒竜時の周囲衝撃:非接触)
ジェネシスロック--61fHP
黒い牙--211fHP
Wメテオ(メテオ)--72fHP
EXスキルⅠ.png呪縛の冷気黒竜時969681f非干渉
黒竜召喚通常時---

ブレイブ攻撃に関して

ブレイブ攻撃(地上、空中、ダッシュ中)はどれも「黒竜がいないと性能が大幅ダウンする」という弱みを持つ
詳細は上記「固有システム」の欄を参照のこと。

ブレイブ攻撃(地上)

コールドブラスト

#ref(): File not found: "コールドブラスト.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手を追尾する氷塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
接触判定 黒竜時・強 通常時・中
追加効果・グライド
強み弾速・射程がそれなりに優秀。
敵・地形・コアに当たると爆風が生じる。
弱み
使う上でのポイントカット以外では当てづらい。
空Nのヒートブラストの方が何かと優秀。
コア割りに使用して割りつつ敵近接がコアに近づくのを妨害するという使い方が一応可能。

【フレーム表】


ウインドスフィア

#ref(): File not found: "ウインドスフィア.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手をゆっくり追尾する風弾を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
接触判定 黒竜時・強 通常時・中
追加効果・グライド
強み単発強判定
弱み自衛技にしては弾速速すぎ、出現時間短すぎ(約3秒)
使う上でのポイント一見、空↑のアクアスフィアの地上版に見えるが、すぐどこかへ行って消えてしまうため自衛技として使用不可能。
少し浮いてからアクアスフィアを使おう。

【フレーム表】


ディレイスパーク

#ref(): File not found: "ディレイスパーク.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報目の前に出現させた雷球から、高速で飛ぶ電撃を連続で放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
接触判定 黒竜時・非接触→中 通常時・中→中
追加効果・グライド
・痺れ
強み雷球設置から発射までタイムラグがあるため、ターゲットを惑わせやすい。
痺れ状態にするため連携に向く。
雷球はごく薄い地形なら貫通する。
弱み設置時点で電撃の発射方向が決定されてしまう。
使う上でのポイント性能的にはケフカの『もりもりサンダガ』に近い。
相手を動かす事に向く。
当てても吹き飛ばさないので味方の拘束を拾い直す時には良い。

【フレーム表】


ブレイブ攻撃(空中)

ヒートブラスト

#ref(): File not found: "ヒートブラスト.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報高速で飛ぶ炎弾を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
接触判定 黒竜時・強 通常時・中
追加効果・グライド
強み発射後、弾道後半で少し誘導がかかる。
敵を貫通するので複数ヒットを狙える。(地形やコアは無理)
弱み
使う上でのポイントカット用主力。
実は地Nのコールドブラストよりわずかに弾速が速く、しかもあちらと違って後半少し誘導がある。

【フレーム表】


アクアスフィア

#ref(): File not found: "アクアスフィア.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手をゆっくり追尾する水塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
接触判定 黒竜時・強 通常時・中
追加効果・グライド
強み上下射角が非常に広い。
追尾が高い。
判定が大きい。
敵・地形・コアに当たると爆風がおきさらに判定が広がる。
長時間残る(約7秒)
弱み狙って当てられない。
使う上でのポイント自衛用の技で超重要。敵近接に向かって切らさずに出しておくのが理想。
長く残るため射程が長いので、自衛の必要が無い場面でもとりあえず出しておくと意図せず当たったりする。

【フレーム表】


ディレイアース

#ref(): File not found: "ディレイアース.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報しばらく停滞した後に相手を追尾する岩塊を5発同時に放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4.5個分、通常・円3.5個分
接触判定 黒竜時・中 通常時・弱
追加効果・グライド
・怯み
強み中距離で横に大きく広がる。
そこそこ誘導する。
当てても吹き飛ばさないので連携に使える。
ゴルベーザのブレイブでは最長射程。
弱み弾速が遅い。
全段ヒットしづらくダメージが低くなりがち。
使う上でのポイント扇状に広がった部分を当てられる距離にいる相手に撃つと避けづらく、また複数の敵にHITも見込める。
相手をその場で怯ませるので当たった相手は多くの場合着地硬直も入る。
このためディレイスパークほどではないが連携にも使える。
黒竜が剥がれてしまった時にあえて敵SHOOTと撃ちあわなければならない状況ではこれかダッシュ攻撃で。

【フレーム表】


ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃)

アビスクエーサー

#ref(): File not found: "アビスクエーサー.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報巨大な重力爆発を発生させる位置サーチ型の遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円3個分、通常・円2個分
接触判定 黒竜時・強 通常時・強
追加効果・真下落下
強みサーチにしては射程が長く判定も大きい。
ヒット効果が真下落下で相手の行動不能時間が長めのため味方と連携しやすい。
地上でも空中でも使用可能
弱みサーチとしては発生が遅い。
発動時に動きが止まるためサーチ技等に刺されやすい。
使う上でのポイントサーチ技なので物陰に隠れて撃てる。
なお、真下落下のためバウンドするまで動けず枚数有利時間を作りやすいのもポイント。
召喚コアは4発なので障害物の向こうにあるコアはこれで。

【フレーム表】


HP攻撃

ナイトグロウ

#ref(): File not found: "ナイトグロウ.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手を追尾する闇の衝撃波を放つウェーブ系の中距離攻撃。
黒竜モード時は同時に衝撃波を自身の周囲に発生させる。
射程:黒竜時・ミニマップ円2個分、通常・円1.5個分
追加効果・グライド
強み弾速、射程、発生とバランスのとれたHP攻撃。
黒竜時の周囲攻撃は背面頭上付近でも当たる。
黒竜なしでもあまり弱体化しない。
弱み見られていると簡単に避けられてしまう。
やや下側に薄いので高空での使用は不向き気味。
ブレイブよりも若干射程が短いため噛み合わないことも。
使う上でのポイント基本的には扱いやすいウェーブ系のHP技。黒竜がいるときは暗闇の雲の「高射式」のような使い方すら可能。
ブレイブの射程が長い故に、この技の射程外の立ち位置に居座りがちな事だけ注意。
アップデートにより通常モード時は射程が短くなるようになったため黒竜モードと同じ感覚で扱えない事を留意。

【フレーム表】


ジェネシスロック

#ref(): File not found: "ジェネシスロック.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報正面に岩塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は溜めが可能になり。溜めに応じて射程が伸びる。
射程:溜め無し:ミニマップ円2個分 最大溜め:円3個分
追加効果・黒竜モード時:溜め、貫通性能
強み射角があるので上下に強い。
最大溜めの場合射程が長いHP技なのでゴルベーザの射程の立ち位置に合わせやすい。
黒竜が剥がれてもナイトグロウに比べると射程は長め。
弱み黒竜がいない場合溜めが出来なくなり性能DOWNが大きい。
弾が単発なので巻き込みは起きにくい。
自衛としてはナイトグロウやWメテオに分配がある。
使う上でのポイント現状では黒い牙を除くHP技の中で最大射程を誇る技なので使うならばその最大射程と溜めれる性質を生かしてのステ狩り、遠距離からの不意打ちなど。
ただし黒竜が剥がれるとヤバい。

【フレーム表】


黒い牙

#ref(): File not found: "黒い牙.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手位置に巨大な牙を発生させる遠距離攻撃。発動には長い溜めが必要になる。
黒竜モード時は溜め中に対象へ移動速度低下デバフを付与する。
追加効果・グライド
・溜め
・黒竜モード時:移動速度低下
強み射程が無限。
黒竜時ならデバフで相手を捕まえる手助けが可能。
弱み発動までが遅すぎて簡単に回避される。
使う上でのポイントソロ出撃ではまず役に立たない。
活かすには連携の出来る3人でパーティ出撃が必須。狙う敵の移動速度を低下させ、味方が捕まえるのが基本戦術。

【フレーム表】


Wメテオ(メテオ)

#ref(): File not found: "Wメテオ.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手位置に巨大な隕石を落とす遠距離攻撃。通常モード時の技名は「メテオ」。
黒竜モード時は隕石を2つ落とす。
射程:ミニマップ円2個分
追加効果・グライド
強みグライドで自衛に利用できる。
黒竜時の2発目は相手の位置をサーチし直すため色々と融通が利く。
弱み射程が短め。
1発目が相殺されると2発目が降ってこない。
使う上でのポイント基本的には味方の拘束拾いやカット硬直取り、というサーチ共通のもの。
性質上自衛にも使えるが位置関係次第。
ブレイブ技の有効射程より近づく必要があるのでそこが注意点。

【フレーム表】


固有EXスキル

呪縛の冷気

#ref(): File not found: "呪縛の冷気.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報効果時間:4秒 リキャストタイム:60秒
黒竜モード時のみ使用可能。相手を凍結させて長時間動きを止める位置サーチ系の遠距離ブレイブ攻撃。
黒竜モードが解除されると固有EX技が切り替わりゲージは0になる。
追加効果・グライド
・溜め押し(射程2.5→3→3.5)
強み射程が長い。(溜め押しでさらに伸びる)
判定がとても大きくステップ1回ではかわしきれない。
ヒット時だけでなくガード時でも自力でHP技が確定するほど長時間拘束可能。
弱み黒竜時にしか使えない。
発動時のモーションと硬直がHP攻撃並みに長い。
使う上でのポイント当たれば基本的にHP技が確定。
黒竜解除で無駄になってしまうので溜め込むよりは積極的に使っていった方がいいかもしれない。
ちなみに判定の大きさも含めると2段階溜め版はミニマップの円周約4本まで当たる。
強力ではあるものの、モーションと硬直はHP攻撃並みに長いため、警戒を怠って使うと敵の近接やサーチに後隙を取られてしまうので注意。

【フレーム表】

黒竜召喚

#ref(): File not found: "黒竜召喚.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報リキャストタイム:60秒黒竜がいない時に使用可能。黒竜を召喚して黒竜モードに移行する。
追加効果・黒竜モードに変更
強み隙が非常に少ない。
弱みEXスキルの例にもれず、発動時に若干の硬直がある。
使う上でのポイント溜まったらさっさと使おう。
ただし発動時に硬直があるため、迂闊に敵の近接の目の前やサーチHP圏内で発動すると、硬直を狙われて即黒龍解除となりかねないので注意。
安全な位置で呼び戻そう。

コンボ

立ち回り

SHOOTタイプ共通で

「HP1000ダメージで大きく弱体する」という欠点のため、他SHOOT以上に無理しない・孤立しない立ち回り(と味方の援護力)が求められる。
自衛は空↑アクアスフィアを撒く程度に留め、味方の方へ逃げることが優先。

普段は敵近接のいずれかに空↑を切らさないようにしつつ、地↓か空↓、ダッシュブレイブなどの絡め手を使っていき、本命の空Nを混ぜていく。
特にHEAVYにとって空↑は非常に鬱陶しく動きを大きく制限できるが、怖いのは突っ込んでくるSPEEDや一部UNIQUEであり、どちらに撒くかは状況による。
ちなみにゴルベーザの主力技はほぼ空中ブレイブなので、相対的に空中戦メインのステージの方が得意である。

呪縛の冷気ヒット後はHP技が確定するので逃さないように。

黒竜を剥がされてしまったら

現状安定して黒竜を維持するのは無理なので、どうしても通常時のことも考えざるを得ない。
大きく変わるのは強判定が無くなり中判定ばかりになることで

1.敵SHOOTと撃ち合い不可能になる
2.他タイプの中判定とも相殺されてしまう

これらについては、

各種HP技での立ち回り

対策

キャラ対策

WOL

HEAVYだがSOLがあるので空↑はじめ中距離からの弾幕で押しづらい。
ただしSOLで取られたところで大してパワーアップするわけでもなく、空↓の剣投げの本数が増えたところでこちらも空↓を出せば全て打ち消しつつ攻撃できる。
あまりにもしつこくSOLしてくるようなら空↑や地↓など着弾が遅い攻撃を出し、SOLでとろうとしたところをHPで狙う手もあるが、所詮HEAVYなので固執しすぎないように。
接近された場合リーチの長い空↑(ストライクバックラー)に注意。
ブレイブの出し切りにはちゃんとサーチが刺さるので覚えること。

ガーランド

基本的には空↑を撒き、地↓・空↓などでブレイブをもらっていけばOK。
SoC2が発動してしまったらキープ値と攻撃範囲の暴力で無理矢理押し切られる。
HP攻撃を当ててダウンさせればバフ時間も削れるので、HP技を当てられる隙を見逃さない様に。
60秒ごとにくる固有EXのSOCに注意。

フリオニール

地上で強く空中で弱いため、ステージによって大きく圧が違う相手。
空中が多いミッドガルや天輪の場では楽だが、狭くて平坦な約束の場所では脅威度が上がる。
特に地上メインのステージで黒竜が無くなってしまった場合、フリオニールは中判定の↓ブレイブを3連射できることに気を付けたい。

皇帝

ブレイブの撃ち合いでは五分五分といったところだが、不意のリペンテンスの棘で黒竜を剥がされないよう注意。
こっちがダッシュブレイブを撃ちたくなる時は皇帝側も棘を狙っている事が多い。
うまく位置調整してサーチの刺さらない空↓が何発か抜けていくように撃っていきたい。

オニオンナイト

序盤は飛び道具を喰らって就職を早めてしまわないよう気を付ける。
どのみち就職はされてしまうのだが1個目のコア前から就職されるのと固有EXのリキャスト75秒を待ってから就職されるのとでは流石に違う。
忍者はクイックダッシュで円周1本分程度の距離を不意に詰めてくることと、やや高低差をとれることに注意。
賢者は長射程の弾を投げてくるのみなので、こちらを見ていない時に地↓や空↓を投げてやると良い。
ちなみにグライドに呪縛の冷気は当たる。グライド後のステップ狩りをする感じで当てても良い。

暗闇の雲

やはり空↑などが有効。
近づかれると上に強い空Nやリーチのある空↑が厄介。
不意の広角式や零式で黒竜をはがされないように。
こちらに弾を撃ってくるようなら空↑と空↓で完封できる。

セシル

やはり空↑が有効。
パラディンは空Nの胡散臭い判定にさえ注意すれば大したことはない。
暗黒騎士の弾はこちらより性能で劣るので脅威ではないはず。
ただし向こうの方が高威力かつ遠くへ吹き飛ばせるため近めの間合いになった時に無理は禁物。

カイン

SPEEDの中では楽な方。
アヴェンジャーとジャンプⅢに注意。

ゴルベーザ

黒竜無い方が不利。
ちなみにゴルベーザのブレイブのグライドに対してはナイトグロウなら当たるがWメテオは当たらないのでナイトグロウ対Wメテオなら若干ナイトグロウ側にチャンスが多いか。

バッツ

何もマスターできていなければ最弱。開幕素振りしているなら空↑などで妨害してもいい。(味方がバッツに対してどうするかにもよる)
この時点ではやや高度のあるところで立ち止まった時の竜騎士、よそ見したところへの狩人くらいしか気を付けることはない。
だがマスターさせてしまうと、マスター竜騎士・マスター忍者・マスター魔法剣士など厄介な技が揃っている。
だいたい逃げるしかないが、マスター竜騎士は真後ろダッシュには当たらないことは絶対覚えておこう。
あとは不意のマスター青魔空振り派生に気を付けるくらいか。

エクスデス

中距離からのしんくうはが強力なのでゴルベーザが優先的に牽制しておきたいところ。
空↑を撒いておくか地↓・空↓を出していくか。しんくうはの射程内だと発生の差で負けてしまう事が多いので射程内では逃げる。
足が遅く高低差をつける手段も乏しいので追い付かれることは少ないが、近距離になった場合はPOWERモードの壁ドン距離が長いこととステ狩りデルタアタックに一応注意。
特に被召喚中に「宇宙の法則が乱れる」でテレポが封じられてやられることもあるが逃げる以外対策無し。

ティナ

強判定があまり飛んでこない上こちらのグライドにはサーチが刺さらないので撃ち合いは楽。
全段強判定のCブリザラ・Cホーリー、誰に撃っているか分かりにくく相殺もしづらいNブリザラあたりに気を配りたい。
トランスするとメテオの射程が伸びるので、特に召喚・被召喚時に要注意。

ロック

地上Dブレイブとぬすむに要注意。
1段ジャンプ程度の高度を取れば地Dは怖くない。
ぬすむはどうしようもないので溜まってそうな時はやや距離を置くくらいしかない。
黒竜時限定だがミラージュダイブに対して同時くらいにWメテオを出せばセルフカットが可能なので奥の手として覚えておこう。

ケフカ

ポイポイ投げてくる「くねくねファイガ」が鬱陶しい。
溜め無しだとこちらより回転率がいいので半端な距離には居ない方がいい。
HP技はハイパードライブ・トラインどちらでも常に警戒。

クラウド

HEAVYの割にキープ値で抜けてくる技が多く、固めも強力、択一も強力と、絶対に寄られたくない敵の一人。
溜めた凶切りは距離次第でステップタイミングが合っていても2段目を喰らってしまうので、受け身等に構えられたら迷わずテレポを使うべし。
常に空↑を撒いておきたい。

セフィロス

「閃光」はカウンターでもあるためうっかりブレイブ攻撃を当てないように。
閃光以外ならば空↑でほぼ完封可能。
飛ばされたり固められたりしたらしっかりガードが大事。

スコール

キープ値で抜けてくる攻撃2種、ブルータルシェル(空↑)とキーンエッジ(ダッシュブレイブ)が非常に厄介。
空↑を撒いても対処しきれないので逃げと味方に頼るしかない。
また発生の早いフェイテッドサークルにも注意が必要。

リノア

アルティミシア

中距離以遠では中判定から始まる技が多いので空Nでも空↓・地↓でもいける。
あとは相殺判定がHP相当の固有EX・メイルシュトロームと、中距離での拒絶の槍(空↑)に注意。
HP以外にサーチはほぼ刺さらないのでここぞという時以外狙わなくて良い。

ジタン

捕まえる能力が高く連携もしやすい難敵。
ジタンのページを読んで「ぬすむ」関連の読み合いの選択肢を必ず知っておこう。
空中ではキープ値で突破出来る突進技が無いため、高さが同じなら空↑での自衛がそれなりに効果的。
使い手は少ないがHP攻撃がシフトブレイクだった場合は要注意。グライドを吸引により容易にとられてしまう。

クジャ

見てからかわせないシンフォニーが脅威。
来そうなところでは読みでステップするしかないのだが、遅らせてNダッシュシンフォニーとやられるとステ狩りされてしまう。
捕まってしまうと途中止めからこれをやられて非常にキツいので黒竜を剥がされる前にさっさとテレポ。
普段も空↑がクジャのグライドに当たりづらいのでガン逃げ安定。

ティーダ

絶対にブリーフィングでHP攻撃を見ておくこと。
チャジアサだと吹き飛ばされたところへ受け身に重なられてグライド方向次第の運ゲーで黒竜を剥がされるので、ティーダとの距離には十分に余裕を持っておき、味方の動きによってはヘビーではなくティーダに対して空↑を必要以上に撒いておきたい。
反対にスパカの場合は運ゲーは無いものの、頭上からのブッ放しに注意。
自分や他の敵がHP攻撃を撃ったせいで画面が暗転していなければ、画面の暗転とティーダの声でスパカを撃たれたと分かるはずなので、画面外からでも反応してステップできるはず。

遠くに居る場合、変則的な動きのリープや、素早く終わるダブルのせいであまり攻撃が当たらないので、カット以外ではあまり狙わなくて良い。
Wメテオ射程内にいるときはソニックバスターとHP攻撃に対するサーチを意識する程度。

ユウナ

ユウナの一番の武器である脇差(地↑)は溜め無しverならグライドで回避可能、溜め版は不可能なことに留意。
地上ステージなら黒竜ありで有利、黒竜なしでもさほどキツくはならない。
空中ステージでは↑よりこちらの有利度が上がると覚えておけばOK。
こちらが致死を持った時は誘導ありの4連撃・エアロスパーク(空N)で削ってこようとするはずなので、これに当たって致死を渡さないように。

ジェクト

SPEEDにしては捕まえる性能が低めなのでそこまで脅威ではないが、
近距離では空Nの発生が早くNにしてはリーチがある事、HP(主にフィンガー)ぶっぱに注意。
ブロックはWOLと違って弾が消えてしまう事以外あまり意味はないので基本無視していつも通り弾を撒いていこう。

シャントット

黒竜時は射程の長さでこちらが有利。
ブチキレ後も弾強度やグライドの関係であまり不利にはならないが、味方が辛くなるので、やはりブチキレさせるのは厳禁。仕留めるときは一撃を心がけよう。

カムラナート

単発HPでの黒竜剥がしが怖い。
光輪剣が多いのでしっかりステップしていけばそんなに喰らわない。

ヴァン

グラゼロ持ちは間違いなく天敵だが、黒竜時ならば他のSHOOTより射程が長いお陰でグラゼロの範囲外から攻撃はしやすい。
近づかれてしまった場合はとにかく逃げる。あるいは2段ジャンプで高度を取ってからWメテオでの自衛を狙っても良い。

ヴェイン

近接にとっては強敵だがこのキャラはキープ値の発生が遅い。アクアスフィアを置いてじゃがいもを投げていれば何とかなる。なんとかなると言っても決して有利なわけでは無いので味方の方へ逃げよう。

ライトニング

吸引サーチのブリザラが厄介、引っかかると雷光斬で黒竜を剥がされてしまう。ATK時はアクアスフィア一つで動きを制限できるので置いておこう。

スノウ

脱ぐたびに強くなるキャラクター。未強化ならアクアスフィアを置いておけば問題ない。強化状態になった前空中は押し付け性能が半端じゃ無いので来たらすぐ逃げる事を推奨。ブルータルアームの前でのステップは厳禁。

ヤ・シュトラ

リフレによりただのシュートになった猫。呪術なら適当にNブレイブを振っていれば打ち合いに勝てる。幻術の時はアビスクエーサーとWメテオを使っていこう。どちらの形態でも攻撃に呪縛の冷気が刺さる。

ゼノス

ノクティス

シフトを使い一瞬で距離を詰めてくる。スピードの中でも特に注意しなければならない。
まともにやりあえば一気に距離を詰められて壁激突からの黒竜解除という最悪の展開が待っている。接近されてはまず勝ち目は無いのでノクティスがどこにいるのかしっかり把握し、近づく素振りが見られればいつでも逃げられるようにしておこう。ほぼ全てのブレイブに自衛メテオが刺さるので味方が近くにいて自身が高ブレイブを持っているなら狙って見てもいい。

ラムザ

叫ぶと厄介な近接キャラクター。Nと前を強気に振ってくるが自衛メテオが刺さる。割とどうにかなるキャラだが逃げる事によって相手の叫ぶ時間を消費させてしまおう。

エース

打ち合いならどうにでもなるキャラクター。相手はサーチブレイブを持っておらず足が止まるため、アビスクエーサーで圧をかけよう。


オススメEXスキル

驕りがあったようだ…

コメント

1ページ目:コメント/ゴルベーザ へゆけるのだ!
2ページ目:コメント/ゴルベーザ(2) へゆけるのだ!

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照


  • 黒龍モードは迫真のエフェクトなのに通常時だと泡みたいなクッソ頼りない見た目になるアクアスフィア好き - 2019-09-22 (日) 23:26:28

    • 近寄るとポコポコ鳴ってるの好き - 2019-09-22 (日) 23:38:02

    • 俺はディレイアースくん推しかな。黒竜いると今にも爆発しそうなじゃがバター生み出すのに、なんだあの通常版。ただのジャガイモじゃん。=͟͟͞͞(╮╯╭)ポティトゥ - 2019-09-23 (月) 23:27:04

  • クリAで黒い牙担いでくる(閉所ではWメテオ)ゴル兄と何回かマッチングしたけど黒い牙は黒い牙でなんか刺さるわ味方との位置取り上手いから追い払うのもカットするのも後隙取るのもやりやすいしで相当戦いやすかった…援護に向かおうとしたら本人がうまく捌いてこっちの後ろまで下がってくれるし - 2019-09-23 (月) 21:49:37

  • 井田ミール - 2019-09-26 (木) 02:37:50

  • 数少ないゴル兄さん使いに聞きたいのですがゴル兄さんは空中が主力ですよね?なのにゴル兄さん使い仲間が地上技の氷撃った方がいいとか言い出して困惑してます - 2019-09-26 (木) 19:01:50

    • 地上技は迎撃が少ないけど、ディレイスパークが強いから地上にいるのもあり - 2019-09-26 (木) 22:59:38

    • 貫通と弾速で当てるなら炎、弾の大きさで当てるなら氷。攻める分にはスパークとウィンドも使える地上の方が強いとは思う。 - 2019-09-27 (金) 00:26:15

    • まあウィンドが使えないから、あとアクアの自衛力が高めだから空中がメインになる。けど、コールドの着弾爆発も使う機会あるからまあ、慣れてきてから地上やってみれば? - 2019-09-27 (金) 00:26:46
      • 色々アドバイスありがとうございます。 参考になりました!今度実践してみます - 2019-09-27 (金) 00:54:52

  • お互いシュート2人抱えた事故マッチの時ゴルベーザいる方が圧倒的にブレイブ稼げててやっぱつれぇわ - 2019-09-27 (金) 14:03:54

  • てかゴルベーザ使ってて相手のシュートが賢者ゴルベーザ以外の時に、ブレイブ稼ぎで競り負けてるのは普通にヤバイ。あとウインドスフィア君はやっぱり存在意義が分からないです - 2019-09-27 (金) 16:32:11

    • 俺は足が速い!おっ、丁度近くに敵がいるじゃねぇか。誘導使って急いで追いかけるぜ!…あれ、敵はどこへ行ったんだ?不味い、このままじゃ何も出来ずに消滅してし 日記はここで途絶えている - 2019-09-28 (土) 20:38:00

  • ジェネシスロックだけ黒竜いないときにあほみたいに性能落ちるのやめてほしい せめて溜めは残してほしい - 2019-09-29 (日) 19:26:07

    • 黒龍退社したら悲しみ背負うのはいいけど黒龍出社してる時は前作の地面から浮かんできて溜めてる間は周りクルクル回ってるとかちょっとはしゃいだ性能にしても良いと思う - 2019-09-29 (日) 19:38:51
      • サーチでもウェーブでもないしなあ それを差し置いてでも使いたくなるロマンがないと - 2019-09-29 (日) 19:43:51
      • もういっそのことジェネシスロックは吸引なくしてグライドありの、ほのおみたいにすればいいのでは!ちなみに黒竜中は吸引ありグライドあり最後にロック飛ばすみたいにしよう(錯乱) - 2019-09-29 (日) 20:31:26

    • 溜めできないくらいで射程はそのままじゃなかったっけ?弱体化ならナイトグロウのほうが悲惨な気が・・・ - 2019-09-29 (日) 20:19:31
      • 最低射程は同じだけど、ズラし撃ちが出来なくなるのが辛すぎる - 2019-09-29 (日) 21:18:24
      • ジェネシスロックの売りである溜めによるずらしと最長射程が同時に無くなって貫通しないグライド無しのなんちゃってナイトグロウに成り下がるから弱体幅はジェネシスロックの方がでかいと思う - 2019-09-29 (日) 22:56:19

    • 前作のジェネシスロックそのまま持ってきてもいいんじゃない?ボタン長押し(ルラオ系)ボタン離す(弾丸系)。4wayは流石にまずいだろうけど今作風にうまく落とし込めそうじゃない?あの技 - 2019-09-29 (日) 20:57:15
      • それだと自衛と遠隔賄えちゃうからあかんわ。ライオットが長押し中盾展開→離して射出とか考えたらかなりヤバイ - 2019-09-29 (日) 21:25:49
      • 面白そう。最初は溜押ししながらグライド移動可で自判定あるが旧ソリ9並の当たり判定、溜めた分だけ撃てる弾が増え誘導は歩いてたら避けれない程度で撃ってる間は足が止まる、みたいになったら良いなぁ(妄言) - 2019-09-29 (日) 21:30:06

  • ジェネシスロックってほぼ見ないから分からないんだけど、黒竜あってもエースのライフルより弱そうなイメージがある。 - 2019-10-01 (火) 12:42:04

    • エフェクトが妙に地味だからかな(汗)?結局、被弾が許されないしブレイブの後隙が大きい中でさらに足が止まる溜め技(自衛不可)を担ぐのが恐ろしくリスクが高い。エース位自衛技が多い(空↓、地↓、D)なら踏み込まれた時に不利とはいえ読み合いにもなるけど… - 2019-10-01 (火) 14:13:58

    • 溜めなしはほぼ性能差なしで溜め時の射程がエースより長い それ以外にも旋回速度とかで差があるかもしれないけど、Wメテオに合わせるならもっと強くてもいいと思う… - 2019-10-02 (水) 11:40:40

    • なんか、射程が長いのはわかるんだけど、エースのライフルはエグい曲がり方してるのがよくわかるけど、ゴルベーザのはわからないんだよね。エフェクト地味なだけであんだけ曲がってるのかな - 2019-10-04 (金) 00:40:44
      • 召喚打ち上げに当たるし同じぐらいじゃない? - 2019-10-04 (金) 01:31:19
      • 打ち上げ取れるのか。それは知らなかったありがとう - 2019-10-04 (金) 12:36:58

  • 自分で置いたアクアスフィアグラゼロで取られて黒竜剥がされた事をこっちに当られても、どうすることもできませんww - 2019-10-01 (火) 18:33:47

    • そりゃそうだ。恐ろしいまでの曲解をするなら『グラゼロにアクアスフィアを置かなきゃならんような状況にすんじゃねぇ!』って所だろうか。 - 2019-10-01 (火) 19:14:19
      • 開幕でしたwww その後も置き続けて、ちょいちょいこっちに飛んできて… 頭悪いってこれか、って思った - 2019-10-01 (火) 19:21:55
      • それだったらそれで読みで硬直に合わせるとかせんのかねぇ?まぁ人それぞれって感じ? - 2019-10-03 (木) 12:55:23

  • アクアスフィアは自衛に使えるって猿知恵付けて、脳死で置いたんやろなぁ - 2019-10-01 (火) 20:34:17

  • ゴルベーザ最近多いよな。上手いとマジで強いんだけど、下手だと態度も技術もヤバイ。 - 2019-10-02 (水) 17:37:33

    • まぁ味方との理解や連携が大前提だからな。自分から味方ヘビーから離れていくゴルもいれば、ヘビーが気ままに動き過ぎてゴルのブレイブの回転率落としてたり。味方にゴルがいるのに護衛放棄で突撃したり、逆にゴルが敵にいるのにタゲを外して不意打ち食らったり。 - 2019-10-02 (水) 17:46:39

    • 電撃大会で連携の取れた職人らが活躍したからかなぁ なお優勝したバキュームは… - 2019-10-02 (水) 19:02:29

    • 上手いゴル引くとゴルが動きやすいように守ってるだけで勝てるとか良くある、下手だとグラゼロ持ちに対して脳死でスフィアぶっぱ→こっちが寝かされてるorグラゼロ警戒して離れた間に黒龍剥がされ→不利になった所をひっくり返せずにそのまま負けとかもよくなるけど - 2019-10-03 (木) 22:39:18
      • 実際その通りで、ゴルベーザは存在事態が他シュートと違い囮。味方が強引にいかずとも勝手に向こうから向かって来るわけで、味方はそれを刈れば良いだけ。前ブーしたいならサブカのミスリルダイヤでやってくれ。近接の味方もゴルベーザで勝てない人も、マップ見てないから被弾し過ぎだしカットも無さすぎ - 2019-10-04 (金) 08:47:03

  • 1試合中に3回も本体剥がれて超足手まといで勝ったけど、セフィロスに「何がお前を強くした?」 言われて内心、剥がれた時の闇討ちメテオ、 - 2019-10-06 (日) 22:36:55

    • 誤送信...諦めない、とか思った - 2019-10-06 (日) 22:40:57

  • タイプをヘビーに変えて欲しいってずっと思ってるわ - 2019-10-09 (水) 00:47:18

    • それはある。ただ、個人的にはヘビー寄りシュートみたいな方が嬉しい(セシルやカインがそんなだし)。イメージとしては旧フリオの地ブレみたいな感じ(空中でも戦えるけどキープ値とカット値は低い)。。 - 2019-10-09 (水) 09:31:30

  • NTのクリCです。開始ゼロ秒コールドブラストぶっぱが、かなり強いというか最強と思い多用していますが皆様如何ですか?当たれば即3対2の状況を作れますし、アレクのような閉所だと、巻き込みで1000近くブレイブ奪えたりします。カウンターは、よほどのことがない限り入りません。兄さん先輩諸兄のご意見をお伺いしたいです。 - 2019-10-16 (水) 00:35:09

    • 開幕Nが当たるようなスタート位置って存在するのか...? - 2019-10-16 (水) 01:29:12

    • 有用ではあるけど最強ではないな。 - 2019-10-16 (水) 08:28:33

    • 当れば儲けもの位の感覚かと(低リスクだから、やるだけならタダというやつか)。初手のその択を無警戒に当たってくれる相手がいるのかによる。 - 2019-10-16 (水) 08:55:00

  • 兄さん…弟もそうだけど、その親友も美顔を晒したんだしぃ…兄さんも晒しちゃおうよ♡ - 2019-10-16 (水) 13:08:05

    • まず落ち着こうか - 2019-10-16 (水) 13:17:32
      • 見たくないのか!?兄さんのイケメンフェイスを……? - 2019-10-17 (木) 00:45:39
名前:

他人や作品、キャラクターに対する誹謗中傷や、攻撃的・威圧的なコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成
下部メニュー
アクセス数
累計: 136639, 今日: 46, 昨日: 55

基本情報

DFF NTについて

キャラクター

mar.png ヒーローサイド

spi.png ライバルサイド

データ

外部サイト

その他

Wiki内検索


アーカイブ

最新の70件
2019-10-17 2019-10-16 2019-10-15 2019-10-14 2019-10-13 2019-10-12 2019-10-11 2019-10-10 2019-10-06 2019-10-05 2019-10-04 2019-10-03 2019-09-30 2019-09-29 2019-09-28 2019-09-27 2019-09-26





メニューを編集
img
テスト用ページ
テンプレ