ジタン・トライバル

PROFILE
名前ジタン・トライバル
主な登場作品・ファイナルファンタジー9
年齢16歳
職業盗賊(劇団員)
CV朴璐美
ジタンについてFF9の主人公。劇団稼業を隠れ蓑にした盗賊団「タンタラス」の一員で、リーダーのバクーに拾われて育った。
育った環境もあってか性格はお調子者かつ陽気で、妙齢の女性は挨拶のように口説く一方、仲間思いで面倒見がいい。
アレクサンドリア国のガーネット姫を誘拐する任務を機に、物語は大きく動き出す。

目次

特徴

Type:SPEED
戦場をかく乱しつつパラメーターやブレイブを奪うことを得意とする盗賊。
その素早さと高めのブレイブ火力を活かし、複数の敵にデバフを与えつつブレイブもどんどん奪っていくヒット&アウェイの戦術を得意としている為、デバッファーの役目が主となる。

アップデート

2017/8/9

  • ぬすむ/ぶんどる
     未ヒット時の攻撃後の硬直時間を短縮しました。(-15f)
  • フリーエナジー
     攻撃判定サイズをアップしました。(半径+0.2m)
     爆発発生数を削減し、前方向の射程が変わらないように調整しました。
     攻撃後の硬直時間を短縮しました。(-10f)
     キープ値の持続時間を短縮しました。(-10f)
  • ソリューション9
     攻撃の持続時間を短縮しました。(-1f)
     攻撃後の硬直時間を短縮しました。(-6f)
     キープ値の持続時間を短縮しました。(-3f)

2017/6/15

  • スクープアウト
     突進距離を延長しました。(+1m)
  • ぬすむ
     ブレイブダメージを付与しました。(80)
     コア破壊力を付与しました。(5回で全破壊) ※ぶんどると同じ

2017/3/10

  • ランブルラッシュ
     ダメージを下方しました。(512→496)
  • ブースター8
     ダメージを下方しました。(496→480)
  • ストラサークル5
     ダメージを下方しました。(448→432)
  • スイフトアタック
     初段:上下射角を狭くしました。(-5度)
     ダメージを下方しました。(512→496)
  • スクープアウト
     初段:突進距離を短くしました。(-1.2m)
     ダメージを下方しました。(496→480)
  • ミールツイスター
     ダメージを下方しました。(496→480)
  • フリーエナジ―
     爆発ひとつひとつのサイズを縮小しました。(半径-0.5m)HPダメージ判定(-0.2M)
     前方に発生する爆発の数を変更しました。(4個→5個)
     ※個数変更に伴い、最大射程に攻撃判定が発生する時間が遅くなります。(+1f)
     魔法接触判定のタイプを変更しました。 (非接触・カウンター可)
     ダメージを下方しました。(160→64)

2016/12/06

  • タイダルフレイム
     キープ値の発生タイミング、持続時間を調整しました。
     攻撃発生位置を前方にずらしました。
     ガード&ステップによるキャンセル可能タイミングを遅くしました。(+18f)
     ホーミング性能を下方しました。
     弾の速度を遅くしました。
     地形との接触判定を大きくしました。

2016/11/24

  • タイダルフレイム
     攻撃発生を早くしました。(-21f)
     初速をアップしました。
     ホーミング性能を強化しました。
     地上で放っても空中に向かうようにしました。
     攻撃判定の高さを縮小しました。
     地上版、空中版合計で、最大1つ存在できるようにしました。
  • シフトブレイク
     予兆発生を遅くし、予兆時間を短くしました。(総合して、攻撃発生が3f遅くなりました)
     ガード&ステップによるキャンセル可能タイミングを早めました。(-20f)
     最大射程を延長しました。(横+5m、上下+5m)

2016/9/28

  • スイフトアタック
     初段の射程を1m延長。
  • フリーエナジー
     爆発の発生間隔を短縮し、より早く相手に着弾するように。
     ブレイブダメージ付与。(160×1)

2016/6/30

  • ぬすむ
     バフ効果の低下(移動速度1.1倍⇒1.05倍)。
     デバフ効果の低下(攻撃・防御0.85倍⇒0.9倍、移動速度0.85倍⇒0.95倍)。
     効果時間の短縮(25秒⇒15秒)。
  • ぶんどる
     バフ効果の低下(移動速度1.15倍⇒1.1倍)。
     デバフ効果の低下(攻撃・防御0.75倍⇒0.8倍、移動速度0.75倍⇒0.9倍)。
     効果時間の短縮(25秒⇒15秒)。
  • フリーエナジー
     旋回時間の延長。
  • シフトブレイク
     デバフ効果の低下(スリップダメージ600⇒360、移動速度0.8倍⇒0.95倍)。
     攻撃発生直前のキープ値低下。

2016/5/26

  • ランブルラッシュ
     初段、二段目のヒット時のキャンセルタイミングを鈍化。(ハメ対策、空振り時には影響なし)
  • ストラサークル5
     コア破壊力の低下。(全壊に6hit必要)

2016/4/21

  • ランブルラッシュ
     威力の低下。
  • スイフトアタック
     威力の低下。
  • タイダルフレイム
     弾速の上昇。
     最大射程の短縮。
     地上で発射した際も空中に飛び出すよう変更。
  • ソリューション9
     ソリューション9によるトランス中に再度ヒットさせた場合、効果時間がリセットされるように変更。(サイレント修正)
  • トランス
     リキャストタイムの短縮(120秒→75秒)。

2016/2/23

  • シフトブレイク
     雷のエフェクトが追加され、予兆が見やすくなるよう改善。

2016/2/12

  • シフトブレイク
     吸引効果の減少(約10%減)。
     吸引範囲の減少(約30%減、半径6m)。

2016/02/04

  • スイフトアタック
     上下射角を強化。
  • ストラサークル5
     攻撃動作がステップ&ガードでキャンセル可能に。
  • ぬすむ
     上下射角を強化。
     バフ&デバフの効果時間延長。
     デバフの効果値減少。
  • ぶんどる
     上下射角を強化しました。
     バフ&デバフの効果時間延長。
     バフ&デバフの効果値上昇。
  • フリーエナジー
     性能を一新。
     爆発が前方に連続で発生するようになり、射程が延長された。
     上下射角が付与され、ある程度の高低差をカバーすることが可能に。
  • シフトブレイク
     性能を一新。
     渦の発生位置が【自身の前方】から【相手位置】に変更。
     ボタンの長押しで発動タイミングが調整可能になり、それに伴いステップによるキャンセルは不可能に変更。

2015/12/16

  • ストラサークル5
     激突システムの変更に合わせ、吹っ飛び速度、距離上昇。

技一覧

操作方法技名基本威力総威力発生F
ブレイブ攻撃地上時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.pngランブルラッシュ96*2+128+176496
↑Ⅱ.png>Ⅱ.pngブースター816*2+160+288480
↓Ⅱ.pngストラサークル5432432
空中時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.pngスイフトアタック80*2+48*2+96+144496
↑Ⅱ.png>Ⅱ.pngスクープアウト192+288480
↓Ⅱ.png>Ⅱ.pngミールツイスター96*3+192480
ダッシュ中Ⅱ.pngぬすむ(ぶんどる)80(224)80(224)
HP攻撃Ⅳ.pngフリーエナジー6464
タイダルフレイム--
シフトブレイク--
ソリューション9--
EXスキルⅠ.pngトランス--0

ブレイブ攻撃(地上)

ランブルラッシュ

ランブル.gif

ナイフと蹴りで畳み掛け、X字斬りで吹き飛ばす近距離攻撃。
【追加効果】
・激突(斜め上)
【強みと弱み】
強み
発生が非常に速く、踏み込みも強め。
弱み
初段以外は全然動かないので、カットには注意が必要。
【扱い方】
ジタンというキャラの性質上出番は少ないものの、近距離においての優秀な択。
発生の速さもあって途中止めやNブレイブキャンセルが非常に強力で、動かないことも味方に拾ってもらうことを考えれば強みにもなり得るといういいことずくめの技。
ただしほとんど移動しない上に出しきりまでが長いのでミニマップをよく見ること。

【フレーム表】

ブースター8

ブースター.gif

相手方向に突進し、薙刀で斬り上げる中距離攻撃。ヒットの有無に関わらず技後は空中に移動する。
【追加効果】
・激突(斜め上)
【強みと弱み】
強み
突進中、キープ値が持続するため撃ち合いに勝ちやすい。
ジタンの技では珍しく、前方向への伸びが強い。
常に移動しながら攻撃するので、反撃を受けにくい。
弱み
上方向への誘導はほぼない。
技のスピード感とは裏腹に激突力はさほど高くない。
【扱い方】
発生が遅いものの間合いがかなり広いので、相手の隙を突くような使い方が主。
突進中はキープ値が出っ放しの為shootの各設置技を突き抜けて攻撃できる。
モーションの関係上突進距離と実際の移動距離に多少の差がある上に外した際の隙は大きいので、射程はしっかり覚えておこう。
上記の通りトルネドなどをキープ値によって突破したり、相手のステップに合わせて出すなど使えるタイミングは結構多い。
崖からは飛び出さないが下り坂だと空中に飛び出すので、無為に隙を晒さないよう頭に入れておきたい。

【フレーム表】

ストラサークル5

サークル.gif

竜巻をまといながらその場でコマのように高速回転する近距離攻撃。回転中も任意の方向に移動可能。
攻撃中はいつでもステップキャンセル可能。
【追加効果】
・吸引
・激突
【強みと弱み】
強み
ジタンを覆うように縦長の攻撃判定が常に出ており、乱戦や上方向への敵の迎撃に優れている。
単発技のため、相打ちになってもブレイブを多く削り敵を遠くへ吹っ飛ばす。
任意のタイミングでキャンセルできるため、硬直を狩られ難い。
一応キープ値が常に発生しており、shootの攻撃ならのけぞらない。
弱み
近接相手には無敵というわけではなく、判定が前方に突出している技だと一方的に打ち負ける。
当然飛び道具相手には何の意味も持たない。
最後までキャンセルせず出し切ると目が回ってふらつくモーションがあり、その瞬間は無防備。
【扱い方】
自衛の要であり攻防一体の技。上からの強襲へのカウンター、乱戦時に主に使う。
発生がそれなりに早く、その割に判定がデカイためミニマップで敵が密集していたらとりあえず出すと当たることも多い。
激突力もジタンの中では高い。だがステップキャンセルを挟む必要があるのでHPを当てるにはヒットした瞬間からの迅速な判断を要する。
具体的にはフリーエナジーなら壁激突を確認した瞬間キャンセルしないと間に合わず、高さによっては角度の調整もある。
ソリューション9ならもう少し猶予があるものの、反応が遅れたと感じたらそのままもう一度ストラサークル5を当てるという割り切りも必要。
割と出し得感のある強力な技だがheavy全般、他にもカインなど長い得物を突き出すような技を持つ相手には負けることが多いため過信は禁物。

【フレーム表】

ブレイブ攻撃(空中)

スイフトアタック

スイフト.gif

盗賊刀で素早く斬りつけ、連結させた二刀で連撃を繰り出す近距離攻撃。
【追加効果】
・激突
【強みと弱み】
強み
発生が早く、発生からキープ値も出るためshootキャラの技を強引に突破できる。
踏み込みが良好で、近距離ならステップを狩れる。
Nブレイブキャンセルがきくので外しても尚択を迫れる。
二段目以降は盗賊刀を左右に振り回すので横からの近接技によるカットに強い。(狙ってできる程ではない)
攻撃時間がやや長く途中止めによる味方との連携が取りやすい。
弱み
上昇する為、壁激突が起きない事も。
攻撃時間がやや長くカットされやすい。
【扱い方】
ジタンの主力技。発生と踏み込みが優秀で前衛としての要。
アップデートにより射程が伸び使い勝手が大幅に上昇。ステップを狩れる踏み込み、かつNキャンセルが出来る唯一の技になる。
同高度の相手に強いのが特徴だが的にもなりやすいので、カットに使う場合状況を見ながらスイフトなのかぬすむなのか決める必要がある。
出し切るとサーチ技が確定するため、長い攻撃時間を活かしミニマップを確認して出すか止めるかの判断を。(ディレイをかけるとサーチも確定しない?未検証)
連撃中に徐々に上昇していくことは長所にも短所にもなる。

【フレーム表】

スクープアウト

スクープ.gif

斜め上へ突進し、地表に向かって踏み落として叩きつける近距離攻撃。
当てた相手を1キャラ分ぐらい手前に引き込む。
【追加効果】
・なし
【強みと弱み】
強み
非常によく動くためカット耐性が高い。
上方向に非常に強い。
空振りでも上昇するため、いくらでも高度を取れる。
相手を垂直に落とすため縦に発生する味方のサーチ技との相性が非常に良い。
(ただし点で発生するトラインやリペンテンスの棘は難しく、ヘル・ジャッジメントなどの面から上に発生する技もやや難がある)
弱み
同高度の敵には至近距離でなければまず当たらない。クルエルアズール程度の距離だと思って良い。
出し切るとサーチが確定する。
上に強いと言っても仰角70度くらいなため過信は禁物。
【扱い方】
ジタンの主力技その2。自分より敵が高高度に居る場合やぬすむ(ぶんどる)を当てた時などに使っていくのが主。
相手を地面にまっすぐ叩き落とすという珍しい性質を持ち、技後はタイマンでもかなり有利な読み合いに持ち込める。
とりわけ味方との連携力は特筆に値し、ぬすむを当てた相手に味方がサーチ技を打ちステップを強要、
そこにスクープアウトを当てればサーチ技の範囲に引きずり戻し確定させることが出来る。
大きく上に移動するので敵の攻撃から逃げるにも有用。空振りから即ガード落下→ストラサークル5で安全に複数タゲを凌ぐことが出来る。
非常に個性的なジタン特有の技なので、攻めにも逃げにも高低差を意識して使うべし。

【フレーム表】

ミールツイスター

ミール.gif

斜め下へ突進しつつ斬撃を放ち、蹴り飛ばしたのち武器を投げつけて爆発させる近距離攻撃。
【追加効果】
・激突(正面)
【強みと弱み】
強み
下方向への誘導が優秀。
最終段の短剣には戻り部分にも判定と誘導があり、カットに来た相手を巻き込むこともある。
弱み
外した時の隙が大きい。
あまり吹き飛ばし距離は長くないので、壁激突させにくい。
【扱い方】
スイフトで取れそうにない下方向の敵にはこっち。
下方向への突進中はキープ値が持続するため、shoot技の突破に利用できる。
地上付近で使うと下方向へ動けない分、前方向へよく伸びるため優秀な技となる。
高空を主戦場にするジタンにとってはコアに触りに行くにも使える。
スクープ&ミール出し切り→スイフト1段でコア全壊。

【フレーム表】

ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃)

ぬすむ(ぶんどる)

ぶんどる.gif

高速で敵に突進し、微小なブレイブダメージとともにヒットした敵のステータスを全体的に下げ、自身のステータスを上昇させる。
トランス中はぶんどるに変更され、射程の増強に加えてブレイブダメージと追加効果が強化される。
【追加効果】
15秒間相手の攻撃力0.9倍、防御力0.9倍、移動速度0.95倍
15秒間自身の攻撃力1.1倍、防御力1.1倍、移動速度1.05倍
ぶんどる時
15秒間相手の攻撃力0.85倍、防御力0.8倍、移動速度0.9倍
15秒間自身の攻撃力1.15倍、防御力1.2倍、移動速度1.1倍
【強みと弱み】
強み
突進速度、距離共に優秀で、カットに使いやすい。
ダッシュで逃げる敵を追い詰めるのにも非常に有効。
ヒット時に敵を真上に打ち上げる為、一部の技との連携相性が良い。(自身のスクープアウトや、他キャラのサーチ技など)
弱み
通常時は僅かなダメージしか与えられず、プレッシャーに欠ける。
【扱い方】
盗賊たるジタンの代名詞ともいえる技。相手をその場に打ち上げるためジタンの最も得意とする距離に強制的に移行できる。
打ち上げてからの追撃パターンは非常に豊富で(後述するコンボ参照)デバフも合わせて相手の足を止めるのに最適。
特にスクープアウトを絡めた択かけは強力で、サーチ技を筆頭とした味方との連携もこの技が起点となる。
ジタンの技の中で最も平面方向に伸びるため出番も多く、カット力はスイフトとの使い分けによって非常に高いものとなっている。
ブレイブダメージはないよりマシ程度ではあるが召喚獣の攻撃で0になった相手をブレイクするには有用。
なお、この技によるダメージはぬすむ・ぶんどる効果による攻撃力上昇の影響を受けない。

【フレーム表】

HP攻撃

フリーエナジー

フリエナ.gif

自身の前方に連続で爆発を発生させる近距離攻撃。
【追加効果】
・ヒット時に「ぬすむ」が発動(トランス中は「ぶんどる」が発動)
【強みと弱み】
強み
攻撃範囲が長く、判定の持続が少しあるのでカットしに来た相手も巻き込めることがある。
爆発の上下射角により、先端に近くなるほどある程度の高低差をカバーできる。
ジタン唯一のブレイブダメージ付きHP技。後隙をブレイクしてダメージを伸ばせる。
そつなくまとまった性能を持ち、レベル1技というのもあって扱いやすい。
弱み
ぬすむ(ぶんどる)付きとはいえ、このゲームのHP技全体として見ると非常に凡庸な性能。
目立った弱点があるわけではないが取り立てて優秀な技というわけではない。
【扱い方】
射程はおおよそステップ一回分で溜められるわけではないので、基本的には後隙に刺すかステ狩りが主な使い所。
カットや置き技としても優れているが、決して発生がいいわけではなく先に潰されることもあるので注意。
射角はそれなりにあるので距離を調整すればキャラ一個分ぐらいの上下は食える。
判定を前方に飛ばすため塵地螺鈿飾剣のような技もカット可能。ただし距離感を誤って吸引されると悲惨な事になる。

【フレーム表】

タイダルフレイム

タイダル.gif

しつこく追従する火柱を発生させる遠距離攻撃。
一度に出しておけるのは一つのみ。二発目を出すと一発目は消滅する。
【追加効果】
・ヒットした相手に「デスペガ」の効果
【強みと弱み】
強み
設置系にしては弾速が速め。追尾するため、事故当たりを誘いやすい。至近距離なら壁激突から繋がる。
弱み
誘導が弱い。
咄嗟のカットに使うには弾速が遅く、間に合わないことがある。
【扱い方】
shootの弾幕を一方的に消せるため、前線のライン形成や牽制・発生の速さを活かした迎撃が主な用途。
盾にして進んだり一緒に攻めて敵を揺さぶることが可能で狭い場所なら相手の行動に大きく制限をかけられる。
また、距離にもよるが軸を合わせてタイダル→ぬすむで能動的に当てることも可能。
誘導の弱さから1度避けられるとほとんど当たらないため、効力を発揮しやすい狭いステージでの使用がオススメ。
設置に気を取られすぎて思わぬタイミングでのブレイクや味方の壁激突を横取りしないように注意。

【フレーム表】

シフトブレイク

シフト.gif

吸引効果のある渦を相手位置に発生させて、ボタンを離すと同時に剣を突き立て雷を落とす中距離攻撃。
【追加効果】
・吸引(弱)

15秒間、以下の効果のデバフが発動

 ・ブレイブ減少(0.5秒につき12ずつ、合計360)

 ・移動速度0.95倍
【強みと弱み】
強み
サーチ技であり、上空から周囲を確認できるジタンに噛み合っている。
吸引するので乱戦時に複数の敵を巻き込みやすく、相手がグライドしていても当たる。
弱み
途中でのキャンセルができず、完全に足を止めるため硬直を狙われやすい
【扱い方】
こちらを見ていない相手やHP攻撃のカットなどが主な役割。
性能自体はそこまで高くないが、デバフが中々強力なのでスクープアウトからの読み合いや技の硬直をしっかり狙って当てたい。
足を止めやすい相手には非常に鬱陶しい技なので機を見て差し込んでいこう。
一応吸引する渦を発生させてからは溜め押しが可能なので置き技としても使えなくはない?

【フレーム表】

ソリューション9

ソリュ.gif

梵字を取り込み、自身の周りに光を放つ近距離攻撃。
【追加効果】
・ヒットした時に15秒間「トランス」状態になる
【強みと弱み】
強み
ヒットさせればトランス状態になれる。ぶんどるからの更なるソリューション9の機会を作れる。
発生が早く全方向に攻撃できるので左右や背後の敵への迎撃に優れる。
弱み
攻撃範囲が狭い。密着していてもバックステップで避けられる程度。
【扱い方】
通常では1試合に2,3回しか使えないトランスを複数回狙えるので、一度流れを作り出したら戦場を一気にかき回すことが出来る。
攻撃範囲は狭いというより非常に分かりにくいので射程の把握はしっかりしておこう。(ラムザの塵地螺鈿飾剣と同等の射程)
スクープアウトを当てた際に壁や岩などで相手がバックステップが十分に出来ない場合、受け身に合わせて出すと確定する。
他にもぬすむの打ち上げからガード落下読みで出すなど、ジタンの得意な固めからの択として有力。
ジタン唯一の全方位HP攻撃の為、見ていない相手にノールックで当てたり突進系の迎撃にも使えるのでタイミングを覚えておくとトランスを狙えるタイミングが増える。
ステ狩りクルエルなどと同じ要領で、密着してから相手のステップ読みでNダッシュして出すと相手がheavyの場合確定するとのこと。
EXスキルのトランスが発動中に当てても効果時間の上書きはされないことには注意。

【フレーム表】

固有EXスキル

トランス

トランス.gif

効果時間:30秒 リキャストタイム:75秒
発動の瞬間に自身への一部のデバフ効果を解除し(解除できる範囲はエスナガと同じ)、一定時間ダッシュゲージの最大値1.5倍にする「トランス」状態になる。
ティナのトランスとは異なり攻撃力や移動速度は強化されないものの、ダッシュの持続時間が倍近くまで延びるので、フィールドを縦横無尽に駆け回れる。
リキャストは短めで、気づけば溜まっていることが多いので溜まったら即発動するくらいの気持ちで撃って構わない。ホーリーチェーンは治せないものの、スタミナブレイクや挑発、バインガ等の致命的なデバフを瞬時に全て回復できるため、それらを持つ敵がいた時は温存するのも手。
ソリューション9で既にトランスしている時に発動すると、現在発動しているトランスの持続時間発動した時間から30秒間延長されるトランスの時間が30秒延長するわけではないので注意。
ソリューション9のトランス時間が数秒間は無駄になってしまうので、気になるのであればトランス中は使用を控えたい。
EXスキルでトランスになった場合、ソリューション9のトランスで上書きされない。
これはメリットにもデメリットにもなる。

コンボ

・ストラサークル5(壁激突)→シフトブレイク
 ヒット確信での最速キャンセルで繋がる。

・タイダルフレイム→盗む(ぶんどる)
軸を合わせて距離が遠すぎなければ盗んだ時の打ち上がりにタイダルが当たる、盗むヒットからタイダルが来るまでまだ時間がかかるようならスクープアウト、スイフトで足を止めてやると当たる可能性がある

ぬすむからのコンボ

→前ステorジャンプ>スクープ(基本、甘えた受け身に)

→前ステ>Nダッシュ>スクープ(ステ狩り)

→Nダッシュ>スイフト(ステ狩りに)

→前ステ>HP攻撃(ガード読み 上下の範囲があるソリュなら決まりやすい)

→Nダッシュ>ぶんどる>Nダッシュ>ぶんどる...(トランス時に)

→前ステ>ストラ(地上でぬすむが当たった場合に)

スクープアウトからのコンボ

→Nダッシュ>HP攻撃(受け身狩り、ディレイをかければ遅らせ受け身を狩れる)

→Nダッシュ>スイフトorミール(ガード固めに 途中止めからの連携も可)

→Nダッシュ>ストラ(暴れ潰し、壁ドン狙い 壁ドンからもう1度スクープでダブルアップも)

→Nダッシュ>ランブルorブースター(ディレイをかけてステ狩り、受け身狩りに ↑で良い場合も)

→落下>各種攻撃(ダッシュゲージが足りない、温存したい時に)

→ガード落下>各種攻撃(安全に落下したい時 硬直が発生するので最速受け身等に間に合わない場合も)

※各種行動にジャンプを挟むことによってフェイント、高度、タイミング調整が出来る

立ち回り

ブレイブに遠距離技を持たないので、序盤は相手のタゲを引いて自陣のshootの道を開けるのが良い。
無闇に正面から突っ込みはせずに持ち前の機動力を活かして懐に潜り、闇討ちやカットを主軸として場を荒らし回るチームプレイが主となる。
逆に飛び道具による牽制合戦になってしまうとやることが非常に限られ、高ブレイブを持っていなければタゲを引くことすらままならなくなる。
ぬすむで一瞬の枚数有利を作り、すぐさま次の相手にぬすむを当ててタゲを強引に稼ぎ味方を動きやすくするなどの手段も必要だろう。
ストラサークル5、スクープアウトという強力な自衛技の存在から複数タゲを捌くのが得意で、反面地対地になりやすいタイマンで有利な相手というのは数少ない。
相手の召喚阻止などでどうしても1対1にならざるを得ない状況になっても、自分の間合いを保って相手が先に行動するのを誘おう。
shoot相手であろうとまず相手の攻撃を避けて懐に潜るのが先決だろう。設置技をキープ値で突破するのもブレイブ状況や壁激突するか否かの判断が必要。

キャラ対策

vsウォーリア・オブ・ライト

対策どんな相手でも戦えるオールラウンダー。強力なHP攻撃と癖のないブレイブ攻撃を持ち、ホーリーチェーンで盤面を支配してくる。
自衛性能が高い反面足回りは悪いため、ジタンならば逃げることは容易だろう。
どのHEAVY相手にも言えることだが1対1は厳禁。こちらを見てない時やカットで「ぬすむ」を当てて味方とともに攻めたい。
ホーリーチェーンを使用された場合トランスで解除できないため非常に厄介。更にスタミナブレイクやバッドタイムで圧をかけてくることが多いのでWOLを集中狙いして落とすか、出来るだけ他の敵を引きつけて上に逃げよう。

vsガーランド

対策チェーンバンプのせいで迂闊にジタンの得意レンジである上下に陣取ることが出来ない厄介な相手。ストラでの近接拒否もツイストドリルで強引に突破されるため狙われると少々厄介な相手。
いずれも隙は大きいので確実にかわしてから攻撃を入れる、闇討ちを叩き込むといった具合に、正攻法で戦わないようにすると少しは楽に立ち回れる。

vsフリオニール

|~対策|遠中近どの距離にも対応出来る地上戦の鬼。拘束され続けその間にHP攻撃を食らった……という経験も少なくないだろう。
初段を回避してしめた!と思いうかつに距離を詰めるとアイスワンドの餌食になるなど非常に対処の難しい相手。
フリオニール自身をマークするより、フリオニールが拘束したキャラにHPを当てに来る相手をカットする程度に留めたほうがいいだろう。
ぬすむからのセルフ連携を狙ってもバーチカルダイブで即地上に降りられてしまうため、追撃は狙わないほうが良い。

vs皇帝

対策主軸となるレッドソウルは結構デカく、強引に突破するのは難しい。空中なら下からスクープアウトで落とす方が狙いやすいだろう。
ダークゲイザーは上への判定が大きいのできっちりステップで回避したのち距離を詰めよう。
相手皇帝自身もこちらのスクープアウトなどにリペンテンスの棘を狙ってくるので位置の把握は重要になる。

vsオニオンナイト

対策スピードを生かして近距離で戦う忍者か魔法による遠距離を得意とする賢者になって戦うキャラ。
ジタンの苦手な水平方向に強く、たまねぎ剣士や忍者の時は高度を合わせて連続ヒットを狙ってくることが多い。しっかり高度をとるか、大きい後隙を狙って対処したい。
賢者時には目を離すとメテオが降ってくることが多いため適度に上下からちょっかいを出して味方に攻撃が行かないようにしよう。

vs暗闇の雲

対策空中Nが上下に強く空中前は前方に強い。このため高低差を強く取ってこちらの間合いに持ち込むか横ダッシュで相手の攻撃を誘おう。
地上後ろがかなり上に伸び、序盤のライン戦と闇の氾濫時には特に注意が必要。
HPは特に高射式が厄介で、眼下にいる雲には細心の注意を。タイプの相性もあるので、見合うよりカット主体で。

vsセシル

対策パラディン時は天敵。攻撃レンジがジタンとほぼ同じだが、タイプによるキープ値の差で大体の場合こちらがそのまま押し切られてしまう。
暗黒騎士時でも多少の上下差をカバーできる暗黒で追い返される上、スタイル上相手の下を取りにくいため非常に厄介。
正面から挑むのは自殺行為に近いので、闇討ちで硬直に技を差し込む程度に留めること。

vsカイン

対策自衛の要であるストラサークル5を↑ブレイブとアヴェンジャーで突破される嫌な相手。
加えて飛び道具も持っている為見られていると不利がつくので攻められたら迎撃は忘れて逃げでいいだろう。
こう聞くと手も足も出ないように見えるが攻撃は直進的かつ後隙も短くない。しっかり避けてブレイブを差し込むかガードして距離を取ろう

vsバッツ

対策竜騎士や黒魔道士で中距離を得意とするキャラ。安易に近づくと竜騎士やかまいたちで迎撃されるの気をつけよう。慣れが必要になるがほとんどのブレイブ攻撃はストラサークル5やソリューション9での迎撃もできるので狙ってみてもいい。
普段は黒魔道士の隙に攻撃を当ててデバフを押しつけていこう。
またバッツはシューターに対して滅法強いので味方が絡まれていたら横から盗んで助けてあげよう。

vsエクスデス

|~対策|判定の強い近接技に優秀な飛び道具であるしんくうはを備えた、体感的にはheavyに近いものがあるキャラ。

Powerモードならもはやheavyそのものであり殴り合うのは得策ではない。じゅうりょく100も無視できない程度にウザいのでステップや横ダッシュ、自由落下でしっかり回避しよう。

宇宙の法則が乱れるでスタミナブレイク等デバフを使えなくなる可能性があるので、召喚時などはエクスデスをふっ飛ばして距離を確保しておきたい。|

vsティナ

対策多彩な遠距離攻撃を持ったお手本のようなシューター。非常に相手にしやすいが甘えた攻撃は迎撃されるので気を抜かないように。
上をとって奇襲しようとするとCトルネドで、横方向からぬすもうとするとサンダラで迎撃してこようとすることが多いのでその辺はよく見極める事。
ぬすんだ後は多彩な択を生かして攻め、味方にメテオやメルトンが飛んでいかないように目を光らせよう。

vsケフカ

対策トリッキーな動きで戦場をかき乱してくる。
自衛が弱い空中で相手したいところだが安易に正面からぬすもうとするとコアもどきの餌食に。キープ値の高いミールツイスターやブースター8なら突破可能。
1度空中に打ち上げてしまえばグッと楽になるので闇討ちから有利に持って行こう。

vsクラウド

対策ロックされている場合は相手より低高度にいるとブレイバーで返り討ちに合う可能性が高い。面と向かってる時はスクープアウトは狙わずにクラウドより同高度以上を位置取るように立ち回ろう
また距離が開いてると画竜点睛で牽制してくるので直進するのは厳禁。軸をずらしながら近づこう。
heavyなので足が遅いのを盗んでをさらに遅くし味方に加勢しに行っても構わない。1対1になると分が悪いのでさっさと逃げてしまおう
クラウドがリミットブレイクした際は盗めたら機動力を落とし移動の妨害をできるので盗んでいきたい。
フリーエナジー、ソリューション9なら引き付けて先出し、又は超級が見えた時に各種ブレイブ攻撃で迎撃が間に合うので焦らずに迎撃しよう。
ソリューション9ならリミットブレイク確認後ミニマップで相手位置を確認し近づいてきた時にノールックで当てることも可能なのであえてロックを外し引きつけるのもいいかもしれない。ただしスカした場合は追い込まれるので注意すること

vsセフィロス

対策圧倒的な攻撃範囲と踏み込みを持ったキャラクター。ただ上下に非常に弱いのでスクープやミールの距離を意識すればそこまで辛くはないだろう。発生は遅いので至近距離なら暴れも有効だが閃光を持っている場合は注意が必要。

vsスコール

対策中距離だとリーチ、近距離だと発生で不利なので相手の出方を伺いながら硬直を狙おう。サンダーバレットを誘発させ硬直を狩っていきたい
空中ではブルータルの射程まで近付いてきたらこっちからスイフトを振ってやれば判定で勝てるのでわざとブルータルの射程に入ってしまっても構わない。
上下にも強くないのでジタンの強みを存分に活かせるので優位に立てる。
ストラを貼っていればサンバレとブラス以外では手出しができないので、空中のスコール相手では非常に強力な拒否択となる。
ただし高度を取ってるとブラスティング、ラフディで足元を掬われるので気を付けること。又、ジタンは近接技しかないので読みフェイテッドに注意しよう

vsアルティミシア

対策地上前、地上Dブレイブが対空性能が高い。また主流HP技であるヘル・ジャッジメントとアポカリプスも同様なので、視界から外すとすぐ差し込まれてしまう。
距離を詰めたら詰めたで空中前の近接拒否力があるので予め高度を取って接近し、相手のステップなどの隙を一発でとらえよう。
外すと空前のタメに読み勝たないといけないので、相手のパターンを事前の行動で判断しよう。
スイフトアタックならNキャンセルで殴り抜けることが出来るのでオススメ。

vsジタン

対策お互いに上下を取り合うかHP攻撃の後隙を差し合う非常に不毛な争いになる。しかしお互いが1対1を避けたがるため、まず見合うことはないだろう。

vsクジャ

対策ジェノムのお義兄さん。
得意レンジがジタンと同じで少々不毛になりがち。その上、相手は攻撃判定だけを飛ばしてくるので自身が突っ込むジタンにとってはかち合いに負けやすい。
しかし、カットはよく通るのでそこから崩していこう。
また、シフトブレイクならグライドを無効化できるのでほとんどのブレイブにシフトブレイクが刺さる。

vsティーダ

対策戦場を駆け回り奇襲を仕掛けてくる。SPEED全般に言えるが見合えば怖くない。上下には強い方だが真上や真下に届く攻撃は無い為潜り込めば処理は簡単だろう。ちなみにリープ系の攻撃は見てからストラサークル5で迎撃できる。
だがちょっと目を離した隙に突っ込んできてダメージだけ取られて逃げられたということがあるので、ミニマップを意識する事。
チャージ&アサルトは各種HP攻撃でカットできるが、フリーエナジー以外の攻撃ではギリギリまで近づかなければいけなかったりティーダの激しい動きについていけず外したりと少しコツがいる。ダメだと判断したらおとなしく後隙に攻撃を叩き込もう。

vsジェクト

対策絶対シュート殺す筋肉モリモリマッチョマンの親父。
見合った状態だとお互い有利でも不利でもないので、先に仕掛けた方が不利になると言っていいだろう。
空中だとジタンはスクープアウトしかないという間合いがあるので、そこを狙ってブロックを仕掛けてくる可能性は大いにある。
ジェクトをカットしに行く場合、ジェクトキャンセルで技が続く可能性、またこちらにタゲを変えてブレイブが飛んでくる可能性を考慮して出す技を考えよう。

vsシャントット

対策中途半端な威力のHP攻撃を当てないこと。ジタンだけならばブチ切れ後の処理も難しくないが周りの味方が一気に辛くなる。
足が遅い通常時に盗んでから吹き飛ばして放置か徹底的に張り付いて一気に削り倒してしまおう。
ブチ切れ前は範囲が広いが足が止まる魔法しか無い為、煮るなり焼くなり好きにできる。
牽制に使える攻撃がないので安易な突撃は厳禁。有利といえど丁寧に攻めるように。

vsヴァン

対策高低差に強く安易なステップを狩るレッドスパイラル、発生が早く迎撃にもってこいのクルエルアズール、優秀な対空であるカラミティドライブと苦手なHP攻撃のオンパレード。ストラサークル5もスピードスターで突破されるので過信は禁物。機動力を盗んだらさっさと逃げたいところ。
どうしても戦わないといけない場合は遠距離攻撃に気をつけながら技硬直を狙って手堅く攻撃を当てよう。

vsライトニング

対策近接攻撃のアタッカーと魔法攻撃のブラスターとを切り替えて戦うキャラ。見た目で判断はできないので今どちらの状態かをしっかり見極める必要がある。
ブラスター時はサンダガが曲者。アタッカー時は上をとって有利に立ち回れるが迎撃の雷光斬には注意。
珍しく1対1がそこまで辛い相手ではないので無茶をしなければぬすむからの攻撃で優位に立てるだろう。
天鳴万雷についてはあまり当てられることは少ないが味方にヒットした場合はすぐに助けられるように目を光らせておこう。

vsヤ・シュトラ

対策強力な自衛手段を幾つも持ったシューターでありかなり苦手な相手。相手のHP攻撃がホーリーだった場合シフトブレイク以外近距離攻撃しかもたないジタンは文字通り手も足も出ない。見ていないからといって突っ込んでホーリーに当たったということもしばしば。
空を飛び回っていて足元の設置攻撃に気がつかず当たった。なんてこともあるので周りの状況はしっかり確認する事。落ち着いて見ていれば避けられない攻撃はない為、落ち着いて対処したい。
またヤ・シュトラは追うのが苦手なため下手に構わず逃げるのも手。

vsラムザ

対策通常時では平均以下の能力だが「さけぶ」時には判定が強く伸びて威力も高いと3拍子揃った攻撃を仕掛けてくる。しかしどのブレイブ攻撃も上下に弱いためジタンにとって戦いやすい相手。常に上か下を取るように戦えばさほど怖くははないだろう。
ただし塵地螺鈿飾剣については細心の注意を払う必要がある。高低差にも強く非常にキープ値が高く先に攻撃を当てても潰されるので警戒を怠らないこと。それにさえ注意すれば怖くないのでシフトブレイクや後隙にブレイブ攻撃を叩き込んでやろう。

vsエース

対策弾速と誘導に優れた遠距離技を多く持ってるシューター。相手と固まられていると崩す事は難しいだろう。
しかし自衛力は比較的低めで孤立しているところや上下から狙えば楽な相手。空中に浮かせてしまえば上下を食える技を持っていないため煮るなり焼くなりできる。
ただしブリザドBOMやサンダーSHGなどを装備している場合には迂闊に突っ込むと簡単に迎撃される為編成をしっかり見ておく事。

オススメEXスキル

ジタンは比較的自由なEXスキル編成ができるので個人の好みで様々な編成がある。
マイティストライクやHPリジェネはもちろん他に有用なスキルを紹介する。

コメント

過去ログはこちら→コメント/ジタン

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑2星のカービィかよ - 2017-11-22 (水) 16:42:45
  • ↑2ゴルベーザは上下に強くないから、圧力にはなると思うけど、ティーダやジェクトみたいに高空落下式のHPを二人とも、もってないから「脅威」にはならんと思う。 - 2017-11-22 (水) 20:43:23
  • ゴルに壁背負わせるようにうまい事移動すれば激突狙えそうじゃが - 2017-11-22 (水) 20:48:29
  • ↑2つまり上下に強くて(バンプ)高空落下式(じしん)をもってるガーランドも「脅威」になれる可能性が…え、heavyはだめだって?そうか… - 2017-11-22 (水) 21:20:56
  • ↑俺もそれはまっさきに思ったんだけど、がーさんコメにゴル兄にバンプとどかない…どうすればいいの?ってのがあってな。やっぱ、うん、察しのとおり、スピードの差…ね。 - 2017-11-22 (水) 22:07:05
  • ゴル兄狩るためにシフブレ積んでるけどそこそこ拒否チャくるね。まあ、シュートいてサーチは自分でもどうかと思うけど - 2017-11-23 (木) 12:13:34
  • でもホント開幕すぐ黒竜剥がすのクソ楽しい - 2017-11-23 (木) 14:23:26
  • ↑はがしてもリカバリーは効くけど、精神的にプレイヤーを追い込む意味でも開幕はがせればかなり有利になる。んだけど、そのことでゴル兄コメがえらいことになってるよ。 - 2017-11-23 (木) 20:07:45
  • ゴルベザのコメ欄なんで荒れてんの?特攻がどーとか書いてたが遡る面倒くさくてな… - 2017-11-24 (金) 02:17:15
  • それをここで聞いて答えが出ると?当人か弟にでも聞きなさいな - 2017-11-24 (金) 08:10:30
名前:

他人や作品、キャラクターに対する誹謗中傷や、攻撃的・威圧的なコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成
下部メニュー
アクセス数
累計: 207404, 今日: 23, 昨日: 112

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

mar.png ヒーローサイド

spi.png ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索


アーカイブ

最新の70件
2017-11-24 2017-11-23 2017-11-22 2017-11-21 2017-11-20 2017-11-19 2017-11-17 2017-11-16 2017-11-15 2017-11-14





メニューを編集
img
テスト用ページ
テンプレ