前作との違い

PS4基盤のアーケードゲームとなったことで、グラフィックが飛躍的に進化。
また、対戦人数も1対1から3対3となり、大きく変貌を遂げた。
しかし、ベースとなるブレイブシステム・基本的な操作方法は前作を踏襲しており、前作のファンも違和感なく遊べるようになっている。


変更されたシステム

ガード

前作ではガードに成功すると、敵の攻撃を弾いた上、相手を大きく仰け反らせ攻撃のチャンスとなったが、今作ではガードに成功してもガード状態のまま距離が開くだけとなった。
また、ガードに耐久度が追加され、ガードし続けていたり、敵の攻撃を連続でガードし続けるとガードブレイクし、一定時間行動不能になるようになった。

ダッシュ

前作では「ダッシュ(ロックオンした敵を追尾)」と「マルチダッシュ(スティックを動かしている方向にダッシュ)」の2つのダッシュがあり、カスタマイズでどちらかを使い分けていた。
しかし今作では、ニュートラルR1でロックオンダッシュ、スティックを倒しながらR1でフリーダッシュとなり、状況に応じて2つのダッシュを使い分けられるようになった。
また、今作ではダッシュするとダッシュゲージを消費するため、定期的に地上に降りる必要がある。

回避(ステップに変更)

回避がステップに変更となり、無敵時間が全く無くなった。
敵の攻撃の誘導を切る効果は残っている。

HP攻撃

複数のHP攻撃の中から、カスタマイズで1つを選択する形となり、前作から大幅に削減された。
一部の技は、新たにブレイブ攻撃として生まれ変わっている。(WOLのシールドオブライトや、クラウドのブレイバーなど。)

召喚獣

前作では、発動すると画面にイラストが表示され、ブレイブなどに影響を及ぼすものだったが、
今作では持っているだけで固有の効果を発揮する他、実際にフィールドに召喚し暴れさせられるようになった。
詳細はシステムを参照。

廃止されたシステム

EXモード・EXバースト

一部は各キャラクター固有のEXスキルとして引き継がれている。
(ティナの「トランス」や、クラウドの「LIMIT BREAK」など。)

アシストシステム

元々、PSPのスペックで擬似多人数対戦を目指したものであり、晴れて多人数対戦へ昇華されたため、廃止された。

ガードキャンセルダッシュ(ガーキャン)

ガードとダッシュが別のボタンになったため、廃止されたと思われる。

コマンドバトルシステム

対戦アクションに特化されたことにより廃止。

デジョントラップ

場外がなくなり、外周もすべて見えない壁になったので廃止されたものと思われる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんで掲示板欄にこれがあるの? -- 2016-08-28 (日) 15:51:24
  • 気にする必要はない -- 2016-12-24 (土) 23:03:37
名前:


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成   ヘルプ   最終更新のRSS
下部メニューへ
Counter: 30671, today: 2, yesterday: 15

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

ヒーローサイド

ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

アーカイブ

最新の70件
2017-07-23 2017-07-22 2017-07-21 2017-07-20 2017-07-19 2017-07-18 2017-07-17 2017-07-16 2017-07-15 2017-07-14 2017-07-12 2017-07-11

メニューを編集

img
テスト用ページ
テンプレ

当wikiに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


Last-modified: 2016-04-01 (金) 20:05:13 (477d)