セフィロス

PROFILE
名前セフィロス
主な登場作品・ファイナルファンタジー7
・Crisis Core ファイナルファンタジー7
・ファイナルファンタジー7 Advent Children
年齢推定23~25歳(享年)
職業ソルジャークラス1st
CV森川 智之
セフィロスについてFF7のラスボス。身の丈以上の長さを持つ刀「正宗」がトレードマーク。
かつて"英雄"と謳われた伝説のソルジャー。
圧倒的な実力とカリスマ性を持ちながらも友人や部下を思いやれる優しい人格だった。
しかし自身の出自を知ると凶変、星を支配する"神"になる事を目論み、数々の災厄をもたらした。

特徴

Type:HEAVY
圧倒的な火力と攻撃範囲を備えたキャラクター。
他のHEAVYタイプより更にダッシュ速度が遅いが、ジャスト入力の練度に応じてその機動力は大きく上昇する。

固有システム「ジャストキャンセルダッシュ」

特定のブレイブ攻撃を敵にヒットさせた後(ガードされても可)、タイミング良くダッシュを入力するとブレイブ攻撃の硬直をキャンセルし、
かつ初動硬直無しでダッシュに移行することができる。(タイミングは技ごとに変化)
入力受付時間は3F(スコールのジャスト入力と同じ)。

アップデート

2017/5/11

  • 残心
     斬撃の発射期間に、わずかに向き補正を設定しました。(ステップで切れる)
     攻撃前の向き補正をステップで切れるように変更しました。
     斬撃の追尾を縦方向のみに変更しました。
     移動操作の可能期間を、2発目を放つまでに変更しました。(その後は慣性で移動)
  • 天照
     攻撃前の向き補正力を調整し、ステップで避ける難易度を緩和しました。(敵が未ステップ時は、ほぼ据え置き)
  • 心無い天使
     攻撃前の向き補正期間を短縮しました。

2017/3/10

  • 天照
     ダメージを下方しました。(528→480)
  • 心無い天使
     攻撃発生タイミングを早くしました。(-17f)
  • ブラックマテリア
     キープ値の発生期間を変更(攻撃判定発生から10f間)

2016/12/22

  • 動地
     射程を短縮しました。(-2m)
  • 一陣(地空共通)
     射程を短縮しました。(-2m)
  • シャドウフレア
     予兆時間を長くしました。(+30f)
  • 震天
     射程を短縮しました。(-2m)
  • 八刀一閃
     攻撃発生を遅くしました。(+5f)
     攻撃前の旋回時間を短縮しました。(-3f)

技一覧

操作方法技名基本威力総威力発生F魔法接触判定
ブレイブ攻撃地上時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.png動地128*3+176560-
前Ⅱ.png>Ⅱ.png一陣(地上)224+320544-
後Ⅱ.pngシャドウフレア432432
空中時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.png震天128*3+17656025F?-
前Ⅱ.png>Ⅱ.png一陣(空中)224+32054444F?-
↓Ⅱ.png残心144*2+160448最終段以外:弱
最終段:中
ダッシュ中Ⅱ.png
前Ⅱ.png
天照64*2+96+25648030F?-
↓Ⅱ.png獄門16*n+464496〜30F?-
HP攻撃Ⅳ.png閃光16*10160-
心無い天使---
ブラックマテリア---
八刀一閃32*7224-
EXスキルⅠ.pngジェノバ---

ブレイブ攻撃(地上)

動地

動地.gif
基本情報前進しながら4連続で斬りつける近距離攻撃。
2段目以降が未ヒットでも任意で派生可能
空中には踏み込まず、崖があるとそこで止まってしまう。
追加効果・激突(正面)
・ジャストキャンセルダッシュ(4段目がヒットする直前)
強み2段目以降も含めたリーチが非常に長い。
攻撃範囲は横に広い。
移動距離が長くカット耐性が高い。
激突させやすい。
弱み発生が他のHEAVYのNブレイブより僅かに遅い。
上への誘導が皆無
左右の誘導が弱い
2段目以降未ヒット時は誘導は付かない
ヒットの有無に関わらず途中止め時の硬直がかなり長い。
入力間隔が短く、外した時に咄嗟に止めにくい
使う上でのポイント

一陣(地上)

一陣(地上).gif
基本情報突進しながら切り払う2連撃。
空中には踏み込まず、崖があるとそこで止まってしまう。
追加効果・激突(正面)
・ジャストキャンセルダッシュ(2段目がヒットする瞬間)
強み突進距離が非常に長い。
突進速度が速い。
弱み発生が遅い。
上方向への判定がほぼ無い。
左右への誘導が貧弱。
使う上でのポイント優秀な突進速度と突進距離を活かして中距離からのカットや差し込みや見ていない相手の闇討ちとして使用する。
スコールの「ブルータルシェル」の様な挙動だが、地上技なので上に飛び上がる事はなく判定も薄いので少し浮かれただけで当たらなくなる
逃げている相手にも追いつけるため直線状にいる相手のダッシュモーションを確認してから技を出すとダッシュの初動を捕らえることができる。
突進前のタメが分かりやすく、こちらを見ている敵へ無暗に使うとあっさりかわされて反撃されるので注意。

シャドウフレア

シャドウフレア.gif
基本情報相手の位置に闇の爆発を発生させる中距離攻撃。
追加効果・吸引
強み
弱み発生が遅い。
硬直が大きい。
使う上でのポイント基本は吸引を生かして固まってる相手を動かすのに使う。
全体動作が長めなので乱用厳禁。

ブレイブ攻撃(空中)

震天

震天.gif
基本情報前進しながら4連続で斬りつける近距離攻撃。
2段目以降の派生は未ヒットでも任意で継続可能。
追加効果・激突(正面)
・ジャストキャンセルダッシュ(4段目がヒットする直前)
強み2段目以降も含めたリーチが非常に長い。
攻撃範囲が横に広い。
移動距離が長くカット耐性が高い。
激突させやすい。
弱み発生が他のHEAVYのNブレイブより僅かに遅い。
上下誘導が皆無
左右の誘導が弱い
2段目以降未ヒット時は誘導は付かない
ヒットの有無に関わらず途中止め時の硬直がかなり長い。
入力間隔が短く、外した時に咄嗟に止めにくい
使う上でのポイント現在のセフィロスの主力技
2段目以降も含めた非常に長いリーチを活かして遠方のステップ硬直も悠々と狩れるため、他のキャラでは考えられない距離の硬直もとっていくことが可能。
突進速度も非常に速いので、ジャストキャンセルダッシュを含めればカットもかなり困難となる。
しかし、出し切らない場合の硬直がかなり大きいため、外した場合のリスクがかなり大きい。確定所以外はむやみに振らないようにしよう。

一陣(空中)

一陣(空中).gif
基本情報突進しながら切り払う2連撃。
追加効果・激突(正面)
・ジャストキャンセルダッシュ(2段目がヒットする瞬間)
強み突進距離が非常に長い。
突進速度が速い。
弱み発生が遅い。
上下左右ともに誘導が貧弱。
二段目派生を遅らせると相手を落としてしまう。
使う上でのポイント中距離からのカットや差し込みや見ていない相手の闇討ちとして使用する。
逃げている相手にも追いつけるため直線状にいる相手のダッシュモーションを確認してから技を出すとダッシュの初動を捕らえることができる。
似たような技であるスコールの「ブルータルシェル」と比べて射程が長く上下に弱い。
突進前のタメが分かりやすく、こちらを見ている敵へ無暗に使うとあっさりかわされて反撃されるので注意。
不具合か仕様かは不明だが二段目への派生を遅らせると相手を落としてしまうことがある。

残心

残心.gif
基本情報剣圧波を3発飛ばす中距離攻撃~
追加効果・グライド
強みグライド出来るので比較的低リスクに攻撃できる。
弾の判定が上下に強い。
ステップで誘導を切られなければ銃口補正が強め
弱み射程が短い。
誘導が弱い
一度入力で最終段まで出しきってしまう。
使う上でのポイント中距離での牽制、カットなど使いどころはかなり多い。
全段命中すればそれなりの火力がでるが、一度入力してしまうと出しきるまで行動出来ないので良く周りを確認してから使うこと。
一発放つごとに若干銃口補正がかかり直すので、距離にもよるが相手が初段をステップで避けた場合二段目以降が命中したりする。

ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃)

天照

天照.gif
基本情報突進から対空斬撃に繋げる中距離攻撃。
未ヒット時は斬り上げまで派生せず、突進部分のみで終了する。
地上、空中の区別はなく、どこで出しても性能は変わらない
技後は必ず空中判定になる。
追加効果・激突(斜め上)
・ジャストキャンセルダッシュ(2段目の上昇が止まる直前)
強み突進距離が長い。
左右の誘導が非常によく、上下もほかの技よりは比較的誘導が良い
外した時の硬直がセフィロスの技の中でもかなり短い。
弱みヒットすると勝手に出し切って敵を吹き飛ばしてしまう。
敵を上方向に大きく吹き飛ばすため場合によっては追撃が難しくなる。
キープ値が出るのが遅い。
使う上でのポイント主に中近距離の敵を素早くカットしたり、吹き飛ばしたい時に使う。
セフィロスの近接ブレイブの中では一番外した時の硬直が短いので気軽に振れる方ではある。
ジャストキャンセルダッシュができると「敵を孤立させて一気に壁際の空中で読みあいに持ち込む」という動きをスムーズに行うことが可能。
他キャラの出っぱ系の技のように踏み込みに素早くキープ値が発生しないので、強引に当てるのには不向き。

獄門

獄門.gif
基本情報降下しつつ、刀を地面に突き刺す近距離攻撃。
前作と同様に、降下中にボタンを離すことでその場で斬撃を放ち、降下を中断できる。
地面まで降下しきると、衝撃と共に地面が大きく隆起する。
追加効果・激突(斜め上)
・ジャストキャンセルダッシュ(通常版:2段目がHITした瞬間
 長押し版:着地してワンテンポ置いた後)
強み降下中はキープ値が持続する。
弱み真下に落下するため位置調整が難しい。
使う上でのポイント主に下方向の敵を狙うか、コア割に使用する技。
地面まで出し切ればコアを一段階割れるので、セフィロスの貴重なコア割技でもある。

HP攻撃

閃光

閃光.gif
基本情報カウンター判定を持ったシールドを展開した後、居合で連続的に斬り裂く近距離ガード技。
カウンターに成功すると二段目の突進距離が延び、無敵が付与される。また、カウンターに成功しなくても自動的に二段目に派生する。
追加効果・ガード判定
強みHP部分の判定が横に広いため複数ヒットが比較的狙いやすい。
カウンター判定を持ちながらも二段目は派生するため一定の役割は持てる。
カウンター成立時の突進距離や速度が非常に優秀。
カウンター成立時には技の終わりまで無敵になる。
弱み他のカウンター技と比べてガード判定の持続が短い。
二段目の発生までガード判定が持続しない。
ガード成立時、不成立時に関わらずHP攻撃部分を出しきるまでその場から動かないのでサーチ攻撃が確定する。
また、二段目が外れてもヒット時と同じ挙動をとってしまうので上記の通りサーチ攻撃が確定してしまう。
カウンター不成立時の二段目以降の上下の誘導が弱い(特に上方向には皆無)。
カウンター不成立時はジャストキャンセルダッシュをしないと激突からは確定しない。
また、カウンター不成立時は無敵が無い為、HP攻撃部分までの動作が長く無防備なためカットされやすい。
使う上でのポイント主に敵の大きな後隙狩り、カウンター判定を利用して飛び道具に対しての抑止やブレイブ攻撃が長い相手に対するカットとして使用する。
上方向には全く食いつかないが下方向には若干食いつくので、カウンターせずに当てる場合は相手が自分のやや下に行くようにするとよい。
カウンター不成立時の発生は遅いため壁激突からはジャストキャンセルダッシュ成功かつ距離限定でないと繋がらない。
ジャストキャンセルダッシュができない場合はステップ狩り気味に引っ掛けると当たる見込みがある。
ただしカウンター判定消失後から二段目発生まで、二段目発生後からHP攻撃部分までの二回カットできるタイミングがあるため注意。
また同期ズレで二段目のエフェクトが発生しなかったり、エフェクトは発生しているもののヒットしていないなどがある点も注意。

心無い天使

心無い天使.gif
基本情報刀に黒い羽を纏わせ、横に一閃する近距離攻撃。
地上、空中版の区別があり、地上で出すと空中に一切踏み込まない性質がある。
追加効果・デバフ「死の宣告」(20秒後にブレイブブレイク)
強みデバフが強力
左右の補正が強い。発生が早い。確定までがセフィロスの技の中では最も早く、カットされにくい。
弱み発生が非常に遅い。
上下方向への誘導が皆無。
使う上でのポイントジャストキャンセルダッシュを高い精度で出来る上級者向けの技。
発生が閃光より遅く、その割には伸びが弱いため生当てがかなり難しい。
この技もジャストキャンセルダッシュしないと壁からコンボで入らないのでしっかり練習しよう。
3/10のアップデートで発生が17f早くなり、八刀一閃より少し遅い程度の発生になったため、非ジャストでも壁激突から確定するようになった。
上方向にはそこそこ、横方向には非常に強い誘導を持つので相手のやや下を取るようにしていると当てやすい。

ブラックマテリア

ブラックマテリア.gif
基本情報相手の位置に巨大な隕石を落下させる遠距離攻撃。
隕石は何かに当たるまで降下し続ける。
追加効果
強み発生保証が早い。
キープ値発生が早く、持続も技の終わりまでと非常に長い。
サーチ技の中では範囲が広い。
弱み着弾までが遅い。
発生のわりに射程が短い
隕石は何かに当たると消える為、2枚抜き等複数のターゲットにあたることがほぼ起こらない。
使う上でのポイント発生が遅い以外は上から降らせるタイプの比較的普通のサーチ技。
後隙の大きなHP技にはさせるが、ヘビーのブレイブ出し切りにさせるかは微妙。
隙に差し込むよりも、範囲の大きさを活かしてややばら撒き気味に使うのがいいだろう。

八刀一閃

八刀一閃.gif
基本情報初段ヒット後、連続で斬撃を放つ近距離攻撃。
地上、空中の区別はなく、どこで出しても性能は変わらない。
追加効果
強み発生が早く、激突からジャストキャンセルダッシュ無しでつながる
初段は上方向への判定が厚く、1キャラ分程度上にいる相手にも初段がヒットする
2段目以降HPダメージ確定までキープ値が持続するのでブレイブでカットされない
最終段手前まで前進し続けるので誘導範囲控えめの攻撃が横から来ても外れやすい
弱み上下の射角が狭い。
下への判定が薄い。
発生の割に初段の突進距離がやや短い
初段ヒットからHP攻撃部分確定まで2秒弱かかる。
攻撃時間の長さから技によっては簡単にカットされる
使う上でのポイント突進距離や乱舞技という性質上、カインの竜牙竜爪やクラウドの超究武神覇斬(通常時)のような感覚で使用できる。
ジャストキャンセルダッシュ無しでも激突からつながるため、決定力は高い。
ジャストキャンセルダッシュ成立時はかなり遠目の位置からでも確定するためもちろん出来るに越したことはない。
ただし誘導性能がやや低く、突進距離もさほど長くはないため確定箇所以外での使用は控えた方がいい(と言ってもセフィロスの近接HPの中では一番外した時の隙が無いのだが)
また、演出時間の長い乱舞技の宿命として後隙を狙いやすいため注意。
七段目から最終段移行時の上昇モーション中のごく僅かな時間に無敵が付いているがリミブレ超究や踊り子(つるぎのまい時)などとは違い基本はキープ値持続のため持続の長い技でカットされる可能性があることには注意。

固有EXスキル

ジェノバ

ジェノバ.gif

効果時間:20秒 リキャストタイム:75秒
効果時間中自身の周囲に結界を展開し続け、結界の中にいる敵の移動速度をダウンさせる。
バフなのかデバフなのかわかりづらいが、「近づいた敵にデバフを付与するバフを自身に一定時間付与する」ので、効果時間を伸ばすならグッドタイム。
結界の外に出ると移動速度ダウンは解除される。

コンボ

立ち回り

震天、一陣と近接ブレイブのリーチが非常に長く、通常のヘビーより悪い足回りに反して敵を捕まえる性能は全キャラトップクラス。
相手に逃げる暇も与えないようしっかりとJCDを成功させて猛攻をしかける。
ブレイブ攻撃のリーチが破格なため、相手の視覚外からの闇討ちが非常に強力。闇討ち特化とJCDで敵陣を乱そう。
反面ほとんどの近接ブレイブは外した時の硬直が非常に長いせいで無闇に使うことができない。やはり他ヘビータイプ同様、カバーして貰える味方の近くにいることが重要である。
また、上下に強い技が一切ないせいで高低差をつけて詰められるとつらい。きちんと対応できるように高度の管理はしっかりしよう。
闇討ちが強力なだけに、よりタゲが集まりやすい。
前線に立つだけで味方のタゲが薄くなる上、味方が暴れていてこちらのタゲが薄くなれば今度はセフィロスが暴れられる。
高度、ターゲットライン、ダッシュゲージの管理が勝敗を分ける。

セフィロス対策

とにかく一度捕まると逃げられない。これに尽きる。攻撃が広範囲でしかもヘビーの割によく動くのでカットもしづらいのが厄介。
また火力が高いのでブレイブを溜め込んでいることも多い。

キャラ対策

WOL

SOLにより全キャラ対等に渡り合う万能キャラ。
セフィロスにとってはかなり苦手なキャラ。
セフィロスの技は発生が遅いものばかりなので盾を置かれるだけで手が出せなくなる。
リーチに関しては圧倒的にこちらの方が有利なので闇討ち、カットを基本に対処していこう。
ただし一陣や残心の使用は控えよう。そのどちらも見てから盾で防がれてしまう。

ガーランド

上下に強いチェーンバンプがあるため空中戦で高度をずらされたら少々厳しいキャラ。
残心で攻撃を揺さぶりながら隙をついていく。
SOCが乗ってしまうと簡単には対処できないが、セフィロスお得意の闇討ちでダウンさせよう。
一度ダウンさせればSOCの効果時間が進み、元に戻りやすくなる。

フリオニール

基本地上にいるフリオニールと、上下が弱く基本空中にいるセフィロスでは震天、一陣をすかしやすい。
敵の間合いに入ってしまうと他のキャラ以上に抜け出しにくいので、残心で対処しよう。
仲間が捕まっている時でも、残心がベスト。カット値はヘビーなので相手は必ず仰け反る。
ただしロードオブアームズには注意が必要。
震天や八刀一閃に差し込まれてしまうので、使用する場合は相手がフリーでないことを確認する。

オニオンナイト

素の状態なら特に問題なし。牽制に注意しつつ有利な間合いを保とう。
忍者の場合は、足回りが速くなり上下も取られやすいので注意。
発生の速さや技の判定がオニオンナイトの前にあり、震天 一陣が通りにくくなっている。
ただし、その分カットに弱いのでそこをついていこう。
賢者の場合は、遠くで放置しているといつの間にか致死を溜めている。
攻撃をかいくぐりこちらの間合いまで詰めれば問題ない。
テレポ等で逃げられるなら再度詰めれば問題ないが、
ジョブチェンジで忍者に変身してくる場合は返り討ちに合わないよう気を付けよう。

セシル

暗黒騎士の場合は、上を取って獄門、その他奇襲で攻めればいい。
そのまま正面から攻めるとあんこくの餌食となるので注意。
下手に距離を詰めすぎると今度はシャドウブリンガーが脅威となる。
パラディンの場合は、逃げるが吉。常に上下を取ってくるので下手に攻めるのは逆効果。
幸い敵を捕まえる能力においてはレイウィングスくらいなので相手が同高度まで来るのを待とう。
セイントダイブの隙を狩ろうとしたら、こちらにセイントダイブを放ってきた。ということが少なからずある。
近づきたくなければ残心で牽制するのが一番。

カイン

固めが辛いスピードキャラ。
発生に関しては全て負けるが、リーチは圧倒的に勝っているのでそこを利用しよう。
溜めサイクロンからの高火力コンボに注意。
相手のジャンプがⅢまで溜まっているのならブレイブの隙ではなく、閃光 八刀一閃の隙を狙ってくる。
ジャンプに倒されたくなければカインの射程外で戦うか、カイン自体を狙おう。

バッツ

気を付けるべき技は竜騎士によるカウンター。
震天、一陣とモーションを見てからでも割と間に合うのでバッツが地上にいるときは下手に攻めるのは良くない。
空中では特に脅威となる技がない。強いて言うならマスター済みの忍者程度。
空中に出てくるのを待ち、闇討ち気味で攻めよう。

ティナ

キープ値で突破するのは難しいので、トルネドを撒かれるだけで攻めることができない。
幸いJCDができれば、硬直に刺してくるようなことは無いので放置しても問題ないが、仲間がサーチ等に弱ければ、自分が見るのも一つの手。
自分の他にスピードタイプがいれば任せるに越したことはない。
ただし八刀一閃でさえメテオにカットされるので、もし相手のティナがこちらを狙ってくるのであれば、ティナ自体を狙おう。
閃光であれば一気に有利に立てる相手である。

ケフカ

ぐんぐんブリザガやくねくねファイガが鬱陶しいキャラではあるが、一陣の間合いさえ保っていれば、溜めモーションを見てから差し込める。
コアもどきも非干渉なので残心が刺さる。
ケフカは対近接においてはかなり迎撃に強いほうだが、セフィロスなら対処は十分に可能。しっかりと相手の動きを見よう。

クラウド

宿敵。
溜め技による「置き」や「待ち」が強いキャラ。
他のキャラでは少々辛いが、こちらにはリーチの差があるのでそこを活かしていこう。
スピンドライブによるキープ値も、こちらがヘビータイプなので活用できない。
相性としては五分なので腕の違いが勝負を分ける。
超究武神覇斬で倒されても「私は、思い出にはならないさ」しつこく追いかけよう。

セフィロス

同キャラは不毛と言われているがこのキャラも例に漏れず不毛。
互いに一陣、残心の間合いを保っているので膠着状態が解けない。
たとえ閃光と八刀一閃だったとしても、閃光側はHP攻撃、八刀側はブレイブ攻撃を出しづらくなり、
読みあいの範疇ではあるがやはり不毛。
大人しく闇討ちでカットに心がけよう。

スコール

かなり苦手な相手。
立ち回り、技の性能が似たような両者なので、見合っていては不毛。
発生、足回りで不利がついてるので、やはり正面から攻めるのは得策ではない。
しかし、八刀一閃はラフディバイドでのカットが簡単なのであまり放置しておくのも少々危険。

ジタン

天敵。
自分が何をしようと、相手は上下を取ってくる上に、上下を取ること自体がジタンの強みなので決して自分からは仕掛けないこと。
カットする時も、ジタン自身は上下に動くので高度調整が必要。
相手は飛び道具を持っておらず、一方的に残心で迎撃も可能だがうまくかいくぐられると自分が痛い目見る。

クジャ

上下に強い技を持ち、攻撃判定だけを飛ばしてくる厄介な相手。
攻めるにおいては少々苦手だが、クジャはカットに弱く飛び道具も持たないため一陣での闇討ち、残心によるカットで十分対処は可能。
ただしクジャ自身のスキルの関係上、クジャ自身は前に出ず、こちらから攻撃せざるを得ない状況を作り出す。
その場合はクジャを直接狙うのではなくまず他の敵を狙い、カットしにきたクジャを狙うほうが良い。
相手がホーリースター持ちなら、残心の乱用は禁物。
フォースシンフォニーであればヴァンやライトニング同様、一陣の多様は禁物。

ティーダ

リープでうまくこちらの攻撃をかわし反撃してくる。
震天や一陣で攻めるのではなく、多少上下に誘導がある天照。優秀な遠隔の残心で牽制する。
既に相手の間合いまで詰められていたら大人しくガードしよう。

シャントット

正面から攻めようとするとフリーズ、トルネドなどの弾幕で簡単には近寄れない。
上を取ってから獄門で攻めるか、闇討ちで対処しよう。 セフィロス自身ブチ切れ時の方が対処はしやすいが、
広いステージ、味方の編成によっては逆効果なのでブチ切れさせるときは注意が必要。
閃光ならより対処はしやすい。
だが自分が高ブレイブを持っている時は、相手も易々と魔法を撃ってはこない。

ヴァン

クルエルアズールとグラウンドゼロに注意。
下手に一陣を振るとそのどちらでも見てから反撃される。残心もグラウンドゼロの餌食。
レッドスパイラルは逆に震天は振りづらい。もしすかしてしまうとレッドスパイラルがほぼ確定してしまう。
しかし一陣の突進速度で突っ切ることができる。
ディープハザードは無闇に一陣を振るのはよそう。タイミングが悪ければ自分から突っ込んでしまう。
カラミティドライブは厄介。ダッシュ硬直にも刺さりやすく、位置によっては残心を見てから確定する。
セフィロス自身も空中が主戦場なのでヴァンが地上付近にいる場合は注意する。
メルトクリムゾンはブレイブの隙には基本当たらない。ガードしてしまった場合はステップかダッシュかの二択を迫られてくる。
ファイアやサンダーによる牽制も優秀で、しっかりと読み勝つ力が必要になる。

ライトニング

BLAでの牽制、ATKでの発生でこちらに対して揺さぶりをかけてくる。
相手のオプティマに注意してこちらも震天 天照で攻めるか、残心で牽制する。
特に上下に強くはないが雷光斬にだけ注意。ヴァンと同じく下手に一陣をすると反撃される可能性がある。

ヤ・シュトラ

残心のみで対処可能。
ストーン、ルインはグライドで避けることができ、ウイルス、エアロは弾速が遅いので残心を発動してしまっても距離が離れていればガードが間に合う。
下手に近接を振るとエアロラ→ランスオブライフのコンボを仕掛けてくるので壁激突が見込めない場合は残心以外は振らないようにしよう。

ラムザ

叫んでいない開幕はできるだけシャドウフレアで牽制しよう。
また叫んでいてもこちらのタイプはヘビーなのでキープ値で耐えられることはない。ある程度の対処は可能。
ただしあくまで読み勝つ必要があるので下手に突っ込みたくない時は、残心でも可。

エース

自衛択が少ないので気軽に攻められる。
ファイアRFのステップ狩りやタワーレーザーの自衛に注意。特にサンダーSHGの技範囲はセフィロスの得意高度と同じなので、攻撃をすかされSHGで返り討ちにならないように。
戦う時は高空で戦いたいがエース側は地上にいることが多い。
天照で上空に連れ去ってもいいが、セフィロス自身も上空でのプレッシャーに欠けてしまう。

オススメEXスキル

・マイティストライク
ほぼ全ての近接ブレイブが1000ダメージ超えで必殺の一撃と化す。
闇討ち・運び性能の高さとも好相性。

・HPリジェネ
近接キャラの基本スキル。
前衛故に増えがちな被弾をカバーする。

・スタミナブレイク
ジェノバと組み合わせて長時間敵の機動力を奪い、PTの決定力を上げる。
低空での戦いに持ち込みやすい。
通常ダッシュの性能が低い分他キャラよりデバフをかけに行くことのリスクが大きいので、
他のパーティメンバーが装備していた場合はなるべく譲るようにしよう。

コメント

1ページ目:コメント/セフィロス

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑2おいそのダガーしまっとけ - 2017-09-20 (水) 21:24:18
  • ↑3 ???「私はなにからも逃げるつもりはない!」 - 2017-09-21 (木) 07:37:22
  • ↑4「残念だ」 - 2017-09-21 (木) 09:59:07
  • やはりここのコメ欄も変態しかいないじゃないか - 2017-09-21 (木) 12:33:06
  • 「まともなのは僕だけか・・・!?」 - 2017-09-22 (金) 12:26:34
  • ↑???「ボートを用意しろ、一人乗りでいい」 - 2017-09-22 (金) 15:49:03
  • 「まともなのは僕「ひとつ頼もう - 2017-09-22 (金) 16:07:26
  • 「何が違ったって言うんだ...」 - 2017-09-22 (金) 18:43:22
  • 八刀と閃光の使い分けってどう使い分ければいいんですか? - 2017-09-23 (土) 12:24:17
  • 八刀はマイストかシルブレだとNブレor前ブレ→八刀で基礎値からブレイク込み致死、ステップを見てから狩れる、味方の固めも取りやすい、出始めをサーチHPで取られにくい。閃光はカウンターHPでありながら激突と召喚で安定してブレイブを吐けるという独自の強みがある。セフィロス以外がシュートを見る編成なら八刀が良い。逆にセフィロスがシュートを見る編成なら閃光。相手にシュートが来そうにない編成なら好みの問題。 - 2017-09-23 (土) 13:00:42
名前:


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成   ヘルプ   最終更新のRSS
下部メニューへ
Counter: 149659, today: 154, yesterday: 237

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

ヒーローサイド

ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

アーカイブ

最新の70件
2017-09-23 2017-09-22 2017-09-21 2017-09-20 2017-09-19 2017-09-18 2017-09-17 2017-09-16 2017-09-15 2017-09-14 2017-09-13 2017-09-12 2017-09-11 2017-09-10

メニューを編集

img
テスト用ページ
テンプレ

当wikiに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


Last-modified: 2017-08-14 (月) 23:34:00 (39d)