エクスデス

PROFILE
名前エクスデス
主な登場作品・ファイナルファンタジー5
樹齢約500年
職業暗黒魔道士
CV楠見尚己
エクスデスについてFF5のラスボス。全てを飲み込む「無」の力を操る暗黒魔道士。
その正体は、邪悪な意志がムーアの大森林の一本の樹に宿って生まれた存在。
原作では永くクリスタルに封印されていたが、完全なる「無」の力を求めて暗躍。
4つの世界を無に飲み込まんとする。

目次

特徴

Type:UNIQUE
モードチェンジで3つの力を使い分け、敵の力を封じ込めて無力化するキャラクター。
モードごとに技性能と専用EXスキルが異なる。
◆POWERモード
攻撃に特化したモード。
自身の「攻撃力」「激突のさせやすさ」「キープ値」が上昇する。
◆SEALモード
EXスキル封印に特化したモード。
ブレイブ攻撃の最終段でデバフ「死神の剣」を付与する。
SEALモード中は「時間経過によるEXスキル上昇量」がアップする。
SEALモードを維持し続けた場合のリキャスト時間は本来の5/6である。
[60秒→50秒(▼10)][75秒→63秒(▼12)][90秒→75秒(▼15)]※固有/汎用共
なお「攻撃HIT時のEXスキル上昇量」はモードの影響を受けず常に0.6秒/HITである。
◆DEBUFFモード
敵の弱体化に特化したモード。
ブレイブ攻撃の最終段でデバフ「カーズ」を付与する。
自身の「攻撃力」が低下する。(SPEED並)

デバフモード効果時間効果備考
死神の剣SEAL15秒汎用EXスキル使用不可
最後に付与された汎用EXスキルのバフを一つ消去する。
(対象範囲はデスペガと同様?仕様かどうか不明)
SEALモード時、ミールストームHITで付与可能
カーズDEBUFF通常15秒攻撃力0.9
防御力0.9
移動速度0.95
DEBUFFモード時、アルマゲストHITで付与可能
ホワイトホール15秒攻撃力0.45
防御力0.4
移動速度0.75
防御力0.4倍はシールドブレイクと同等
ブレイブ攻撃は+100%

アップデート

2017/8/9

  • オービットガード
     ガードの持続時間を延長しました(+10f)
     【溜め版】ガード後の硬直時間を短縮しました(-10f)
     【溜め版】ガード判定のサイズをアップしました(半径+0.5m)
  • アルマゲスト
     攻撃後の硬直時間を短縮しました(-4f)

2017/6/15

  • じゅうりょく100
     上下射角をダウンしました。(-2.5度)
     追尾性能をダウンしました。
     追尾終了距離を拡大しました。(+3m)
  • 磁場転換
     ワープ開始直前のキープ値を削除しました。(12f間)
     未ヒット時の、ブレイブ攻撃キャンセルタイミングを遅くしました。(+20f)

技一覧

種別操作方法技名モード基本威力総威力発生F魔法接触判定
ブレイブ攻撃地上時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.pngソードダンスPOWER144+144+224512[544/1056]20F-
SEAL128+128+192448[476/924]-
DEBUFF96+96+144336[357/693]-
前Ⅱ.pngしんくうはPOWER480480[510/990]32F
SEAL416416[442/858]
DEBUFF320320[340/660]
後Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.pngアースシェイカーPOWER144+144+192480[510/990]73F-
SEAL128+128+160416[442/858]-
DEBUFF96+96+128320[340/660]-
空中時Ⅱ.png>Ⅱ.png>Ⅱ.pngソードダンスPOWER144+144+224512[544/1056]20F-
SEAL128+128+192448[476/924]-
DEBUFF96+96+144336[357/693]-
前Ⅱ.png>Ⅱ.pngグルームチャージPOWER32*4+64+304496[527/1023]32F-
SEAL32*4+48+256432[459/891]-
DEBUFF16*4+48+208320[340/660]-
後Ⅱ.pngじゅうりょく100POWER432432[459/891]36F
SEAL368368[391/759]
DEBUFF288288[306/594]
ダッシュ中Ⅱ.png
磁場転換共通6464[68/132]36F-
HP攻撃共通Ⅳ.pngデルタアタック共通(64)
※POWERのみ
(64)[68/132]
※POWERのみ
通常48F
最大90F
ミールストーム--75F-
アルマゲスト--34F-
オービットガード---
EXスキル共通Ⅰ.pngブラックホールPOWER16*4+3296[102/198]16F-
宇宙の法則が乱れるSEAL---
ホワイトホールDEBUFF---
その他移動操作可能時のみ左スティック押し込みモードチェンジ共通----

総威力[]内数値はそれぞれ[カーズ/ホワイトカーズ](1.0625倍/2.0625倍)

ブレイブ攻撃(地上)

ソードダンス

ソードダンス地.gif
基本情報剣を魔力で操り、連続で切り刻む近距離攻撃。
(空中版との違いは、1段目が"横薙ぎ"である事。※gifは空中版)
追加効果・激突(正面)
強み・発生が速め。
・クジャと同じように攻撃判定を前に出して斬る為かち合いに強い。
弱み・リーチが短い
・空振りした際の硬直が比較的長い。
使う上でのポイント基本的にはしんくうはの射程距離で戦う為出番は少ないが地上戦多めのエクスデスにとってのとっさの迎撃や差し込みでお世話になる技。

【フレーム表】

しんくうは

しんくうは.gif
基本情報高速で飛ぶ真空波を放つ遠距離攻撃。
判魔法接触判定中。
ヒット時限定でダッキャン可能
追加効果・激突(斜め上)
強み・発生がそこそこ早い。
・高弾速でなおかつ縦に判定が大きい。
・Pモード時なら遠目からでも壁激突可能。
・飛び道具しては珍しくダッキャン可能。
・コアを3発で破壊可能な為コア破壊に向く。
・奥へ逃げる敵を喰える。
弱み・飛び道具ではあるが射程が短め。
・足が止まる為やや連打しにくい。
・横移動に弱い。
使う上でのポイントエクスデスの地上の主力技。縦に判定が大きく2~3キャラ分くらいの高さまでなら当てにいける。
やや飛距離は短いものの高弾速・壁激突可能といった性質からセシルのあんこくと使用感が似ている。ただしこちらには魔法接触判定があるためシューター相手に考え無しで使うのは厳禁。逆に弱判定の魔法を消しながら飛ばせる為、ヴァンや通常状態のオニオンナイト・ライトニングといった弱判定の飛び道具を主体にして戦うキャラには強気にふっていける。
飛び道具ながら壁激突可能という強みを持っているがPモード時でないと当てにはならない。
コア割りの際はしんくうはダッキャンを繰り返すのが最速。しかしながら射程が短い為じゅうりょく100との使い分けが必要。

【フレーム表】

アースシェイカー

アースシェイカー.gif
基本情報敵の足元から、岩を連続で立ち昇らせる遠距離攻撃。※空中の敵の足元からも発生する。
追加効果・グライド
強み・グライドしながら攻撃することができる。
・2段止めした際の硬直差が大きく至近距離で当てた際のリターンが大きい。なお2段止めの硬直差は+50F(着地硬直20F含)。ミールストームは発生75Fなので確定しない。
・サーチ技の為、足の止まりやすいキャラに使いやすい
・召喚打ち上げを拾う事が可能だが高度が高いためにそこから単独で繋がる選択肢はない。
弱み・射程距離が短い。
・3段攻撃の為全体動作が長くまとまったダメージを取るのに時間がかかる。
・発生が遅い
使う上でのポイントバッツのマスター黒魔道士と挙動が似ており、使い方もあちらとほぼ同じ。あちらと違う点は最初から3回攻撃できることと射程が短くや範囲が狭いこと。
マスター黒魔道士同様足の止まりやすいキャラに使っていきやすく2段止めした際のリターンはかなり大きい。ブレイブ攻撃はもちろんデルタアタック・アルマゲストを当てることも可能。ブラックホールを当てて相手のブレイブを無に帰すこともできる。
しかしながら全体動作が長く、外すと完全に無防備になる上、しんくうはの存在もある為出番はほとんどない。
高空の相手に当てられないこともそれに拍車をかける。が、敵と壁を挟んだ際やヤシュトラのように足の止まりやすいキャラとの疑似タイマンの際には比較的ローリスクで使用できる為場面を選べば比較的優秀な技ではある。
なお、シャントットとは違い、空中にも地割れ(!?)が発生する。

【フレーム表】

ブレイブ攻撃(空中)

ソードダンス

ソードダンス空.gif
基本情報剣を魔力で操り、連続で切り刻む近距離攻撃。
(地上版との違いは、1段目が"振り上げ"である事。)
追加効果激突(正面)
強み・発生が速め。
・クジャと同じように攻撃判定を前に出して斬る為かち合いに強い。
・剣を下から真上に振り上げるモーションの為、上方向にそこそこ伸びる
弱み・リーチが短い
・空振りした際の硬直が比較的長い。
使う上でのポイント地上版同様とっさの迎撃・差し込みで使う。
リーチが短いため当てにいくのには向かないが味方との連携でお世話になる。

【フレーム表】

グルームチャージ

グルームチャージ.gif
基本情報剣を正面に構え、突進する中距離攻撃。
初段の攻撃判定持続中はキープを保持し続ける。
追加効果激突(正面)
強み・エクスデスの近接ブレイブで最も伸びがある。
・キープ値持続に優れる。
弱み・伸びがある分外した際の硬直が大きい。
使う上でのポイントエクスデスの空中近接ブレイブの主力技。
ソードダンスと違い伸びがあるため比較的当てやすい。挙動はカインのペネトレイトに似ており、キープ値が長い為攻撃判定が発生さえしてしまえばシューターの攻撃を耐えながら殴ることができる。激突も正面の為HP攻撃も当てやすい。
磁場転換からこのブレイブにキャンセルすることでかなりの距離を詰めることができる。その分味方と距離が離れてしまい孤立するといったリスクも伴う為状況判断が必須。

【フレーム表】

じゅうりょく100

じゅうりょく100.gif
基本情報相手を追尾する重力球を放つ遠距離攻撃。
追加効果
強み・上下射角が優秀。
・弾速はそこそこだが、追尾は優秀。
・エクスデスのブレイブ攻撃で最も射程が長い。
・球が大きい為、間近でも当たりやすい。
弱み・接触判定が弱のため消されやすい。
・足が止まる。
・出が少し遅い。
使う上でのポイントエクスデスのブレイブ攻撃の中で最も射程が長くローリスクで使える唯一の技。弾速と誘導のバランスが良くとても使いやすい。コアも3発で破壊可能。
上下の射角が非常に広く尚且つ誘導も強い為上下をとった際の強さが光る。召喚獣の打ち上げに合わせることすら可能。
ただし接触判定が弱で消されやすく、足が止まり敵と向き合っての撃ち合いは禁物。中判定以上の飛び道具持ちに使う際は高低差を利用しての使用が望ましい。
また、グラゼロなどの餌食になりやすいが、最大距離付近ならば空振りに終わるので後隙を刈り取ってやろう。

【フレーム表】

ブレイブ攻撃(ダッシュ攻撃)

磁場転換

磁場転換.gif
基本情報飛ばした魔法陣のもとにワープして攻撃する。
追加効果・ボタン長押しで射程延長
・攻撃後の隙を他のブレイブ攻撃でキャンセル可能。
・非キャンセル時硬直66F。
・ダッシュキャンセル時硬直48F。硬直差+13F(着地硬直20F含)
・ブレイブキャンセル時硬直28F。硬直差+33F(着地硬直20F含)
強み・溜めによりかなりの距離を移動することが可能。
・最短で発生させた場合27F~36F27F~65F(ブレイブキャンセル可能F迄)の間無敵状態となる。
弱み・溜めている間は無防備でキープ値も無い。
・外した時の隙が大きい。
使う上でのポイント溜めによりワープする距離を調整できるトリッキーな技。
位置を指定し、指定位置にワープして現れた際に全方位に攻撃判定付きの衝撃波を発生させる。ダメージは低く射程も自身から0.5~1キャラ分ほど。この衝撃波のヒットの有無に関わらず他のブレイブ攻撃にキャンセルできる。ステップ・ガードももちろん可能。
ターゲット中の敵に向かってワープする技だがほぼ平行にしかワープできない為
ある程度上下射角を持つがあまりに高低差があると相手のいる場所にはワープできない。壁をすり抜けるなんてこともできず壁の前で止まる。
コアへ向かう途中でコアが割れればその場で動かずワープ行為だけする。
溜めることによりかなりの距離をワープできるため足の遅いエクスデスの移動を補助でき、スタミナを温存したい場合にも使える。
リスクは伴うが自身が壁を背負っている際に使うと相手と位置を入れ替えて逆に相手に壁を背負わせるなんてことも可能。自身を見ていない敵への奇襲も非常に強い為今後の研究が待たれる無限の可能性を秘めた技。

【フレーム表】

HP攻撃

デルタアタック

デルタアタック.gif
基本情報正面に魔法陣を生成し、波動を放つ中距離攻撃。
追加効果・ボタン長押しで攻撃タイミングを調整可能
・ブレイブダメージ(POWER限定)
強み・溜めることにより射程が伸びる。
・溜め無しの場合発生が速い。
弱み・溜めないと射程が短い。
・足が止まる。
・POWERモードしかブレイブダメージが入らない。
使う上でのポイント溜めることにより射程を延ばすことができる近接HP攻撃。
(※ダメージ量は変わらないので注意。)
使用感はジタンのフリーエナジーに似ている。溜めることが可能な為ステップ狩りがしやすく素直な性能な為非常に扱いやすい。
このHP攻撃のみPOWERモード時にブレイブダメージが付く為、相手のHP攻撃の後隙は極力POWERモードでとりたい。ダメージ判定が魔方陣の前方に、そして中央部分にあるため密着状態だと外れる事があるので注意。
扱いやすい攻撃ではあるが射程が短く、足の遅いエクスデスでは見られている敵に当てることは難しい為、カットや見られていない敵への闇討ちで使っていきたい。
遠めの壁激突は確定しないので注意が必要。

【フレーム表】

ミールストーム

ミールストーム.gif
基本情報敵の位置にしばらく残り続ける竜巻を発生させる位置サーチ攻撃。
追加効果・死神の剣(SEAL限定)
強み・縦に判定が長い為高空の相手にも当てられる。
・持続が長い。
弱み・サーチ距離が短い。
・発生が地上からのみ。
・足が止まる。
・攻撃判定がやや細め。
使う上でのポイントサーチ距離は短いものの最低限の発生があり扱いやすいサーチHP攻撃。発生してからしばらくその場に残る為、複数固まってる所に牽制で撃って事故当たりを狙うのも良い。
足が止まる為敵のサーチ攻撃に注意。
また、タワーレーザーや風水士じしんと同じく"地上から発生する"ので、地形によって高さにバラつきがある。

【フレーム表】

アルマゲスト

アルマゲスト.gif
基本情報自身を中心に、無の力の放出による爆発を発生させる近距離攻撃。
追加効果・ボタン長押しでデバフ(移動速度0.5倍)を付与し続ける空間が発生
・グライド(攻撃後の長押し中のみ)
・カーズ(DEBUFF限定)
強み・発生が速い。
・全方位に攻撃することができる。
弱み・射程が短い。
・足が止まる。
使う上でのポイント《短押し時》自身の周囲に爆発を起こす近接HP攻撃。
使用感はジタンのソリューション9やスコールのフェイテッドサークルに似ている。
デルタアタックより発生が速いので壁激突すれば、確実に当てられる。
こちらもデルタアタック同様カット・闇討ち・壁コンボでの使用が主になる。

《長押し時》"攻撃発生後もボタンを長押しする事"により、
押してる間、範囲内の敵の移動速度を大きく下げるデバフフィールドを発生させる。
(※デバフアイコンは出ず、範囲外に出られると即解除される。)
デバフフィールド発動中はグライドは可能だが、
キャンセルタイミングが遅くリスクを伴うので、味方との連携時にだけ使用したい。
効果範囲はミニマップ円1つ程度。
総発動時間は約4秒。
デバフフィールド発動中にキープ値は一切存在しない。
("デバフィを解いて~キャンセルタイミングまで"はキープ値が発生する模様…?
{要検証})

【フレーム表】

オービットガード

オービットガード.gif
基本情報バリアを張り、全方位からのブレイブ攻撃を防ぐカウンター攻撃。
追加効果・ボタン長押しでHP攻撃もカウンター可能
・グライド
強み・開幕からHP攻撃をカウンターできる。
・タメによりカウンターのタイミングをずらせる。
・全方位に盾判定がある。
弱み・出の早いHP技はほぼ取れない。
・能動的に敵のHPを減らせない。
・持続が短め。
・カウンター時の射程がやや短い。
使う上でのポイント前作のオールガードと同様に、溜めている間、盾判定が出続けるわけではないので注意。
タメ無しの発生は他のカウンター技とほぼ同様に約15f。
HP攻撃をカウンターできるようになるまで約30Fのタメ時間を要する。そこからさらに50f程度タメることができる。タメありならばボタンを離してから約5~10fで盾判定がでる。
タメによりタイミングをずらせたり最初からHP攻撃をカウンターできるせいか、持続が約20fと他と比べかなり短い。
人の反応速度や技によってはサーチ技やウェーブ技を見てから取れる。ディープハザードやカーズフレアーなどの設置系のHP攻撃もグライドがある分調節しやすい。
しかし反撃時の射程がナイトよりも僅かに短い程度な上、ブレイブダメージが全くない。ハイリスクローリターンな技
当然放置に弱いためそれを利用してデバフを撒き散らすということも可能ではあるが、どちらにしろ迎撃の際は完全に読み勝たないと味方の負担になってしまう。

【フレーム表】

その他

モードチェンジ

モードチェンジ.gif

モードの切り替えを行う。
左スティック押し込みでPOWER(紫)→SEAL(白)→DEBUFF(赤)→POWER…の順にモードチェンジする。
ライトニングのオプティマチェンジ同様、移動操作ができない状態では無効となる。
実は、召喚呼び出し中でもチェンジが可能。

固有EXスキル

ブラックホール

ブラックホール.gif
基本情報敵を斬りつけ、ブラックホールを発生させる近距離攻撃。
POWERモード時に使用可能。
追加効果・ブレイブを急速に減らすデバフを付与
・デバフの解除には「効果時間の経過」「エクスデスへの攻撃HIT」「BREAK後にブレイブが初期値へ戻る」「HP攻撃HIT後にブレイブが初期値へ戻る」のいずれかが必要。
リキャスト75秒
強み・致死レベルのブレイブを数秒で0にできる。
・発生が非常に速い。
弱み・攻撃時の射程が短い。
・最終段を当てなければデバフが付かない。
使う上でのポイント射程は短いものの発生が非常に速く使える場面は多い。壁コンボや暴れ、アースシェイカー等ブレイブ攻撃の途中止めからも狙える。ブラックホール自体にも激突性能がありダウンさせたうえでブレイブを消し去ることもできる。
最終段がHITしなければデバフはつかないため途中でカットされないよう周りを確認しよう。
この技の特筆すべき点は相手のブレイブを数秒で無に帰すことができる点である。致死ブレイブと呼ばれる3500ブレイブも8秒ほどで0にすることができる。効果時間自体も長く、解除条件もそれなりに難しい為かなりの効力を発揮する。

宇宙の法則が乱れる

宇宙の法則が乱れる.gif
基本情報自身を中心に敵のEXスキルを使用不可にする
デバフを付与し続ける空間を発生させる。(うっすらとドーム状の判定が見える)
SEALモード時に使用可能。
リキャスト75秒
効果時間12秒
強み・EXスキルでの回避等を不可能にする。
弱み・自身の周りがデバフ対象なので距離が離れてしまっては使用不可にならない。
・効果時間が短い
使う上でのポイントEXスキルを使用不可にするという非常に強力なデバフを付与させるフィールドを展開する。HPリジェネでの延命を遅らせたり、テレポでの逃げを封じることができる。しかし、フィールド外に出られた瞬間に使用可能となるため位置取りが重要。
総じて強力な効果であることは間違いない為、HP&ブレイブリジェネ・マイティストライク等を持っている敵やテレポ持ちのシューターにはりついたりと使用するタイミングを見極めよう。

EXスキル発動からバフやデバフが付与される前ならば中断が可能(?)例:セシルのジョブチェンジ発動直後、宇宙の法則が乱れるを発動。セシル側は武器を構える最初のモーションに入るが中断されジョブチェンジは不成立。バフも付かなかった。同じ原理ならばクジャの固有EXやケフカのこころない天使も中断できることになる。要検証。
バッツのお守りも発動~バフ付与までにデバフが付けば、全員にお守りのバフが付かず空振りになった。

ホワイトホール

ホワイトホール.gif
基本情報DEBUFFモードのみ「カーズ」が「ホワイトカーズ」に強化される。
POWER・SEALモードでも「カーズ」を付与できるようになる。
DEBUFFモード時に使用可能。
リキャスト75秒
効果時間25秒
強み・DEBUFFモードのデバフ性能が格段にアップする。
弱み・デバフを付与する際最終段を当てなければならない。
使う上でのポイントDEBUFFモードのデバフ性能が向上し他モードでもデバフを付与することができるようになる。
他のモードでもデバフを付与できるようになるが攻撃の最終段を当てる必要がある為、ブラックホール・宇宙の法則が乱れると比べるとかなり地味な能力である。しかし、DEBUFFモード時のデバフ性能向上がかなり高く、相手に触れた際のリターンが大きい。

コンボ

◆(SEALモード)→(壁激突)→バインガ→ミールストーム
 死神の剣によりテレポ抜けできないので確実にHITする
 テレポ持ち相手に有効。

◆しんくうは(POWERモード)→(壁激突)→ミールストーム
 状況限定サーチコンボ
 しんくうはの射程ギリギリで当て、かつ壁激突し最速でダッシュキャンセルすればミールストームを当てることができる
 テレポ抜けされる可能性はあるが、SEALモードで当てると激突距離が足りなくなってしまう。
 とてもシビアで気軽に狙えるものではないが覚えておいて損はない
 フリオニールの壁激突マスオや、ジタンのストラサークル壁激突シフトブレイクなどに似ている

◆(POWERモード)→(壁激突)→(DEBUFFモード切替)→アルマゲスト
 アルマゲストならPOWERモードの遠めの激突も確定する上、アルマゲストでダウンを取れデバフも与えられる。
◆ブラックホール→(壁激突)→(DEBUFFモード切替)→アルマゲスト
 上記の応用。ブラックホールのデバフを付与した後、カーズのデバフも付与できるので、相手はエクスデスを追いにくくなりブラックホールを解除しづらくなる。

◆ホワイトホール発動→(壁激突)→(他モード切替)→各ブレイブ攻撃orHP攻撃
 ホワイトカーズのデバフを付与した後追撃する場合。
 自身のブレイブを増加させたい場合はPOWERモードで追撃し、長時間戦闘復帰させたくない場合はSEALモードで汎用EXスキルを封印するか、HP攻撃でダウンを取る。
 

立ち回り

立ち回りの方針

迎撃の要であるしんくうはをすぐ出せるようにバッツと同じく低空で戦うのがベター。
立ち位置は戦線一歩前。

開幕はじゅうりょく100で牽制をする。クルエルヴァンや、スピードキャラが単体で突っ込んで来た場合は、しんくうは でお帰りいただこう。
序盤はまだ交戦することが少ないため、事故当たりでカーズを付与したとしてもコア出現あたりには治ってしまうためDEBUFFモードは非推奨。
SEALモードでEXスキルを溜めたほうが無難か。

敵との交戦時はキープ値の上がるPOWERモードが最も戦いやすいが、相手の力量を上回っているのであれば各デバフの付与を狙いにいっても良い。

コア予兆時、そろそろ相手の汎用EXスキルが溜まる頃なので、死神の剣を付与しに行く。
コア周りで乱戦を予想されるのであればPOWERモードにしておいてもいいかもしれない。

コア出現時、遠くから安全にじゅうりょく100を三発当てるか、近ければ集まる敵をしんくうはで飛ばしながらコアを割る。

専用EXは、複数の強力なデバフを付与できるホワイトホールをなるべく発動していきたいが、高ブレを持った敵前衛がいるならばそちらにブラックホールを使う。
宇宙の法則が乱れるを使用するのはそれなりにセンスを要求される。
ラムザが溜まった直後、あるいは召喚獣フィニッシュ後に皇帝がいんせきを出そうとしていることを読むことができれば強力な能力であることは間違いない。

戦況終盤は、
スピードに対してDEBUFFモードで足を遅くする。
シューターに対してPOWERモードのキープ値を生かす。
テレポ持ちにはSEALモードで封印する。
などなど、色々と戦略に幅があるため適切なモードで相手を追い詰めていこう。

相手への理解が特に必要なキャラなため、行き詰ったら負ける相手キャラを使ってみるなど、理解を深めておこう。
何をされたら嫌か、どのような立ち回りなら味方が動きやすいか、よく考えること。
また、戦闘前のブリーフィングではリジェネ持ちとテレポ持ちだけはチェックしておこう。

某氏が推奨するSEALモード主体の立ち回り考察はこちら↓
http://dengekionline.com/elem/000/001/547/1547946/

各種HP技での立ち回り

  • デルタアタック

扱いやすい近接HP攻撃。動作中は自身の座標が固定される点、溜め可能な点、射程と攻撃判定の薄さを考えると、ガード判定の無い『エンドオール』というイメージが近い。

使用シーンとしては“近距離の壁ドン” “攻撃動作の後隙” “低空での受身後”が代表的。
射程が短いためいずれもほぼ密着を意識し相手の行動不能時間中に構える。
壁ドン以外の状況では溜めから相手のステップを確認しデルタアタックを撃つステ狩りが基本であり、このHP攻撃の最大の利点。

自身の真下付近に死角があり入り込まれると膨大な隙を晒すためジャンプ1回以下の高度で構えれば上下射角を最大限活用して相手のステップを強要できる。
このHP攻撃のみPOWERモード時にブレイブが付いている為HP攻撃の後隙を狙う場合は余裕があればモードを切り替えたい。
攻撃判定の薄さから壁ドン時などに外れる場合がある点に注意が必要。

至近距離HP攻撃にはタイマン性能が高く、リーチはこちらが上回るので、
キャラ一人分くらいの距離を空けて空振りかステップを誘い、
そこに溜めたデルタアタックをお見舞いしよう。

  • ミールストーム

サーチ攻撃の例に漏れず、後隙に差し込んだりカット、乱戦時のぶっぱを主体に当てていく。
また、SEALモード時にミールストームが当たった場合、死神の剣が発動する。
狙えることならモードを変えてミールストームを発動しよう。

判定が残ることを生かし、近接用の壁として使うこともできるが、ミールストーム自体が細長く離れた位置に設置してしまうことが多いため狙って行うことが難しい。

縦に長い判定を生かし、頭上、足元の手の届かない敵の相手をすることもできるので、戦略に幅が広がるだろう。
縦に攻撃をするクラウドのブレイバーやガーランドのじしんには滅法強い。

汎用EXスキルのバインガとのコンボが強力。SEALモードのEXスキル短縮も相まって確定所の少ないミールストームの使い勝手が格段に向上するだろう。

  • アルマゲスト

主な用途は壁コン・辻斬り・迎撃の三つである。
デルタアタックとは違い、密着で外す事はなく、発生の早さから安定的に壁コンをすることができる。
全方位攻撃で発生は早いほうなので、隙を見せた相手にノールックで後ろにまわり込み、辻斬りアルマをお見舞いしてやろう。
また、こちらの隙を付いてくるスピードキャラがダッシュで近づいてきたのをミニマップで確認できた時には、タイミングを見計らって発動させるとよく引っかかる。
安牌を取って多少早めに出したとしても、威嚇にはなるため、プレッシャーをかけることはできるだろう。

また、開幕にアルマゲストのデバフフィールドを展開することによって自分の士気を上げることができるため、上手く活用していこう。

  • オービットガード

全方位ガード、グライド、溜めによるタイミングずらしとHP攻撃を弾けるという高性能カウンターHP攻撃。

前作で十八番だったガードカウンターだが、
今作では近接HP相手には不利な為、無闇な使用は避け、孤立しない様に立ち回ろう。
最悪、こちらの読み違いで被弾した際の後隙を、せめて味方にBREAKして貰おう。

なお、上記は相手全員が近接系の場合だが、
基本的にはshootや出の遅い遠隔HP持ちを狙い揺さぶって行こう。

また立ち回りとしては、
Pモードでブレイブを稼ぎシェアしたり、激突による味方のHP攻撃のアシスト、
SとDモードでデバフを掛け続けたり、ソードダンスやアースシェイカーなどでの拘束…
という様に、
エクスデスの長所を "味方に対して" どう活かし切れるかが問われる立ち回りが必要になる。

慣れない間はとにかくブレイブを稼いでのシェアと固有EXによる嫌がらせを意識しよう。

難儀だが、ミッションモードで"溜め版までの時間"や
"遠距離攻撃を弾ける距離の調整"を
体感的に覚える事でバトルで貢献しやすくなる。

カウンターについては、ブレイブダメージがないのでBREAKによる撃墜は望めない。
また、最上記の性能を加味してか反撃はリーチがやや短い為、接近する必要がある。

HP攻撃に対する反撃は溜めが必要な以上、見てから弾ける技だけに絞る。
例えば…判定のある設置技(ディハザ、グレートアトラクターの爆破前)や、
リミブレ超究、つるまいからの味方を救助する際もグライドで調整できる為、多少は防ぎやすいが、
いずれも近づき過ぎに注意!少し離れてるかな?ぐらいで良い。

性能は決して悪くはないが、
マスター版ナイトの押し付け、ライオットの割り込み、グラゼロの駆け引きを考えると攻撃面で引けをとってしまうカウンター技である。

・総括
ガンガン当ててもダメージ面でリターンが薄い為、
ブレイブ攻撃で妨害とブレイブ稼ぎをしつつ、要所で敵の攻撃を弾いて撃墜する。

HP攻撃の射線消しや乱舞からの救出など防衛でも活躍が可能。
と、堅実な立ち回りで、相手を無力にしてやろう!
(今後キャラ対策に"オビガの狙い目"を記載する予定。)

対策

距離を離すと際限なくじゅうりょく100をぶっ放してくるので、先生は一種のトリガーハッピーである。
単発火力に秀でているので高ブレを持っている際は気を付けよう。
またSealモードの死神の剣が非常に厄介な存在で、一度くらえば汎用Exスキルがしばらく使えなくなる。
じゅうりょく100を掻い潜ったとしても、POWERモードによるHeavy同等のキープ値を持つ空ブレイブ攻撃、対処しづらい磁場転換もあるため油断はできない。

カウンター技を持っていた場合、磁場転換は逆にチャンスとなるが、エクスデス自身もわかっている為、そうそう出してくる事は無い。空Nか空前の2択で間違いないだろう。
また、近接キャラが近づいた場合、地上に降りて強力な迎撃力を持つしんくうはを使ってくるので要注意。
弾速は速いが射程距離は短く、しっかり見ていれば予備動作もなんとなく分かるので落ち着いてステップをしよう。

Speed、及びHeavyタイプのキャラ等で擬似タイを仕掛けるときは、さっさと打ち上げてしんくうはを封じ、じゅうりょく100の射角外である斜め上下に位置取る。
するとグルームチャージ、磁場転換も機能しづらくなるので有利に攻められる。射角外からの攻撃か、足掻きで出す空Nの後隙を狩ることで一方的に攻めることができるだろう。

キャラ対策

WOL

カウンターに自身の強化がついている以上、安易にじゅうりょく100やしんくうはを撃てない。
その為、牽制・ライン戦では警戒する必要がある。
見合ってる時は後手に回ざるを得ないが、相手の視野外からの玉撃ちは重要。味方を狙いに行ったら狙い目。
一度玉を被弾させたら磁場転換で受け身狩りを狙うもよし、別の敵を狙うもよし。

ガーランド

持続の長いキープ値が恐ろしいアタッカー。こちらの射程圏外からのチェーンバンプは単純に脅威。
じゅうりょく100はフレアに消される点に注意。その為、ライン戦では狙えない。
チェーンバンプの間合いへ入る前はしんくうはが有効。
地味にアースシェイカーを狙えるシーンが多い相手。
空中戦は全面的に相手に利があるため、先出し厳禁。確実な隙を突きながら戦おう。
地上時は距離をしんくうはが狙えるが、チェーンインパクトで強引に潰してくる猛者もいる。
見合ってる時は不利だが、一度ロックが外れたら撃ち放題。DEBUFFモードでカーズを投下しておこう。
相手シューターが致死+ガーランドがガンガン前ブーしている時は高確率でSOCを狙っている。
そのような状況を見付けたら即宇宙の法則を乱して、味方を救おう。

フリオニール

じゅうりょく100が非常に有効。しんくうはを狙う時は間合いを詰められないよう注意する必要がある。
受け身狩り磁場転換が決まりやすい相手。
一度捕まると抜け出すことが非常に困難。ソードダンスで暴れるか、ブレイブを回収されないようガードするしかなくなる。
フリオニールが回ってるところにアルマゲストを直で狙うくらいなら、アースシェイカーからの確定コンボを選択しよう。

皇帝

ウボァーvsカメェー。ネタチャット力は互角と言っていい二人。

様々な罠を用いてこちらの行動を制限してくる難敵。レッドソウルとブルーソウルを撒かれるだけでこちらのお得意のじゅうりょく100と真空破による牽制はまず当たらない。
安易に近づこうものならゲイザーや機雷による迎撃が待っている。
こちらの攻めの理想はアースシェイカーやミールストームといったサーチ技や、POWERモード時のキープ値によるゴリ押しである。
後者を実行する際は皇帝が撒いた罠の事故当たりに注意すること。最悪の場合逆に高ブレイブ献上してしまう所となる。(マイティストライクが掛かったら非推奨)
忘れてはいけないのが磁場転換。要所で混ぜて追い込もう。

オニオンナイト

未就職時は、しんくうはで相手の玉を消しつつ強引に当てることが出来る。
同じユニークとは思えないスタートの速さで差を付け、大いに困らせてあげよう。
忍者時は、出の早い技に潰される事が多いため要注意。
クイックダッシュによるしんくうは避けや、じゅうりょく100を耐えながら攻められる点にも注意。
間合いはこちらが上なので、POWERモードを上手く活用しグルームチャージで仕留めよう。
賢者時は、じゅうりょく100が無効化されるため、磁場転換を合わせて距離を詰めることだ重要になる。
一度距離を近付けてしまえば、どのようにも料理できるため、磁場転換の狙い所を工夫しよう。

暗闇の雲

略称:CoD
迎撃の鬼。
Nブレや下ブレの性能はエクスデスと同じ攻撃を強化(一部鈍化)したようなものなので、対面では基本的に分が悪い。
近接、射撃共に高水準で欠点が少し遅いくらいか。エクスデス同様、距離を離すと下ブレが飛んでくる。こちらのじゅうりょく100が一方的に消されるため、カットや闇討ち以外の使用は控えるように。
ヘビーの宿命故、足が遅いので適いそうになかったら逃げるのも手。頻繁に戦闘場所を変えるだけでもやりづらくなる。
固有Exスキルが自身にバフをかけ、最後っ屁に射程の長いHP攻撃を放つなど強力であるため、十分にうほみが機能する。

暗闇の雲は選択したHP攻撃によって戦法が変わる。

「広角式」は攻撃範囲、距離共にそこそこあるため反撃しづらい。ブレイブ攻撃も相俟って近接戦闘能力がかなり高いため、先に手を出すと大体痛い目を見る。後の先を徹底したほうが無難である。
「散弾式」は彼女の中では発生が速いほうだが、アルマゲストと同等レベルである。広角式が優秀なので採用する人は少ない。対策も闇討ち、迎撃に気を付ける。壁に近づかない程度でよい。
「高射式」は下に潜りこみ、安全圏から一方的にHP攻撃を放つことが可能となる。高度が上がってしまったら暗闇の雲の位置を意識しよう。先生の得意な低空を維持して潜りこませなければただの周囲系HP技になる。
「急襲式」はこれまでの戦法とは異なり、遠距離から後隙を狙うようになる。挙動は磁場転換そのまんま。距離もそこそこ長い上に小範囲攻撃なため、サーチ攻撃と対処は一緒である。
瞬間移動してくるので油断せず相手の後隙を狩ろう。

セシル

パラディン時の出の早い空中ブレイブと、しんくうはの強化版と言える暗黒を持つ相手。
パラディン時は、どのブレイブも潰されてしまうため、先出しは厳禁。
しんくうはを巻いてると、大抵上空からレイウィングスかセイントダイブ狙いで攻めてくる。
相手が近付いてきたら横移動を混ぜ空振せるか、磁場転換で相手の裏を取る手も有効。
暗黒騎士時は、じゅうりょく100へシフトしよう。しんくうはによる相打ちを狙えるが、ブレイブ収支は相手が上。
こちらがホワイトホール発動済の場合に限り、相打ちでホワイトカーズ投下を狙うのはアリ。
また、足の止まりやすいエクスデスにグラビティボールは刺さりやすい。狙われていないか、常に警戒したい。

カイン

発生の早い技と高低差を苦にしない攻めが優秀な相手。
睨まれた時はまず逃げ切れない。接近された際はソードダンスで先手を取るのも一つの手だ。
グルームチャージより読まれにくく、カインのインパルスドライブ(空N)と間合いが同じで狙いやすい。
ただしアヴェンジャーには注意が必要だが、こちらは見てからアルマゲストで潰せる。
サイクロンは磁場転換の狙い所。発動を見てから溜め無しじゃなければ確定で取れる。
相手召喚中の打ち上げジャンプⅢは、宇宙の法則を乱す対象。相手にとっては貴重な大ダメージを無に還してやろう。

ゴルベーザ

コンビ(黒竜)を組んだやつが相手なら、覇王翔吼拳(デルタアタック)を使わざるを得ない・・・。

まさかの逆トット。
魔法がどれもデカいか速い。
鍵はどれだけ基礎ブレイブ値を保ちつつHP攻撃を当てられるか。
隙あらば辻斬りアルマでもお見舞いしてやりたいが、ナイトグロウの衝撃波も同じことができるため超怖い。
なるべく連携してさっくり黒竜を剥がそう。

バッツ

自己強化しながらバフをばら撒く旅人。こちらのデバフを押し付けて次元の狭間送りにしてやろう。

マスター前のバッツは全キャラ中最弱と言っても過言ではないのでこの時にいくら相手より優位に立てるかが勝負の鍵。
序盤に複数マスターされてしまうといくらこちらがデバフを押し付けられるといってもそれ以上の爆発力でやりたい放題されてしまうところとなる。
バッツに見られている時はしんくうはとじゅうりょく100は控えること。黒魔や狩人をマスターする足掛かりとされてしまう。
逆に空中で見合った時にはキープ値の関係上こちらが1枚上手なので積極的に攻めてやろう。

エクスデス

『無は無の力によって無力と化す!』
同キャラ対決は基本的に避けるべきであるが、こちらも相手の狙い目が判りやすいので、

相手をする際はエクスデスに狙われている味方の援護を優先的にしていこう。

また、エクスデスの真骨頂である各種固有EXスキルには特に警戒が必要で、

先に宇宙の法則を乱されるとこちらの強力なEX発動をも封じられてしまう為、その点にも注意しよう。

(そもそもマッチする機会が現状、一番低いので身を以て知るのも良い経験か…。)

ティナ

優秀な高射程サーチ技とトランスによる足の速さが際立ち、回避性能の高いシューター。
そして、味方にスピード不在時はエクスデスの担当になるであろう相手。
こちらのブレイブ攻撃全てにサーチを合わされる。特に序盤、エクスデスはNフレアの的。
エクスデスがティナを狙う場合、無駄な玉を狙わず完全に張り付く必要がある。
ひたすら追いかけ回し、とにかく距離を詰めなければ何も出来ない。
具体的な追い方は、サンダラ以外のC技に被せて磁場転換を活用する。
ダッシュゲージ有利に持ち込みティナに先着地させることが大事。ダッシュゲージが無くなったらCサンダラが飛んでくるか、テレポが使われる。
Cトルネドを構えたらグルームチャージで発動前に潰そう。距離によっては間に合わなくなる点に注意したい。
ティナに身体が触れる距離まで近づいたとしても先出しは厳禁。必ず相手の行動を待ち、ステップを確実に潰すこと。
テレポ封じのSEALモードは常に狙いたい。味方と追い込める際は、射線軸を合わせてじゅうりょく100 or しんくうはで投下出来る。
SEALモード投下済の場合、ホワイトカーズで追い込む手が非常に有効。

ケフカ

味方時は高確率でファファファ!にヒョーヒョヒョヒョヒョッ!やホワッホホホ!を合わせてくれる相手。
敵に回ってしまったら、磁場転換+POWERモードのゴリ押しが通用する。
しかし、警戒すべきはコアもどき。マイティストライク+コアもどきの火力はとんでもないため、ゴリ押す狙い所は間違いたくない。
その場合、アースシェイカーが活きてくる。近付くと見せかけてコアもどきを出させ、アースシェイカーで回り込みながら確定コンボを叩き込もう。
くねくねファイラや、ぐんぐんブリザドは磁場転換チャンス。距離を詰めたらケフカロケットを想定しつつ、落ち着いて噛み付こう。
また、「こころないてんし」の溜め無し発動に気を付けたい。
混乱ステータスが5秒間追加されるため、じゅうりょく100を撃とうとしたらグルームチャージで突っ込んでいた、とぬかった事が無いように。

クラウド

近接最強格のキャラ。基本的にはじゅうりょく100やしんくうはで牽制し、近づいて来るようであれば後隙を狙っていくか磁場転換で背後をとるかの二択になる。
とにかく近接戦で分が悪いので近づく際は真正面から正対しないこと。
スピンドライブの間合いに入らせた場合は、先出し厳禁。こちらのどの技も潰されてしまう。
射程外でじゅうりょく100を命中させれたら、受け身に磁場転換合わせが狙い目。
対峙が回避不可能な場面では、相手間合いに入らないよう距離を調整しつつじゅうりょく100&しんくうはで牽制しつつ、なるべく攻め込ませるよう立ち回る。
スピンドライブで暴れられる距離まで来たら玉は撃たず、ダッシュでいなす。壁を背負ったら磁場転換で離脱する。
あまりやり過ぎると、磁場転換を待たれてしまい転換先で凶斬りを合わせられるといった事態に陥るため、やはり対峙したくない相手だ。

セフィロス

空中戦では圧倒的に不利なため、セフィロスが近づいてきたら素直に地面に降りてしんくうはでお帰りいただこう。
接近を許してしまうと天照で上に吹っ飛ばされ、セットプレイに持ち込まれることも少なくないため、追ってきたセフィロスを迎撃しようとせず、ガードしながら落下したほうが無難だ。
受け身狩りで狙われる天照は脅威だが、セフィロスのダッシュゲージを大量に消耗する。最大でも3回まで、と覚えておこう。

スコール

程よく注視してターゲットラインを定期的に送り込みプレッシャーをかけ、近づいてきたら落ち着いてPOWERモードの"しんくうは"か"グルームチャージ"で迎撃しよう。
スコールは闇討ち、奇襲、後隙狩りが主な行動なので意識から外さないでいることが重要である。
ただし相手はキャラの特性上、素早い上に攻撃を掻い潜るプレイヤースキルが磨かれてる事もあり、一筋縄ではいかないこともしばしば。
中距離では、SHOOT相手と同じく"ブルータルシェル"の高キープ値で突っ込んでくる事が多いので、
"じゅうりょく100"の牽制は非常に危険である。

迎撃に自信がなければ、他キャラに助けを求め、長いコンボ時間中にカットしてもらおう。

アルティミシア

シューター版ガーランド。SEED嫌いの魔女と大木。
遠距離にいる時は魔女の剣による連射、近距離にいる時は槍による迎撃を主戦術とする。
こちらは鈍足にして得意のしんくうはとじゅうりょく100はあまり機能しない。しかし放置していてはあっという間にブレイブを稼がれてしまうのでなるべく見ておきたいところ。
まずシューター共通の弱点としてキープ値の突破に弱い。つまりpowerモードによる力押しが有効。彼女に近づく際には磁場転換による接近を心がけたい。その状態で近距離まで持ち込めたならこちらのもの。また中盤であれば宇宙の法則が乱れるを使うことでメイルシュトロームによる被害を遅らせることができる。
どうしても彼女の相手が苦手だというならいっそ高低差に強い味方キャラに任せてしまうのも手。無理に相手取ってマレフィキウム状態で致死ブレまで稼がれライフを削られては本末転倒である(それでも必要に応じて枚数有利を作っていきたい相手ではある。)

ジタン

素早く空中戦が得意なジタンは苦手な部類に入る。
少しの隙からぬすむで打ち上げられ、ジタンには得意な、エクスデスには不得意な空中戦に持っていかれる。
誘導が追いつかず、射角外からの攻撃が出来るジタンにじゅうりょく100が機能し辛い。
Pモードの高キープ値で突破するか、磁場転で切り抜けよう。
逃げてもしつこく追ってくるため、なるべく孤立しないほうがよい。

体感として、迎撃アルマゲストにはよく引っかかる傾向がある。

クジャ

発生が早く判定が長めのブレイブ攻撃を持ち、高低差を生かした攻防ができる強力なアタッカー。
攻撃が全て近接なので、基本的に近づかなければ無害。放っておくと定期的にバフをかけていくが、焦って攻撃しては相手の思うツボなので迎撃に注力しよう。
高キープ値での突進で大体は迎撃できるが、"グルームチャージ"読みの"フォースシンフォニー"は流石にまずいので、"しんくうは"を使うのが無難か。
こっちにタゲが向いていない時は"じゅうりょく100"でも撃って嫌がらせするべし。

ティーダ

オラオラ系スピードアタッカー。
リープ系による撹乱と、豊富な近接拓により揺さぶりをかけてくるので割と面倒。
"しんくうは"で迎撃が間に合いそうになければ素直にガードでやり過ごそう。
壁を背負わなければHP攻撃を食らうことはまずないので、表に出て強きにアルマゲで迎撃するのも良し。
マイスト、リジェネ持ちが多いので隙を見ては死神の剣を付与し、戦力ダウンを狙いたい。

ジェクト

接近戦のスーパースター。
外しても継続できるNブレイブと、じゅうりょく100にも耐えるダッシュブレイブから
ジェクトキャンセルを使い、ブレイブを奪いつつ壁まで追いやる事ができる為、無理に近接戦に付き合う必要は無い。

遠距離技をクイックブロックされても反撃に転じられる事はまずないが、
追加効果により、"ジェクトキャンセルの回転率に貢献してしまう"ので、
対面時は相手が手を出すのを待ち、上手く引っ掻けまわす方が良い。
対面以外ではじゅうりょく100やしんくうはでデバフを押し付けるだけでも十分。

シャントット

暗黒魔導士よりも恐ろしい黒魔導士
ぶち切れ前は足が止まりやすいので、死角から"アースシェイカー"や"じゅうりょく100"、"磁場転換からの近接"が有効打になりやすい。

ぶち切れ時はPOWERモードによるキープ値&激突性能で対処しよう。

いずれにせよ正面からの魔法戦ではこちらが無力となる為、攻撃中の隙を物理で強引にねじ伏せて行こう。

ヴァン

現在主流のクルグラヴァンに磁場転換はご法度。
カウンター持ちは磁場転換を見てから取れ、磁場転外した後のグルームチャージをクルエルで迎撃してくるため非常に厄介。
なんにしてもカウンターを意識した戦いになるため非常にストレスの溜まる相手となることは間違いない。
迎撃しんくうはは見てからの反応が難しいため、タイミングを読まれなければ出しても問題ないだろう。
相手のファイア、サンダーも一方的に潰せるので強気に出せる。

アルマゲスト、デルタアタックをちらつかせ、グラゼロ使用を抑えておけば迎撃成功率もぐっと上がる。

幸い、グラゼロの射程は読みやすいため、射程のギリギリ外で釣っておいてデルタアタック、アルマゲストで後隙を狩ることもできる。余力があれば狙ってみよう。

ライトニング

雷光斬が強力なため、できれば近づきたくない。
なるべく"しんくうは"でお帰りいただき、無理に攻めず、攻め込ませない状況を保とう。

ブラスターの攻撃は見てれば避けられるものが多いが、それらを利用した波状攻撃が厄介なため、下がることも考慮に入れよう。

ヤ・シュトラ

下手な"じゅうりょく100"にルイン刺して来る嫌な奴。
基本的に罠を張って安全を確保してから攻撃し始めるため、罠を張った場所から離れるように戦闘を繰り返すことで罠から引きずり出すことができる。
ブリザラ、アクアオーラ、ホーリーに注意すればタイマンで負けることはないだろう。
適度に構ってやってフリーにさせなければ後は好きにするべし。

ラムザ

HP攻撃の種類や人によって立ちまわりが変わるので、どんなタイプかよく見ておく必要がある。
"ホーリー""地裂斬""アルテマ"を乱発するトリガーハッピー、"なぎ払い(剣閃)"で突っ込んでくるイノシシタイプ
どちらにせよ、攻撃に緩急が付くので攻め時、守り時を間違えないよう気を付けるべし。

なるべくラムザが溜めてる時、こちらは数的有利な状況なのでブレイブを確保しておきたいが、
こちらが高ブレ保持してる時に叫んだラムザが回収されないよう守備、迎撃の徹底はするべきである。
ラムザに狙われたらガードして時間を稼ぐことも重要。

叫ぶ状態が終われば溜め始めるため、"うほみ"を使って叫ばせないようにし、高キープ値でゴリ押すと最高に気持ちが良い。

エース

魔法判定"中"や"大"を連発出来るほど、
向こうの弾数が多いので、牽制でじゅうりょく100を撃っても消される上に反撃をくらうため、安易に撃たないほうがいい。
高キープ値でゴリ押すか磁場転で後隙を狩って行くスタイルになるだろう。

余談:よく居眠りをしようとするので「ならん!呼び出すぞ!」と喝を入れよう。

オススメEXスキル

◆マイティストライク、HPリジェネ
汎用スキル。
迷ったらこの2つをセットしておけば取り敢えずは大丈夫だろう。

◆ブレイブリジェネ
汎用スキルその2。
マイティストライク程の圧力は無いが、デスペガをされない限りは確実にブレイブを稼ぐ事が可能。
いらないようで実はあると嬉しい場面もあるので、セットしておいて損は無い。

◆バインガ
ミールストームとの相性が良い。
低弾速、高誘導、判定大のバインガは迎撃に向いており、サーチ技の欠点である近距離の対処ができる。
さらに、バインガが当たればミールストームがほぼ確実にヒットを見込める。
などなど、サーチ攻撃の欠点を補ってくれるので大幅に戦いやすくなるだろう。
SEALモードで使用すれば元々リキャストが速い上、短縮もされるため回転率が速く気軽に出せるのも魅力だ。
ミールストームにデバフが付与されこともあり、基本的にはSEALモードで運用することが望まれる。

◆スタミナブレイク
召喚獣の最終攻撃がダッシュで抜けられてしまうため、スタミナブレイクを使用して足止めをすることで安定的に最終攻撃からのHP攻撃の流れを作ることが目的。
打ち上げ時、近接HP攻撃を合わせるのに慣れてない場合は縦移動に強く離れた相手も取る事ができるミールストームをお勧めする。

◆ブレイブシェア
自発的にブレイブを吐けないオービットガードは勿論だが、
他のHP攻撃もリーチや判定に独特な所があり、
エクスデスの操作に慣れてない間は積んでいくのも有り。
その際は、敵を妨害する様に立ち回ろう。

その他は好みになってくるが、SEALモードの効果でリキャスト短縮も見込めるので、上記のスキルが被る場合は一考の余地も有るはずだ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初心者の頃使い始めてブレイブもHPも当たらず挫折。最近また触ってみるとブレイブの使い勝手の良さやモードチェンジのデバフを理解するようになってかなり勝てるようになった。ゲームに慣れると味が出る良いキャラですね - 2017-11-22 (水) 19:40:45
  • そんなに頻繁に触るわけでもないのに勝率見たら先生だけダントツの82%とかなってて鳥肌立った。 - 2017-11-22 (水) 20:06:34
  • ↑4スタブレシヴァ以外の場面でうほみ使うタイミングはどこ?って質問に対して被召喚時の撤退という反応があったので、スタブレ対策以外にも撤退時にうほみを使う理由があると思うのですが、そこを教えていただきたいですね。 - 2017-11-22 (水) 22:33:21
  • すまぬ 説明不足にも程があった 相手にカインいたときは絶対にやってる - 2017-11-22 (水) 22:37:20
  • ↑2主に召喚フィニッシュに確定する固有EXを封じる為に使ってる。↑にもあるように、カインのジャンプIII、皇帝のいんせき、それから、拘束からHPを取られるクイトリ、シンドラ。後は、地味ながらやられるとかなり辛いホリチェ。被召喚撤退時にうほみを使えばこれらの脅威を未然に防ぐ事ができる。 - 2017-11-22 (水) 23:23:14
  • デルタとアルマゲストの射程短すぎて全く使いこなせない…自分はほぼミールしか使ってないから近接HP担いでる人ほんとに尊敬する… - 2017-11-22 (水) 23:45:56
  • ↑2↑3、なるほどカインのジャンプの存在を忘れていました。ホリチェにもたしかに効果的やね。脳死ぶっぱよりは相手のパーティを見て使うかどうか判断する感じかな。ありがとう - 2017-11-23 (木) 01:19:32
  • ↑2個人的にはミール使える人の方が尊敬できるわ…どのタイミングで撃てば当たるのか全然分からんべ - 2017-11-23 (木) 01:21:29
  • 同じく……ミール何回か担いだけど全然貢献できないから大人しくアルマゲストにしてる。練習したいけどなー - 2017-11-23 (木) 12:25:43
  • ↑4の者ですが得手不得手が人によりけりなんですね…ミールは素直なサーチですが、先生はシール壁ドンからのバインガでテレポ封じして確定できるのが良いですね。味方にサーチ持ったshootがきたら近接に変えたりしてたんですけど、バインガ外してもミールの方が当てれるという…サーチ2枚は好まれない事が多いから悩ましいですね… - 2017-11-23 (木) 14:18:15
名前:

他人や作品、キャラクターに対する誹謗中傷や、攻撃的・威圧的なコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。


  このページを編集 凍結 変更履歴 バックアップ 添付 名前変更   新規ページ作成
下部メニュー
アクセス数
累計: 64978, 今日: 38, 昨日: 161

外部サイト

DFF NTについて

基本情報

キャラクター

mar.png ヒーローサイド

spi.png ライバルサイド

データ

その他

Wiki内検索


アーカイブ

最新の70件
2017-11-24 2017-11-23 2017-11-22 2017-11-21 2017-11-20 2017-11-19 2017-11-17 2017-11-16 2017-11-15 2017-11-14





メニューを編集
img
テスト用ページ
テンプレ