用語集(俗称)

英数字

DA【俗称】

ダッシュブレイブ攻撃のこと。
Dash Attack」の略。

JCD【俗称】

セフィロスの固有システム「ジャストキャンセルダッシュ」のこと。
「Just Cancel Dash」の略。ジャスダとも。

LOA【俗称】

フリオニールのHP攻撃、ロードオブアームズのこと。「Lord Of Arms」の頭文字をとって略したもの。

MOA【俗称】

フリオニールのHP攻撃、マスターオブアームズのこと。「Master Of Arms」の頭文字をとって略したもの。
最近では「マスオ」とも呼ばれる。
稼働初期は強技だったが、アップデートにより弱体化した。

ROA【俗称】

フリオニールのHP攻撃、ルーラーオブアームズのこと。「Ruler Of Arms」の頭文字をとって略したもの。
MOAの弱体化によりこれを選ぶフリオニールが増加したが、アップデートにより弱体化し他技並みになった。

なお、リベンジオブアームズも頭文字が同じだが、こう呼ばれることは全く無い。

SOL【俗称】

WOLのブレイブ攻撃、シールドオブライトのこと。「Shield Of Light」の頭文字をとって略したもの。

WS【俗称】

FF11やFF14の技の1種である「ウェポンスキル」の略称。

あ行

アケディア【俗称】

今作の愛称のひとつ。
アーケード版 ディシディアの省略形。

アホ毛 【俗称】

ターゲットされている(している)時のターゲットラインのこと。

アルポン【俗称】

アルテマウェポンのこと。
キャラクターに装備させる武器としてのアルテマウェポンと、
召喚獣としてのアルテマウェポンの2種類があるので注意。
もっとも現在のDFFACではいずれのアルテマウェポンも登場していないのだが。

召喚コアのこと。

石割り

召喚コアを破壊すること。
またはそれ+コアを巡って行われるバトルのこと。

猪【俗称】

とにかく敵に向かって直線的に突っ込むプレイヤーのこと。
チームゲーでは煙たがられることが多いので注意。周りをよく見て戦おう。

永久、永パ【俗称】

永久パターンの略。 永続的に抜けることができない攻撃をし続ける、所謂ハメのこと。
このゲームにもいくつか存在したが、度重なるバージョンアップにより、ほとんどが不可能になっている。

援護チャット

ブリーフィング、および試合中に、味方のアイコンをタッチすることで出せるチャットのこと。

落ちる、乙る【俗称】

HPが0になり戦闘不能になること。「○落ち」の場合は試合中何回戦闘不能にされる/されたかを表す。
ソロ出撃の場合はこの時に謝罪系のチャットを打つ事で自分が落ちたことを示し易い。

おでん【俗称】

オーディンの事。略称であると同時に語呂がいいことでついた。
同社作品「半熟英雄」でもオーディンをもじった「おーでーん」なるエッグモンスターがいる。

か行

開幕【俗称】

バトルが始まった瞬間のこと。
開始直後に行う行動について、「開幕○○」と接頭語的に使われることも多い。
基本的に相手側との距離が離れていることから、自身へのバフ技などを安定して出せるタイミングである。

抱え落ち【俗称】

高いブレイブを保有したまま戦闘不能になり、ブレイブを初期値にリセットされてしまうこと。
単純に勢力HPが減るのはもちろん、ブレイブを貯めた過程が丸々無駄になるため、大きな損害である。

確反【俗称】

「確定反撃」の略。
相手が攻撃を外すなどして隙を晒した際に、もし反撃を出せば確定で命中するような状況を指す。
相手から見た際は「反確」となる。

拒否、拒否チャ

「断る」「拒否する」など、味方のチャットを拒否するチャットの総称。
特に、味方に対して文句を言う意味で使われた場合のものを指すことが多い。
この使用法はほとんどの場合ノーマナー行為と見なされる。
なお、暴言や煽りを行うと実際に勝率が悪くなることが科学的に示されている。
普通の使い方としては、召喚できなさそうな時に味方が召喚しようとした時や、(主にブリーフィング中やリザルト中の)ネタチャットでの応酬が挙げられる。

擦る(擦る)【俗称】

不利な状況などでも攻撃ボタンを連打などをしていること
悪い意味だけというわけではなく、戦術的に有効な面もある。
例:「激突させられた後、万が一確定していない時のためにテレポを擦る」等

さ行

サーチ技、位置サーチ技【俗称】

ターゲットの座標に発生する技のことを指す。
ライトニングの「天鳴万雷」や、フリオニールの「マスターオブアームズ」、シャントットの「ディバインマリサン」、オニオンナイトティナの「メテオ」などがこれにあたる。
挙げたのはいずれも初期のキャラクターのものだが以降も多数登場している。

雑居ビル【俗称】

エースのHP攻撃「タワーレーザー」のこと。
タワーの割に上方向へのリーチが短く、名前負けしていることから。
ver1.362から非常に伸びるようになったのでこの俗称はなくなると思われる

シャゲダン【俗称】

レバーを細かく左右に動かし、キャラクターをプルプルさせること。
煽り行動の一種。
語源はガンダムvsシリーズの「シャア専用ゲルググでダンス」から。
知り合い同士での挨拶がわりに使われることもあるので注意が必要である。

スイカ【俗称】

スコールのHP攻撃「アルテマ」のこと。

ステ 【俗称】

ステップの略称。

ソマ

オニオンナイトのHP攻撃「ソード&マジック」のこと。

た行

田植え【俗称】

フリオニールのHP攻撃、ロードオブアームズのこと。

致死【俗称】

「致死ブレイブ」の略。
相手を一撃で仕留めることの出来るブレイブを所有している状態のこと。
ディシディアではロックオンした相手に対して致死ブレイブを所有していると、ブレイブの数字が紫色に光るので分かりやすい。

超究、超究5 【俗称】

超究武神覇斬、または超究武神覇斬 ver.5のこと。
現在DFFACで登場しているのは前者。
変換の都合で「超級」と書かれることもある。

突進技【俗称】

相手めがけて踏み込む技全般。
踏み込みが遅かったり、伸びが弱い攻撃は突進技とは呼ばれづらい。
攻撃判定が持続し続けるタイプは、相手の攻撃とかち合った際に判定勝ちしやすい。
クラウドのクライムハザードや、ティーダのソニックバスターなど)

な行

名指し拒否

援護チャットから拒否チャットを出す行為。
その味方に文句を言う意味で使われる。
大概の場合ノーマナー行為と見なされる。
なお対戦相手を指しての拒否は「(苦手キャラなので)助けてほしい、代わりに相手にしてほしい」という意味合いなのでそれ自体はノーマナーではないが、直後に謝罪チャットをうっておいたほうがいいだろう(味方の負担が増えるということなので)。

ニュートラル(N)【俗称】

スティックをどの方向にも入れていない状態のこと。
技のコマンドなどで、スティックを倒さないで出す技を指すときに使われることが多い。
クラウドの技を例に出してみると下記のようになる。

野良【俗称】

ソロ出撃のこと。
対義語は「パーティ」。

は行

バースト【俗称】

パーティー出撃のこと。
「機動戦士ガンダム 戦場の絆」では”バースト出撃”と呼ばれているため、こう呼ばれることがある。
ある程度浸透している俗称ではあるが、ディシディアプレイヤーが必ずしもガンダムのゲームに詳しいわけではないので、人によっては通じにくい場合もある。

バカ一閃【俗称】

セフィロスのHP攻撃「八刀一閃」のこと。
字面が似ているのでネタとして使われ、PSP版でのバグ動画などでも認識されるようになった。

吐き出す【俗称】

ブレイブを多く持っている(=溜め込んだ)キャラクターが、HP攻撃で大ダメージを与えること。
これができなければブレイブは無駄貯めでしかない。

反確【俗称】

「反撃確定」の略。
攻撃を外す、ガードされるなどで隙が出来た際に、もし相手に反撃されると確実に当たってしまう状態を指す。
相手から見た際は「確反」となる。

万雷【俗称】

ライトニングのHP攻撃、「天鳴万雷」のこと。
天地雷鳴ではない。

万雷ト、万雷トニング【俗称】

天鳴万雷」を装備したライトニングのこと。

ブーキャン 【俗称】

「ダッシュキャンセル」と同義。 『ガンダムvsガンダム』シリーズ等では「ダッシュ」ではなく「ブースト」と呼ばれているため、こう呼ばれることがある。
ディシディアでは素直にダッシュキャンセルと呼んだ方が通じやすく無難。

ぶっぱ【俗称】

「ぶっぱなし」の略。硬直を狙う、他の味方に気を取られている相手を狙う、などといった回避されない工夫をせずに技を出すこと。
出しておけば比較的簡単に当たるような、非常に強力な技について言われることが多い。

ブレイブタンク(にされる)【俗称】

敵のブレイブ攻撃を食らいまくり、敵のブレイブを多く増やしてしまっている状態のこと。
相手から「他のプレイヤーと比べて弱い」と認識されカモにされると起こりやすい。
他の味方プレイヤーに合流する、チャットで助けを求めるなどで防ぐ手立てを行いたい。

盆踊り【俗称】

ウォーリア・オブ・ライトのHP攻撃「アルティメットシールド」のこと。
特に空振りして隙を晒している状態を指すことが多い。

ま行

巻き込み【俗称】

攻撃中に、ターゲットしていない敵にも攻撃が当たること。
ティーダの「"チャージ&アサルト"」などで頻繁に起こる。

マスオ【俗称】

フリオニールの「マスターブアームズ」の俗称。
もしくは、マスターオブアームズを装備したフリオニールのことを指す。

マチ【俗称】

「マッチング」の略。
「マチあり」は、「(敵であれ味方であれ)マッチングありがとうございました。」の略。

や行

ら行

ラスキル【俗称】

3人目に倒されたキャラ。
あるいは倒すべきキャラのことを「ラスキル候補」と呼ぶ。

リベオ【俗称】

フリオニールの「リベンジブアームズ」の俗称。
もしくは、リベンジオブアームズを装備したフリオニールのことを指す。

ルラオ【俗称】

フリオニールの「ルーラブアームズ」の俗称。
もしくは、ルーラーオブアームズを装備したフリオニールのことを指す。

ロドオ【俗称】

フリオニールの「ロードオブアームズ」の俗称。
もしくは、ロードオブアームズを装備したフリオニールのことを指す。

わ行

その他記号など

キャラクター俗称関連

WoL、WOL 【俗称】

ウォーリア・オブ・ライトのこと。
Warrior Of Light」の頭文字をとって略したもの。
光の戦士とかウォーリア・オブ・ライトとか呼ぶのが面倒なので主にネット上で表記する際の略語。愛称として「ウォル」と発音することも。
余談だが、メビウスFFの主人公のデフォルトネームが「ウォル」となっている。更に、ディシディア公式でもWOL呼びが紹介された。
さらにWoFFではついにWOLがキャラ名になる事態になった。

イカ 、半裸【俗称】

いずれもセフィロスのこと。
前者は原作FF7のラスボス、セーファ・セフィロスの見た目、
後者は原作FF7のクラウドとの最終決戦時の姿と、それを再現した前作のアナザーフォームが由来。

ウボァー【俗称】

FF2にて皇帝が発した、あまりに特徴的すぎてネタにされる断末魔。
転じて皇帝の愛称として用いられる。

オイヨ、オイヨイヨ【俗称】

ヴァンのこと。
原作FF12では声優の滑舌の問題から「飛び降りろ!」を「オイヨイヨ!」と空耳されたことが由来。
詳しくはココでも参照のこと。

オヤジ、親父【俗称】

ジェクトの事。 ティーダの父親であり、ティーダも「オヤジ」と呼ぶことから。 Ver1.010時点ではまだ参戦していない。

ガリ 【俗称】

カインのこと。
元々はFF11の竜騎士ジョブを揶揄するネタで、本来カインは関係ないはずだったが、
ネタに使われたAAに同じ竜騎士であるカインのAAが流用されたため見事に巻き添えを食らった。
詳細はFF用語辞典Wikiガリを参照。

    \   、 m'''',ヾミ、、 /    
    \、_,r Y  Y ' 、 /';,''     
   、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',   
    \、\::::::::::/, /,, ;;,     
     ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,,     
    丿 [ \|:::|/ ]  >"'''''   <おれは しょうきに もどった!
     >、.>  U   <,.<         
   ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、        
 ..''"L  \\.".//_ |   ゙` ] 

ガリネド・ガリクロン【俗称】

それぞれカインのトルネド・サイクロンのこと。
元ネタはGBA版FF4。カイン専用装備で発動するトルネドがバランスブレイカーな性能だったことに由来。
サイクロンは関係ないはずだが、トルネドと同じダッシュブレイブなせいかこう呼ばれることも。
詳細はFF用語辞典Wiki

雲、暗雲、闇雲 【俗称】

暗闇の雲のこと。
クラウドのことではない。
Ver1.010時点ではまだ参戦していない。

先生 【俗称】

エクスデスのこと。
前作DFF(無印)において、経験値稼ぎのためにボコボコにされ、『エクスデス道場』と名付けられたレベルアップ方法が由来。
あまり名誉とも言えない由来だが別に蔑称というわけではなく、大抵の場合は愛称として使われている。
続編のDdFFでは、システム上無力化しやすいこともありガブラスもこう呼ばれることがある。
いずれもVer1.010時点ではまだ参戦していない。

玉葱【俗称】

オニオンナイトの事。
由来はまんま「オニオン」の日本語訳・・・というか元の「たまねぎ剣士」から。「たまちゃん」と呼ばれることも。

トット【俗称】

シャントットのこと。
FF9のトット先生と紛らわしいため使われるのはDFFプレイヤーからのみである。また、FF11経験者も絶対にこう呼ぶことはないらしい。

兄さん 【俗称】

ゴルベーザのこと。
セシルの兄であることから。セシルも彼を「兄さん」と呼ぶ
Ver1.010時点ではまだ参戦していない。

のばら 【俗称】

フリオニールの祖国フィンの紋章であり、反乱軍の合言葉。
フリオニール自体の愛称としても用いられる。

パンツ【俗称】

クジャのこと。
由来は言わずもがな。由来の外見を模した「▼」なる表現も。
原作中ではなんとケフカが彼を公式に「黒パンツ」と呼ぶ一幕も。

ライト、ライトさん【俗称】

ライトニングのゲーム中での愛称。
WOL(ウォーリア・オブ・ライト)のことではない。
どうやらディシディアにおいても仲間からはライトと呼ばれているようである。
ちなみに「ライトさん」とさん付けをしているのはラグナ。こちらはVer1.010時点ではまだ参戦していない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • バーストってそういう意味だったのか!仲間内ではロードオブアームズはロドアって呼んでるなぁ - 2017-03-11 (土) 04:35:29
  • ブリーフィング時に名指し拒否されて負けた挙句に自分が3、4位でした奴が6位とかだとイラついてしょうがない - 2017-03-20 (月) 23:54:42
  • ↑まぁ気持ちはわかるが、ここで言うことじゃないだろそれ。拒否チャが低順位なのはお約束だから俺は心の中では鼻で笑ってるぞ - 2017-04-03 (月) 14:15:58
  • そうそう、そういう場合はなんか戦犯がほざいてるわぐらいに思っとけ。でも流石に自分がかましたら流石に一言謝るようにはしとけ - 2017-04-03 (月) 21:45:47
  • ハルナツ:閉所恐怖症ってやつ、HP技を喰らう度に拒否チャしてくるんだけど - 2017-05-07 (日) 22:54:10
  • 晒しは他所でやれ - 2017-05-07 (日) 23:08:43
  • 晒された側はビビッて名前変えちゃうからね。あまり晒さぬ方が良いぞ - 2017-05-08 (月) 00:05:24
  • すごい今更な質問なんですが養殖ってどういう意味なんでしょ… - 2017-05-21 (日) 18:23:54
  • 3バーや2バーでめちゃくちゃ強い味方に介護してもらってクラス上げることじゃね?RPGならパワーレベリングは意味あるけどアクションゲーではなあ - 2017-05-21 (日) 19:21:16
  • トットは11でも使われてたけど - 2017-06-13 (火) 18:40:48
名前:


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成   ヘルプ   最終更新のRSS
下部メニューへ
Counter: 28250, today: 6, yesterday: 47

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

ヒーローサイド

ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

アーカイブ

最新の70件
2017-07-23 2017-07-22 2017-07-21 2017-07-20 2017-07-19 2017-07-18 2017-07-17 2017-07-16 2017-07-15 2017-07-14 2017-07-12 2017-07-11

メニューを編集

img
テスト用ページ
テンプレ

当wikiに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


Last-modified: 2017-04-03 (月) 03:10:01 (111d)