PROFILE
名前ゴルベーザ(本名:セオドール)
主な登場作品・FINAL FANTASY IV
・FINAL FANTASY IV THE AFTER
年齢30代
職業月の民→赤い翼隊長→暗黒魔導士→月の民
CV鹿賀丈史
ゴルベーザについてFF4に登場するセシルの兄。黒い鎧を身にまとい、強大な魔力を誇り、黒竜をも従える。
原作ではバロン王国を操り、土・水・火・風の四天王を配下に持つ暗黒魔導士。クリスタルを巡ってセシル達と幾度となく対決する。
実は黒幕に洗脳されており、洗脳が解けた後はセシル達と共に立ち向かう。
洗脳されている間は邪悪な性格であったが、本来は礼儀正しい好青年。


目次

特徴

Type:SHOOT

「黒竜」を従えて戦う魔導士。黒竜と共に圧倒的な魔法の数々で敵を殲滅する。

固有システム「黒竜」

黒竜がいる間(黒竜モード時)はブレイブ攻撃の弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が向上し、HP技の性能も強化される。(地空下ブレイブのみ判定強化なし。)
ただし、1000以上のHPダメージを「一度に」受けると、黒竜が消えて黒竜モードは解除されてしまう。(HPシェアや、999以下のHPダメージなら何度食らっても黒竜モードは解除されない。)
黒竜モードが解除されると各種技性能が低下し、それまで貯めていた固有EXゲージは0にリセットされる。
バトル開始時は黒竜モードで始まり、解除されても固有EXの「黒竜召喚」で再度黒竜モードに移行できる。
2017/12/20のアップデートでシステムに新たなルールが加わった。
黒竜モード中に戦闘不能となる際、そのHPダメージが1000以上の場合、復活時は通常モードになる。1000未満であれば黒竜モードで復活する。
通常モードで戦闘不能になった場合、復活しても通常モードのままとなり、専用EXスキル(黒竜召喚)のゲージは持ち越しとなる。

アップデート

2017/12/20

2017/12/7

・威力調整
 コールドブラスト(黒竜) 480 → 440
 ウィンドスフィア(黒竜) 480 → 448
 ヒートブラスト (黒竜) 480 → 432
 アクアスフィア (黒竜) 480 → 448
 アビスクエーサー(黒竜) 480 → 432
 コールドブラスト(通常) 416 → 376
 ウィンドスフィア(通常) 416 → 384
 ヒートブラスト (通常) 416 → 376
 アクアスフィア (通常) 416 → 384
 アビスクエーサー(通常) 416 → 368

技一覧

操作方法技名状態基本威力総威力発生F魔法接触判定
ブレイブ攻撃地上時Ⅱ.pngコールドブラスト黒竜時440440
通常時376376
前Ⅱ.pngウインドスフィア黒竜時448448
通常時384384
後Ⅱ.pngディレイスパーク黒竜時76*5380
通常時64*5320
空中時Ⅱ.pngヒートブラスト黒竜時432432
通常時376376
前Ⅱ.pngアクアスフィア黒竜時448448
通常時384384
後Ⅱ.pngディレイアース黒竜時76*5380
通常時64*5320
ダッシュ中Ⅱ.png
アビスクエーサー黒竜時432432
通常時368368
HP攻撃Ⅳ.pngナイトグロウ--HP
(黒竜時の周囲衝撃:非接触)
ジェネシスロック---
黒い牙---
Wメテオ(メテオ)---
EXスキルⅠ.png呪縛の冷気黒竜時9696-
黒竜召喚通常時---

ブレイブ攻撃に関して

ブレイブ攻撃(地上、空中、ダッシュ中)はどれも「黒竜がいないと性能が大幅ダウンする」という弱みを持つ
詳細は上記「固有システム」の欄を参照のこと。

ブレイブ攻撃(地上)

コールドブラスト

#ref(): File not found: "コールドブラスト.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手を追尾する氷塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
強み弾速、誘導、射程が優秀なのでカット等で当てやすい。
弱み銃口が切れるのが早めなので横移動の相手には当たりにくい。
使う上でのポイント地上での主力技。弾速、威力、射程に優れるが、黒竜がいなければどうしようもない。
油断してHP攻撃を喰らわないように

【フレーム表】


ウインドスフィア

#ref(): File not found: "ウインドスフィア.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手をゆっくり追尾する風弾を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
強み判定が大きく誘導に優れるため、事故当てやとりあえず出しておくといった使い方がしやすい
弱み弾速が遅く能動的に当てにくい。
発生もやや遅く自衛にもイマイチ。
使う上でのポイントヤ・シュトラの『ウイルス』や『エアロ』、皇帝の各種『ソウル』に近い性能
とりあえず出しておける性能だがとっさに振れるわけではないため注意

【フレーム表】


ディレイスパーク

#ref(): File not found: "ディレイスパーク.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報目の前に出現させた雷球から、高速で飛ぶ電撃を連続で放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
・痺れ
強み雷球設置から発射までタイムラグがあるため、ターゲットを惑わせやすい。
痺れ状態にするため連携に向く
弱み設置時に発射方向が決定されてしまう。
中弾かつ魔法弾一つの威力は比較的低めでシュートとの打ち合いには不向き。
使う上でのポイント性能的にはケフカの『もりもりサンダガ』に近い
妨害に向くが素早く動く相手には当たらないと考えていいためキープ値が低く動きの少ない攻撃のカットに使おう。
当てても吹き飛ばさないので味方にHPをとってもらいたい時はこれを使おう。

【フレーム表】


ブレイブ攻撃(空中)

ヒートブラスト

#ref(): File not found: "ヒートブラスト.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報高速で飛ぶ炎弾を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
強みコールド同様狙って当てやすい。
貫通するので複数ヒットを狙える
弱みこちらも銃口が切れるのは比較的早め
使う上でのポイント狙って当てやすいため空中では主にこれを使って戦うことになる
強力だが過信は禁物。油断して黒竜を引剥がされないようにしよう

【フレーム表】


アクアスフィア

#ref(): File not found: "アクアスフィア.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手をゆっくり追尾する水塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
強み判定が大きく追尾性があるためばらまきに向く。
水属性共通のヒット効果を誘発する。
弱みウインド同様狙って当てることは難しい
使う上でのポイントシャントットのフラッドと基本的な運用は同じ。射程が長めなのでとりあえず出しておくと意図せず味方のカットに使えたりする
切らさずに出せるのが理想か

【フレーム表】


ディレイアース

#ref(): File not found: "ディレイアース.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報しばらく停滞した後に相手を追尾する岩塊を5発同時に放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・グライド速度・威力が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円4個分、通常・円3個分
追加効果・グライド
・怯み
強みゴルベーザの技の中では比較的接近拒否に向く
扇状の弾幕を張れるので横に広い
当てても吹き飛ばさない
弱みとっさに振って自衛できるほどではない。
中弾のため、シュートとの打ち合いには少々不向き。&br()近いと少数ヒットしかせずダメージが低い。
使う上でのポイントティナのCホーリーのような技。ブレイク間近の敵に撃つと効果的。
相手をその場で怯ませるのでディレイスパークほどではないが連携にも使える。

【フレーム表】


ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃)

アビスクエーサー

#ref(): File not found: "アビスクエーサー.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報巨大な重力爆発を発生させる位置サーチ型の遠距離攻撃。
黒竜モード時は弾の大きさ・射程・威力・魔法接触判定が上昇する。
射程:黒竜時・ミニマップ円3個分、通常・円2個分
追加効果・真下落下
強みサーチにしては射程が長く判定も大きい。
ヒット時の挙動が真下のため合わせやすく活用できる。
弱み発動時に動きが止まるためサーチ技等に刺されやすい。
使う上でのポイントサーチ技なので物陰に隠れて撃てる。
なお、真下落下のためバウンドするまで動けず枚数有利時間を作りやすいのもポイント。

【フレーム表】


HP攻撃

ナイトグロウ

#ref(): File not found: "ナイトグロウ.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手を追尾する闇の衝撃波を放つウェーブ系の中距離攻撃。
黒竜モード時は同時に衝撃波を自身の周囲に発生させる。
射程:黒竜時・ミニマップ円2個分、通常・円1.5個分
追加効果・グライド
強み弾速、射程、発生とバランスのとれたHP攻撃。
黒竜時の周囲攻撃は背面頭上付近でも当たるなど強力
弱み見られていると簡単に避けられてしまう。
やや下側に薄いので高空での使用は不向き気味。
ブレイブよりも若干射程が短いため噛み合わないことも。
使う上でのポイント基本的には扱いやすいウェーブ系のHP技。黒竜がいるときは暗闇の雲の「高射式」のような使い方すら可能。
ブレイブの射程が長い故に、この技の射程外の立ち位置に居座りがちな事だけ注意。
アップデートにより通常モード時は射程が短くなるようになったため黒竜モードと同じ感覚で扱えない事を留意。

【フレーム表】


ジェネシスロック

#ref(): File not found: "ジェネシスロック.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報正面に岩塊を放つ遠距離攻撃。
黒竜モード時は溜めが可能になり。溜めに応じて射程が伸びる。
射程:溜め無し:ミニマップ円2個分 最大溜め:円3個分
追加効果・黒竜モード時:溜め
強み上下に強い
弱み黒竜がいない場合溜めが出来なくなり他のHP技に比べても性能DOWNが著しい。
使う上でのポイント

【フレーム表】


黒い牙

#ref(): File not found: "黒い牙.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手位置に巨大な牙を発生させる遠距離攻撃。発動には長い溜めが必要になる。
黒竜モード時は溜め中に対象へ移動速度低下デバフを付与する。
追加効果・グライド
・溜め
・黒竜モード時:移動速度低下
強み相手がどこにいても射程圏内に入る
上方向に判定が大きい
弱み発動までがとてつもなく長い
クラウドの『桜華狂咲』と酷似した性能なので連携の取りづらい野良では命中率が確実に下がる
横の範囲が狭いためステップで避けるのも比較的容易
使う上でのポイントソロ出撃ではまず役に立たない。使うにしてもテレポを持ち、自分1人かつ無傷で敵を捌くだけの腕前が大前提。
活かすには連携の出来る3人でパーティ出撃が必須。狙う敵の移動速度を低下させ、味方が捕まえるのが基本戦術。

【フレーム表】


Wメテオ(メテオ)

#ref(): File not found: "Wメテオ.gif" at page "ゴルベーザ"

基本情報相手位置に巨大な隕石を落とす遠距離攻撃。通常モード時の技名は「メテオ」。
黒竜モード時は隕石を2つ落とす。
射程:ミニマップ円2個分
追加効果
強みサーチ技であることそのもの。
降ってくる隕石はそれぞれサーチする。
弱み射程が「ゴルベーザの技にしては」短く、距離感がズレやすい。
使う上でのポイント基本的にはカットや硬直取り、味方との連携というサーチ共通のもの。
性質上自衛にも使えるが位置関係次第。
ブレイブ技の有効射程より近づく必要があるのでそこが注意点。

【フレーム表】


固有EXスキル

呪縛の冷気

#ref(): File not found: "呪縛の冷気.gif" at page "ゴルベーザ"

効果時間:4秒
リキャストタイム:60秒
黒竜モード時に使用可能。
相手を凍結させて動きを止める位置サーチ系の遠距離ブレイブ攻撃。
グライド可。溜め押しで射程が伸びる。判定は球状に出現し、2倍程度まで徐々に広がる。
黒竜モードが解除されると固有EXゲージは0になる。

黒竜召喚

#ref(): File not found: "黒竜召喚.gif" at page "ゴルベーザ"

リキャストタイム:60秒
黒竜がいない時に使用可能。
黒竜を召喚して黒竜モードに移行する。

コンボ

立ち回り

立ち回りの方針

基礎値のブレイブで黒竜を剥がされてしまうため、相手のHP技に気をつけて立ち回ろう。
自衛はスフィア系を撒く程度に留め、味方の方へ逃げることを優先しよう。
無理しない、孤立しない立ち回りが求められる。

黒竜モードの時には中距離以遠の制圧力がずば抜けて高い。
ディレイ系は便利ではあるが、火力が無いので一辺倒だと火力負けしやすい。
ブラストで済むならばそちらを採用しよう。

呪縛の冷気ヒット後はHP技が確定する。
最早コレのために生き残っていたと言っても過言ではないほどの性能を誇るので、しっかり狙いを定めて使用しよう。

黒竜モードの解除は文字通り致命的。解除されると黒竜を召喚するまで最低でも1分間はお荷物になるうえ、そこからさらに1分間、つまり計2分間も呪縛の冷気が使用できない。
味方へのカット狙いアビスか、ディレイ系で連携を組んで存在感を出していきたい。
また、ナイトグロウorWメテオならば当てにいくという意味では性能DOWNは微量なので、余裕がある状況ならHP技を使っていくのもアリ。
(アップデートによりナイトグロウは通常モード時に射程減少という調整が成されたので当てにいくリスクが高まってしまった)
とにかく黒竜のいない1分間少しでも存在感をアピール出来るように、また狙われた時すぐ逃げれるように味方の近くで立ち回るのがいいだろう。

各種HP技での立ち回り

対策

キャラ対策

WOL

タイマン最強クラス。ガード判定のある技を多く持つため狙うなら闇討ちを徹底しよう。まともに向かい合うのは論外。

ガーランド

遠距離ではただのカモですとも。
距離が近づいてくると高低差を無視してカットを仕掛けてくるので中々厄介。
SoC2が発動してしまったらキープ値と攻撃範囲の暴力で無理矢理押し切られる。HP攻撃を当ててダウンさせればバフ時間も削れるので、HP技を当てられる隙を見逃さない様に。

フリオニール

ゴルベーザは通常のShootよりも更に遠い位置で戦うことになるためフリオニールにとっては天敵レベル。
それでも寄られるとどうしようもないためフリオニールの射程圏内に入らないこと。近づくときは見られていないか、狙われていないかを確認してから。

皇帝

Shoot同士の戦いになるので不毛。皇帝は狙って当てられる技が少ないためこちらが若干有利か。

オニオンナイト

忍者が追って来た場合はかなりヤバイ。クイックダッシュからのHP技などは特に注意。

暗闇の雲


セシル

最愛の弟。攻撃は愛のムチですとも!
やはり近づきすぎないことが大切。甘く見て『レイウィングス』などに捕まらないように。

カイン

「だいじょうぶだ・・・おれは しょうきに もどった!」
原作では洗脳してさんざん苦汁を飲ませた相手だが本作では天敵。固められることのないような慎重な立ち回りが求められる。
攻撃が全て直線的なので迎撃はまだ容易な部類。ただしジャンプIIIに要注意。
ジャンプIIIが溜まるころ=戦闘も中盤以降ということなので、ここで黒竜をはがされると影響が大きい。
ジャンプIIIには細心の注意をはらうこと。

ゴルベーザ

「私を裁くのは、私だ…」
Shoot同士、かつお互い射程が長いのでまずもって不毛。隙を突いて黒竜を剥がせれば御の字か。というか黒龍先に剥がされたら負け

バッツ

他のSPEEDやHEAVYに比べれば怖くはないかもしれないが魔法剣士や忍者マスター後は他と同じ位警戒するようにした方がいい。
固められたら早急に助けを呼ぼう。

エクスデス

カブトムシとクワガタ。次元の狭間に行くのか月に行くのかはブリーフィングの時点ではっきりさせておきたい所。
3種のモードがどれも厄介。パワーモード時はヘヴィー並の攻撃力とキープ値でゴリ押され、シールモード時は宇宙の法則が乱れるによって専用スキルが封じられ、最悪長い時間黒竜を召喚できないなんてことも。デバフモード時に攻撃を喰らってしまうとこちらの攻撃を大きく落とされてしまうのでとにかくエクスデスにタイマンを持ち込ませないことを徹底する。

ティナ

大体のShootに対して有利なゴルベーザですら相手はしんどい。
ボーッとしてたら『メルトン』や『メテオ』が飛んできて戦局が瓦解…なんてならないように常に気を配ること。

ケフカ

弾道が特殊な技がほとんど。『のろのろメテオ』や『くねくねファイガ』はしつこく追ってくるため気がついたら当たっていたなんてことも。

クラウド

キープ値が高い技が多く絶対に寄られたくない敵の一人。ちゃんとレーダーを見て近づきすぎないように。
固められたら迅速に助けを呼ぼう。

セフィロス

HeavyでありながらSpeed並みの運搬性能を誇る元英雄。『閃光』はカウンターでもあるためうっかりブレイブ攻撃を当てないように。
固められたら助けを呼ぼう。

スコール

通称・空飛ぶバインガ。その名の通り固め性能が高い。安全圏から攻撃しよう。寄られたら(ry

アルティミシア


ジタン

上空注意!気がつくと上にいる。レーダーをうまく活用しよう。直接見すぎて足元を掬われないように。
キープ値で突破出来るような突進技が無いため、高さが同じならスフィア系での自衛が効果的。
また、HP攻撃がシフトブレイクだった場合は要注意。グライドを吸引により容易にとられてしまう。

クジャ

ジタンやティーダに比べればマシな部類、といっても狙われたらヤバいのは確実。
上を取られるとナイトグロウ位でしかどうしようもないので基本的にはガン逃げ安定。

ティーダ

天敵中の天敵。寄られるとどうしようもない。固められたら迅速に助けを呼ぶこと。
空中性能、リープ系での潜り込み、突撃技のキープ値での突破など、上空でも対面でもとにかく辛い相手。
さらに一瞬でも油断すればダブルスラッシュにより味方と離されてしまう。
スフィア系での自衛も他のスピードに比べて機能しづらい。もし絡まれたならとにかく逃げに徹する事。
寄られない、近寄りすぎないことを肝に銘じるように。

ジェクト

天敵の父親もまた天敵だった。それでも息子より幾分かはマシ。
『ジェクトキャンセル』の運搬性能は凶悪の一言。遠距離攻撃を持たない代わりにShootメタ性能はピカイチ。

シャントット


ヴァン

グラゼロ持ちは間違いなく天敵だが、黒竜時ならば他のSHOOTより射程が長いお陰でグラゼロの範囲外から攻撃はしやすい。
ただし1000でもガンガン当てに来る事が多いヴァン相手はゴルベーザにとっては黒竜を失いやすいため気を抜くと地獄を見ることになりかねない。

ライトニング


ヤ・シュトラ


ノクティス


ラムザ


エース



オススメEXスキル


コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑2旧作仕様ままじゃナイグロ以上のぶっ壊れなんすけど… - 2018-04-26 (木) 00:29:27
  • ↑まあ黒竜モード限定という事で・・・接近するリスクもあるわけですし。それでもブレイカー気味かな・・・ - 2018-04-26 (木) 00:45:37
  • ↑6とりあえずコアには可能な限り向かうっていうのは大事なんだけど、コア割りをする前に周囲のタゲの向きを絶対に確認する事。敵もコア割りの時が黒龍を剥がすチャンスだと思ってるから、コア割るのを待たれてると思ったらコアを諦めて味方と合流するのも選択肢にあるってのは必ず意識しといて欲しい。黒龍剥がれたらコア割りの速度もガタ落ちするけど、逆に残ってさえいれば2個目3個目のコア割りで取り返せるからあくまでも黒龍第一で立ち回りを組み立てて。 - 2018-04-27 (金) 03:37:36
  • 普段ヤシュトラでランス使ってると、岩が当てやすすぎてびっくりする。問題は姉さんと兄さんの交戦距離がまるで違う事だが - 2018-04-28 (土) 10:06:09
  • ウィンドスフィアとアクアスフィアって性能同じだったりする? - 2018-05-06 (日) 15:45:32
  • 違います ウインドスフィアは弾速が速めで甘めの横移動している人に当てに行く感じの技でセシルのグラボ辺りが使用感が近い 一方アクアスフィアは弾速が遅めで相手を追尾し続ける置き技でエースのチェイス辺りが近い - 2018-05-06 (日) 20:01:23
  • 何故兄さんは素顔を見せないんだろう…? - 2018-05-12 (土) 10:50:52
  • アクアスフィアの水属性共通のヒット効果ってなんだ…? - 2018-05-22 (火) 08:21:05
  • 打ち上げ…かな? トットのフラッドも、ライトのウォタラも打ち上げだったような - 2018-05-22 (火) 08:43:32
  • アクアオーラ「せやな」 つなみ「打ち上げならまかせろ!」 - 2018-05-22 (火) 09:31:36
名前:

他人や作品、キャラクターに対する誹謗中傷や、攻撃的・威圧的なコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。


  新規ページ作成
下部メニュー